2016年09月20日

モバイルバッテリー RAVPower 22000mAh(ブラック)

 試供品を頂きました。22000mAh のモバイルバッテリー。大容量の割には,サイズはかなりコンパクトだ。しかし,その分密度が高く,手で持つとずっしりと重い印象を受ける。重量は,実測値で,418g。やはり,それなりに重い。デザインは,直方体だがやや丸みがかったものになっており,握りやすい形をしている。しかし,表面はサラッとしていて,滑りやすい。USBポートは,3ポートあり,それぞれのUSBポートが,iSmart機能により接続されたデバイスを自動的に検知して,最適な電流で充電を行ってくれる。実際に,iPhone6s Plus を充電してみたが,問題なく充電できた。また,上部には,青色LEDが4つ搭載されており,側面のボタンを押すことで点灯し,充電状態を表示してくれる。LEDは,そこまで明るくはないが,充電状態を確認するには十分な明るさである。本体の充電の際も青色LEDが点灯し,充電状態を表示する。本製品には,それ以外の機能はなく,純粋にスマホやタブレットを充電するためのシンプルな製品と言える。また,本体以外に,トラベルポーチが付属しており,USBケーブルも,長いものと短いものの2つが付属している。
 以上より,シンプルで大容量のモバイルバッテリーといえる。重量はそれなりにあるが,大容量のモバイルバッテリーを探している方には,是非お勧めする商品である。

DSC05916.JPGDSC05915.JPGDSC05920.JPG
posted by J.HASE at 23:22| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

ORICO 7ポート USB3.0 ハブ 5Gbps高速転送 1m電源補助ケーブル付 ブラック H7013-U3-V1

 試供品を頂きました。7ポート USB3.0 ハブ。色は,ブラック。SONY VAIO Pro(Windows 10 Home)のUSB端子を使って試用してみた。本製品は,上面に7ポートのUSB端子があり,側面にPC接続用のUSB端子がある。どちらも同じ形状をしているが,上面と側面という位置関係から,側面にPC用のUSBケーブルを接続することは,直感的にわかる。しかし,間違えないように気をつけなければいけない。また,反対側の側面には電源ケーブル用の端子がある。これは,付属する電源用USBケーブルを使って,PCのUSB端子やUSB充電器に接続する。本体のみの重量は,実測で83gと比較的軽い。まずは,USBケーブルだけを使ってPCに接続すると,特にドライバも必要なく認識した。本体には青色LEDが搭載されており,通電中は青く点灯する。USBメモリをUSBハブに差し込むと,認識し使用することができた。しかし,Blu-rayドライブや外付けハードディスクなどは,USBハブに接続しても認識しなかった。電流が足りていないようだ。そのため,付属の電源用USBケーブルをPCの空いているUSB端子に接続した。すると,Blu-rayドライブや外付けハードディスクも認識した。使用についてもまったく問題ない。以上から,本製品をまともに使用するためには,PC用USBケーブルと電源用USBケーブルの2本をそれぞれ別のUSB端子に接続しなければならない。もちろん,本製品には,7ポートのUSB端子があるので,PC本体のUSBケーブルを2つ専有したとしても,7−2=5で,トータルでは5ポート分のプラスとなる。しかし,個人的には,このような使い方はあまり好きではない。やはり,1ポートのUSB端子から4ポート分使用できるというような使い方のほうが,しっくりくる。本製品も,電源用のUSBケーブルはあくまで補助的なものかと思っていたのだが,私の考えが甘かった。多くのUSB端子を必要とする人には,問題ないだろうが,そこまで求めない方には,本製品の性能は過剰すぎるだろう。
 以上より,ノートパソコンなどで多くのUSB端子を必要とする方には,是非お勧めする製品である。しかし,本製品は基本的にUSBケーブルを2本使用して利用するということは,しっかりと認識しておく必要がある。

DSC05886.JPGDSC05890.JPGDSC05894.JPG
posted by J.HASE at 22:29| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

Auber 2 USB 出力ポート二つのモバイルバッテリー 超大容量20000mAh

 試供品を頂きました。USB出力ポートが2つある20000mAh大容量モバイルバッテリー。通常のモバイルバッテリーは,表面が金属やプラスチックのものが多い。しかし,本製品は,ナイロンのような手触りで,傷が付きにくく,汚れにくい。さらに,滑りにくいので,あやまって落としてしまう可能性も低い。USBポートは,2つ搭載されていて,それぞれ出力が異なる。背面に,「OUT5V2.1A」,「OUT5V1A」と書かれているので,どちらが出力が大きいかは,確認できる。さらに,本製品にはLEDが搭載されていて,ボタンを長押しすると,LEDが点灯する。再び長押しすることで,消灯する。明るさは,周囲を照らす程度で,懐中電灯の代わりにはならない。さらに,本製品の特長としては,本体の左上にディスプレイが搭載されている点である。ディスプレイは,側面のボタンを押すと,3桁の赤い文字で表示され,バッテリーの残量を表示する。一般的には,LEDの光の数などでバッテリー残量を示す製品が多いが,本製品はディスプレイを見れば,すぐに残量を確認できる。また,バッテリーの充電の際にも,残量を表示してくれる。
 以上より,デザインも素晴らしく,20000mAhと大容量ながら,サイズや重量を最小限に抑えている。価格も手頃である。大容量モバイルバッテリーの購入を検討されている方には,是非お勧めする商品である。

DSC05867.JPGDSC05871.JPGDSC05879.JPG
posted by J.HASE at 10:10| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

fitTek 40W5V8A 5ポート USB急速充電器

 試供品を頂きました。5ポートのUSB急速充電器。色はホワイト。今まで使っていたUSB充電器が調子が悪くなったので,本製品を使うことにした。デザインは,直方体で非常に落ち着いている。サイズも,手のひらにスッポリと入るくらいの大きさだ。iPhone6s Plus,iPad Pro,iPad mini2,SONY SRS-X1,SONY α5000などを持っていて,USB充電器があると,1つのコンセントで充電できるので,大変助かる。また,「USBポートは接続された機器を自動的に検知し、機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行うことが可能です。」と表記されている通り,充電スピードも非常に速い。iPhone 6s Plusを接続すると,すぐに充電が完了するという印象を受ける。ポート数も個人的には,5ポートくらいが丁度良い。また,本製品は,横向きに使うことが前提となっている。横向きに置いたときに,ゴム足が下に来るような仕様になっている。縦に使用することはできなくはないが,安定感に欠けるだろう。その点は,注意したい。電源コードは,適度に長く,マジックテープも付いているので,持ち運びにも便利だ。
 以上より,価格,デザイン,性能のすべてでまったく問題のない製品と言える。USB充電器を探している方には,是非お勧めする製品である。

DSC05838.JPGDSC05842.JPGDSC05846.JPG
posted by J.HASE at 17:40| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

タイガー IH 炊飯器 5.5合 シャンパンベージュ 炊きたて 炊飯 ジャー JKT-W100-CC

 今まで使っていた炊飯器が,10年以上経過してしまい,内鍋のメッキが剥がれてしまった。それでお米を炊くと,お米がメッキが剥がれた箇所にくっついてしまい,取るのも洗うのも面倒だった。まだ,お米は炊けるし,味も問題ないので,勿体無いとは思ったが,そろそろ買い替えの時期と判断した。炊飯器には,おいしくお米が炊けるという高級なものから,安いマイコンジャーまで,種類が様々だ。最初は,おいしくお米が炊ける炊飯器というものに興味を持ち,いろいろと調べてみたが,価格が高い,デザインが独創的,サイズが大きくて,スペースに収まらないなど,問題が非常にあった。また,土鍋というのは,割れやすいらしく,しかも分厚くて重い。そんなものを使って毎回お米を研ぐのも,億劫な気がした。結局,IHに対応していて,普通の内鍋のものが一番だという結論に達した。理由は,これまで使っていた普通のIH対応炊飯器で十分満足していたから。また,これは個人的な見解だが,美味しいお米というのは,炊飯器の美味しさというよりは,お米そのものの美味しさの方が,重要なのではないかと考えている。実際,お米を変えてみたら,味がぜんぜん違うというのはよくある話だ。好みの炊飯器を選ぶより,好みのお米を選ぶことの重要度の方が高いのではないか。もちろん,炊飯器に拘るのが悪いわけではないが。
DSC05768.JPG 実際に,本製品を使って,おいしくお米が炊けている。定番の使い方は,「極うま」で,30分吸水してから炊飯という設定にしている。出来上がるまでに2時間ほどかかるが,おいしくお米が炊けて非常に満足している。もちろん,「白米」や「早炊き」にすれば,もっと短い時間で炊くこともできる。また,蓋を取り外せるのも非常に良いところだ。今まで使っていた炊飯器は,蓋を取り外すことができず,非常に汚れていた。また,内鍋のまわりも余分な水分が出て,汚かった。しかし,本製品は,どのようにやっているのかわからないが,余分な水分も出ず,本体を汚すこと無くお米が炊ける。また,デザインも非常に気に入っている。見るからに「炊飯器」という印象で,奇をてらっていないところが良い。色も落ち着いている。また,液晶表示も大きい。私の場合,炊飯器は,やや高めの棚の上に置いているので,上部に液晶表示があると,見えない。だから,この角度は絶対である。それから,炊き上がったときは,メロディなどは流れず,「ピーピー」と音が出るだけだが,個人的には,問題ない。
 以上より,価格,デザイン,機能のバランスが良く,美味しいお米が炊ける。炊飯器に拘ればきりがないが,個人的には本製品で十分満足している。
posted by J.HASE at 20:07| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーゲートSeagate Backup Plus Slim 4TB Portable External Hard Drive with 200GB of Cloud Storage USB 3.0 (Black)

 自宅でメインで使っているパソコンが,SONY VAIO Pro 13 で,HDDが128GB しかない。これでは,データの保存もバックアップもままならない。これまでは,2015年8月に購入した「BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N」を,データ保存用として使用していた。それまでは,ポータブルHDDを,何個か使用していたのだが容量の少なさが問題となり,大容量であるということを再優先して,本製品を使っていた。価格は,1万円程度だった。しかし,それを1年ほど使用してみた結果,やはり少し価格が高くてもポータブルHDDの方がメリットが大きいという結論になった。理由は,本体のサイズが大きく重いこと,電源コードを使用すること,アクセススピードが遅いこと,モーター音の振動が気になることなど,数多くある。容量と価格だけを考えると,外付けハードディスクというのは,魅力があるのかもしれないが,実際に使ってみると,思ったほどではなかったというのが正直な印象だ。例えば,OneDrive の保存先を外付けハードディスクに設定した場合,アクセススピードが遅くて,イライラする。VAIO Pro 13 内蔵のSSDは,高速なので尚更だ。さらに,ノートパソコンの電源を落としても,外付けハードディスクは回転しており,その回転音が寝ているときなどに気になった。そのため,使用後には,外付けハードディスクの電源を一々落とすという手間が発生した。以上のような使い勝手を考えると,個人的にはポータブルHDDの方に軍配が上がるのだ。
 そして,ポータブルHDDについてだが,これまで使用していた外付けハードディスクが3TBということもあり,3TB以上のものを探していた。相場は,2TBが1万円前後,3TBが1万5千円前後という状況。そのような中で,本製品は4TBで2万円を切る価格帯だった。Seagate というメーカーは,あまり知らなかったが,ポータブルHDDで,リーズナブルな価格帯であるということで,本製品を購入することに決めた。実際に,使用してみた印象としては,本体自体は非常に地味である。アクセスランプのようなものはなく,上面の隅に直線のようなライトが光るだけだ。データにアクセスしても点滅するようなことはない。しかし,使用にはまったく問題ない。VAIO Pro13(Windows 10)では,「Seagate Backup Plus Drive」と表示され,容量は3.63 TBとなっていた。さらに,「Seagate Dashboard」というソフトがあり,これを使うとバックアップの設定ができるようだ。個人的には,使用していない。また,Set_Up.exeを起動すると,Seagetaのサイトにアクセスして製品登録をすれば,OneDriveの容量が2年間200GB追加で使用できる。私の場合は,OneDriveの容量は,これまで40GBだったので,これを使ってOneDriveの容量が,240GBとなった。これは,十分すぎるくらいの容量だ。こんなサービスが付加されているとは,至れり尽くせりだ。急に容量が増えたので,今は写真のバックアップなどに使用することを考えている。また,OneDrive の保存先を本製品に設定してみたが,アクセススピードは,まったく問題なかった。お陰で,VAIO Pro13のハードディスクの空き容量も増えて,非常に満足している。OneDriveの200GB追加は,2年間の期間限定だが,2年後に改めてSeagateのポータブルHDDを購入して,同じサービスを受けることができれば,半永久的にOneDriveの容量を増やすことができるのではないかと期待している。
 以上より,4TBという大容量とリーズナブルな価格帯,そして,OneDriveを200GB追加で使用できるというサービスまで付いている。非常にお得な商品だと言える。

DSC05747.JPGDSC05755.JPG2016-08-20.png
posted by J.HASE at 19:17| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

ORICO 2.5インチ HDDケース アルミ筐体 SATA3 USB3.0 2518S3 シルバー

 試供品を頂きました。アルミ筐体の2.5インチ HDDケース。アルミ筐体で,表面がザラザラしていて,指紋などの汚れが付きにくい。また,それなりの厚さがあり,頑丈な作りになっている。その分,重量も実測で116g とそれなりの重さだ。中にHDD を入れれば,もう少し重くなるだろう。アルミ筐体は,直方体の筒型になっていて,前面または後面を押すことで,中の黒いケースを取り出すことができる。実際に,「ADATA Technology Premier SP550 ソリッドステートドライブ 240GB」を取り付けてみたが,まったく問題なく使用できた。黒いケースをはめ込むと,側面にネジ穴があり,付属のネジとドライバーを使って,HDDを固定することができる。この付属のネジが,通常のネジではなく,専用のドライバーを使わないと開け閉めができない。これにより,中のHDD を容易に抜き取られることを防ぐことができる。簡易的な防犯機能とはいえ,HDD 外で持ち歩く人にとっては,非常に安心できる機能だ。USBで接続すると,コネクタの横にある青色LEDが点灯する。非常に明るく,視認性が良い。
 以上より,リーズナブルな価格の2.5インチ HDDケースを探している方には,是非お勧めする商品である。

DSC05666.JPGDSC05670.JPGDSC05672.JPG
posted by J.HASE at 15:16| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

Qtuo royaler Bluetoothスピーカー 20W出力

 試供品を頂きました。20W出力のBluetooth スピーカー。デザインが落ち着いていて,非常に高級感がある。側面は,アルミニウム合金で,前面と背面は金属のネットになっている。重量は,実測で783gあり,このサイズのスピーカーとしては,かなり重い方だろう。上部には,電源ボタン,再生・停止ボタン,曲戻しボタン(長押しで音量小),曲送りボタン(長押しで音量大)がある。ペアリングの方法は,まず電源ボタンを長押しする。すると,「Powering ON」という女性の声がして,すぐに「Ready to pair」と流れる。その後は,iPhone などのスマホのBluetooth設定から,「VICTOP Royaler」を選ぶ。これで,ペアリングは完了だ。スピーカーからの音が,これまでに聞いたことがないくらいリアルで,この時点で少し驚く。電源ONの際には,前面上部の青色LEDが点灯している。非常に小さいLEDなので,視認性はそこまで良くはない。内蔵バッテリーの充電が低下すると,LEDは赤く点滅する。このときは,非常に明るく点滅するので,遠くからでもはっきりと確認できる。そして,実際に音楽を再生してみて驚いた。このサイズからは信じられないくらいのリアルな音が出る。特に,低音に関しては,このサイズからは予想できないほどの音が出る。重低音とまではいかないが,音楽を聴くには十分すぎるくらいの低音だ。そして,全体的な音質のバランスが非常に良い。すべての音域の音がしっかりと聞こえる。だから,このスピーカーで音楽を聴くのが,とても楽しいと感じられた。この価格帯で,この音質ならば,十分に購入の価値があるだろう。
 以上より,低音がしっかりと出ていて,十分音楽が楽しめる素晴らしいい商品だ。ワイヤレススピーカーを探している方には,是非お勧めする。

DSC05641.JPGDSC05646.JPGDSC05649.JPG
posted by J.HASE at 09:09| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

Rabbitstorm Bluetooth4.0 ワイヤレススピーカー (ブラック) BS-1024

 試供品を頂きました。Bluetooth4.0 対応のワイヤレススピーカー。8W☓2。ペアリングの方法は,通常のBluetooth機器と同じ。本体の電源を入れて,iPhone などのスマホのBluetooth設定から,「RabbitStorm-2」を選べば,ペアリング完了。すぐに音楽を再生できる。ただ,製品開封時は,本体のバッテリーがほぼゼロになっていたので,充電が必要だった。充電は,microUSBケーブルを使って充電する。microUSB端子の下には,LEDが搭載されており,充電中は赤く点灯し,充電が完了すると緑に点灯する。また,ペアリング中は,青く点滅する。しかし,LED自体が小さいので,あまり目立たない。また,本製品は,基本的には縦で使用するタイプのようだが,横置きにしても使用に問題はない。上面には,タッチ式のボタンがあり,再生/停止,音量調整,曲送り,曲戻し,そして,LEDライト・イルミネーションの切り替えができる。本製品の最大の特長が,このLEDライト・イルミネーションだ。これは,円柱の側面全体にLEDライトが搭載されており,それがカラフルに点灯するというもの。LEDライトのパターンは,6種類あり,そのうち音楽と連動するものが2種類ある。このLEDライトが,非常にカラフルでとても美しい。それなりの明るさがあるので,部屋の灯りがついている状態でも,十分鑑賞できる。このような製品は,日本製ではあまり見かけない。また,音質については標準的である。基本的には,バランスの良い音が出るが,高音域や低音域はそれなりという印象だ。だから,良い音で音楽を聴きたいという人には,あまり向いていない。本製品は,音楽に光を連動させることで楽しめる製品である。その点が気に入れば,購入する価値は十分あるだろう。
 とにかく,LEDライト・イルミネーションが,とても美しいので,それが気に入った方は,是非購入をお勧めする。

DSC05588.JPGDSC05596.JPGDSC05591.JPG
posted by J.HASE at 20:18| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

ORICO 4ポート(5V/2.4A) USB急速充電器 チャージャー DCV-4U (ホワイト)

 試供品を頂きました。これまで使用していたUSB充電器が,原因不明で壊れてしまった。そのため,その代替品として本製品を使用した。製品本体は,やや丸みを帯びた直方体で,ちょうど手にスッポリと入るほどの大きさだ。重さは実測で110g と軽く,持ち運ぶのも苦にはならない。しかし,底面にゴム足などが付いていないため,USBケーブルを繋いで,何かに引っかかると簡単に動いてしまう。しかし,それも製品仕様だと思えば,気にならない。見た目は,まさに電源タップのようなイメージだ。電源コードの代わりにUSBケーブルを繋ぐという感じだ。個人的には,iPhone6s Plus,iPad Pro,iPad mini 2,SRS-X1 など,USBで充電する機材を多く持っているので,4ポートくらいあるのが丁度良い。また,コンセントに直付のタイプは,USBケーブルの引き回しが不便だったり,電源タップがタコ足配線みたいに見えて,見た目が美しくない。だから,本製品のような電源コードの付いているタイプが,個人的には好みだ。USB充電に関してはまったく問題ない。接続を確認できるLEDなどは搭載されていないが,iPhone の画面を見れば,充電中であるかどうかは確認できる。だから,そのようなLEDは,不要だ。むしろ,余計な機能を付け加えて,故障しやすくなったら,本末転倒だ。
 以上より,本製品は,見た目もシンプルで,必要最低限の機能しか備えていないが,それで十分という方には,非常にお勧めできる製品である。

DSC05576.JPGDSC05581.JPGDSC05584.JPG
posted by J.HASE at 20:42| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする