2017年01月05日

Coolife 防犯カメラ 暗視カメラ 赤外線カメラ 1200/800/500万のCMOSセンサー付き1200万画素HD動画対応モデルIP56防水仕様

 IP56防水仕様のトレイルカメラ。見た目からも,かなりゴツゴツした印象を受ける。まず,全面中央にカメラのレンズがあり,上部には赤外線センサー,下部にはモーションセンサーが正面,左,右と3つも取り付けられている。これだけモーションセンサーが搭載されていたら,近くに人や動物が来たら,センサーがすぐに反応してくれるだろう。側面のクリップを2箇所外すと,フタが開けられる。フタを開けると,左側が液晶画面と操作ボタンがあり,右側は何もない平板になっている。しかし,このまま電源を入れても,動作しない。本製品は,電池駆動式で右側の平板(いわゆるフタ)を取り外し,単三電池を8個セットしなければならないのだ。最初,説明書にこのことが何も書かれていなくて,アマゾンのページを詳しく読んで,右側がフタになっていることにようやく気付いた。おそらく,何も知らなければ,右側がフタになっていて,その奥に電池をセットする場所があることに全然気付かないだろう。ちなみに,電池は付属していないので,別途自分で購入する必要がある。ようやく電池をセットして,電源を入れる。電源は,左側の下部にスイッチが有り,OFF・TEST・ONの3つに切り替える。TESTというのが,自分で設定したり,手動で動画や画像を撮影するときのモードだ。表示は英語だが,日本語にも設定できる。とても良いと感じた点は,操作をしている最中に,どのボタンを押すと戻り,どのボタンを押すと選択になるのかが表示される点だ。これにより,ボタンの押し間違いをかなり防ぐことができる。最初に使い始めるときに,とても重宝する機能だ。実際に動画や画像を撮影すると,SDカードに「DCIM」というフォルダが作成され,動画はAVI形式,画像はJPG形式で保存される。ズームや手ぶれ補正などの機能がないので,一般的なビデオカメラには劣るが,比較的きれいな動画や画像が撮れる。特に驚いたのが,暗所での撮影だ。本製品は,赤外線照射機能が搭載されており,暗所での撮影が可能だ。実際に撮影してみたが,ほとんど真っ暗な場所でも白黒ではあるが撮影ができた。これにはとても驚いた。赤外線照射による撮影の際は,カメラの上部が赤く点滅する。
 以上より,単三電池8個も必要で,サイズもそれなりにあるが,トレイルカメラや防犯カメラとしてはとても高性能な製品と言える。モーションセンサーや赤外線による暗所撮影機能のあるカメラを探している方には,是非お勧めする製品である。

DSC07550.JPGDSC07560.JPGDSC07569.JPG
posted by J.HASE at 13:40| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: