2017年05月28日

GAOMON M106K−WindowsとMAC対応 10 x 6インチペンタブレット充電式ペン付き

 WindowsとMAC対応の10 x 6インチペンタブレット。サイズは,A4をひと回り大きくしたくらい。机上で作業するには,丁度よい大きさと言える。製品を開封すると,まずドライバをダウンロードするようにと書かれていいるので,所定のサイトからWindows用のドライバをダウンロードし,インストールした。すると,「Gaomon Tablet」というソフトウェアがインストールされた。タブレットをUSBケーブルでPCと接続。タブレットのUSB端子は,miniUSB端子だ。また,ペンは充電式となっており,常時ケーブルに接続しておく必要はない。充電用のケーブルも付属しており,USB端子から充電できる。「Gaomon Tablet」を起動すると,ボタンの詳細な設定が可能。タブレットの左側には,12個の物理ボタンが付いており,ショートカットとして自由に設定できる。例えば,左上のボタンを「Ctrl+Z」,右上のボタンを「Ctrl+Y」などに設定しておけば,操作性は格段に向上する。また,ペンの方にもボタンが2個搭載されており,例えば,それぞれのボタンを「右クリック」,「左クリック」に設定すれば,ほとんどマウスを使う必要がなくなる。また,ペンの芯は予め4個のスペアがあり,すり減ったり,割れたりしたときに交換できる。実際に,Windowsアクセサリのペイントを起動して描画してみたが,反応は非常に良い。特に秀逸と感じたのは,ペンをタブレットに接触していなくても,マウスカーソルを動かせる点だ。つまり,ペンをタブレットに近づけて動かせば,カーソルも追従する。これは,非常によくできている。そして,描画するときは,ペンをタブレットに接触させて描くことができる。タブレットのサイズがそれなりに大きいのでスペースが狭いという印象は受けなかった。iPad Pro やSurface Pro のように画面に直接描画しているわけではないので,その点は不自由に感じるものの,ペンの認識力が高く,単純に描いていて楽しいと思える。慣れれば,iPad Pro やSurface Pro と同じような感覚で,絵を描くことも可能だろう。
 以上より,ペンタブレットとしては,認識力が非常に高く,物理ボタンも自由にカスタマイズでき,個々の目的に合った使用が可能である。手頃な価格のペンタブレットを探している方には,是非お勧めする製品である。

DSC08081.JPGDSC08087.JPGDSC08091.JPG
posted by J.HASE at 23:25| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: