2016年10月15日

Vantrue X2 ドライブレコーダー 2.5K (2560*1440P+HDR)スーパーHD 2.7インチLCD

 試供品を頂きました。2.5K(2560*1440P+HDR)で撮影できるドライブレコーダー。液晶画面も,2.7インチと非常に大きくて見やすい。しかし,本体は小型で軽量。わずかではあるが,本体にバッテリーも内蔵されている。本体には,MicroUSB端子ではなく,MiniUSB端子が搭載されており,付属のケーブルでカーチャージャーに接続する。USBケーブルなので,モバイルバッテリーと繋いでも使用は可能だ。microSDカードは付属していないので,別途用意する必要がある。本体上部には,4つのボタンがあり,左からスナップショットボタン,電源ボタン,メニューボタン,確認ボタンとなっている。電源ボタンは,毎回押さなくても,エンジンが始動すれば,自動で録画が開始される。また,エンジンが止まれば,録画も終了する。各種設定は,メニューボタンを押す。4つのアイコンが表示され,「録画設定」,「システム設定」,「GPS設定」,「ファイル管理」となっている。しかし,GPS設定については,別途GPS受信機を購入する必要がある。メニューの選択は,左側面にあるアップボタン,ダウンボタンで操作する。また,ダウンボタンは,緊急ボタン,駐車モードボタンを兼ねている。録画設定では,解像度を設定できる。解像度は,「2560☓1440/30F(HDR)」,「1920☓1080/30F(HDR)」,「2560☓1440/30F」,「2304☓1296/30F」,「1920☓1080/60F」,「1920☓1080/30F」,「1280☓720/60F」から選ぶことができる。つまり,本製品はフルハイビジョン以上の撮影ができるということである。また,本製品にはスナップショットを撮る機能もあるのだが,解像度の設定項目はない。実際に撮影してみると,スナップショットは,「2688☓1512」というサイズで撮影されていた。撮影した映像や画像は,microSDカードの中に「DCIM」というフォルダが作成され,さらにその中に日付のフォルダが作成され,その中にビデオも画像も一緒に保存されていた。驚いたのは,ビデオファイルの形式がmp4だった点だ。今までドライブレコーダーを何台かレビューしたが,ビデオのファイル形式がmp4だったのは,本製品が初めてだ。それだけ,本製品の性能が高いということだろう。また,画像はJPGだった。他にも,衝突の際にビデオをロックするGセンサーや,逆光に強いWDR(Wide Dynamic Range)など,ドライブレコーダーとしての基本的な機能は搭載されている。操作性については,少し使いにくい点もあるが,ドライブレコーダーなので,一度設定してしまえば,あまり操作することもないだろう。他に気になる点としては,microSDカードの出し入れが少しやりにくかった。しかし,これも出し入れの頻度を考えると,あまり大きな問題ではないだろう。また,HDMI端子も搭載されているが,ケーブルが付属していないので,別途購入が必要だ。
 以上より,ドライブレコーダーとして標準的な機能が搭載されているだけでなく,録画品質においても,ハイビジョン以上と非常に高性能だ。しかも,ファイルの保存形式はmp4なので,容量も少なくて済み,非常に優秀なドライブレコーダーといえる。高性能なドライブレコーダーを探している方には,是非お勧めする製品である。

DSC06395.JPGDSC06402.JPGDSC06406.JPG
posted by J.HASE at 16:54| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: