2017年03月30日

JOYACCESS 無線キーボード&マウスセット 日本語配列 シルバー

 2.4G 無線フルサイズキーボード&マウス。自宅用のパソコン(intel NUC)のキーボード,マウスとして使用してみた。マウスは単三電池1本,キーボードは単三電池2本で動作する。電池は付属していない。電池をセットしたら,マウスのフタ内部にあるコネクタを取り出し,パソコン側のUSB端子に繋ぐ。基本的な設定は,これで終了。すぐに,マウス,キーボードとして使用することができた。マウスは,光学式で常時赤いLEDが点灯または点滅している。この赤いLEDの点滅は気になる人は気になるだろう。最近では,無線式のマウスでもこのようなものは少ない。マウスには,ホイール以外に,DPIボタンも付いており,このボタンを押すことで,DPI800/1200/1600と3段階で調整できる。いちいちマウスの設定を開かなくて良いのは便利だ。また,マウスのクリック感については,個人的にはもっとカチカチと音が出る方が好みだ。本製品のマウスのクリック音は非常に静かで,ストロークも浅い。そのようなマウスが好みならば,問題ないだろう。それから,キーボードについては,動作に問題はなかった。デザインは非常に素晴らしい。さらに,FNボタンとファンクションボタンを組み合わせることで,ブラウザやエクスプローラーを起動させることもできる。これは,とても便利な機能だ。しかし,残念な部分もある。まず,キーストローク。個人的には,感触が軽い。入力しているときに,ボタンがグラグラしている感覚があり,この感覚は好きではない。また,Enterキーの右側にPageUPボタンがあるのも気になる。これは,入力ミスをしてしまう。さらに,「_」キーがAltキーの横にあり,違和感を感じる。細かい部分は,いろいろとあるが,慣れてしまえば問題ないかもしれない。
 以上より,無線接続のキーボード&マウスとしては,使用に問題ない。デザインや操作性が気に入れば,価格も手頃なので是非お勧めする製品である。

DSC07763.JPGDSC07783.JPGDSC07771.JPG
posted by J.HASE at 07:56| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする