2016年11月23日

multifun 超薄型ヘルスメーター スマホで測定結果を管理

 試供品を頂きました。スマホで測定結果を管理できるヘルスメーター。デザインが良く,iPhone対応のアプリがあるとのことで興味を持った。普段は,「オムロン 体重体組成計(ブラック)OMRON カラダスキャン HBF-254C-BK」を使用して,体重,体脂肪率,骨格筋率を毎日測定している。同様のことが本製品で行えるか確認してみた。まず,本体だが,上面はホワイトで,上から見るとクローバーのような模様が薄っすらと付いている。そして,表面は,ガラスで覆われていて,非常に清潔感がある。また,高級感も感じられる。裏の4つの足が伸縮することによって,体重を測定しているようだ。電源は,単4電池3個をセットする。ヘルスメーターの上に載ると自動で電源が入り,体重などを測定してくれる。降りると,しばらくして電源がオフになる。正確に体重を測定するためには,置き場所は絨毯や床が良いだろう。そして,本製品の最大の特長は,「E-care」というアプリだ。このアプリと連動させることで,測定データをiPhone に転送し,記録してくれる。アプリをダウンロードして開くと,アカウントを登録するように言われる。そして,名前,性別,誕生日,身長などを入力しておく。アプリの中央にBluetoothのアイコンがあるので,そこをタップすると,なんとヘルスメーターと通信して,データを受信してくれる。これには驚いた。通常,Bluetooth機器は,iPhone側でペアリングの設定が必要のはずだが,このアプリは,その設定が不要だったのだ。そして,しばらくするとBluetooth通信も自動で切れる。このアプリがすべてオートで通信してくれるという機能は,初めての体験だったのでとても感心した。測定データは,すぐにアプリに表示される。Weight(体重),BMI,Fat(体脂肪率),Water(水分),Muscle(骨格筋率),Visceral fat,Metabolism,Age(体年齢)のデータが表示される。表示される値は,オムロンのカラダスキャンと大きな差はなかった。特に体重に関しては両者ともほぼ同じ値だった。そして,さらにComponets というアイコンをタップすると,グラフが表示される。しかし,これがとても残念だった。表示されるグラフが,1日のデータのみだったからだ。個人的には,グラフは,測定した期間すべてのものを表示させたい。それによって,先週や先月の自分と比較して,どれくらい変化したかを視認できる。しかし,このアプリはそれができなかった。非常に残念だ。もし,測定した全期間のグラフが表示されたら,本製品はオムロンのカラダスキャンを超えている可能性があった。
 以上より,ヘルスメーターとしては,まったく申し分なく,アプリによる測定データの管理もでき,非常に優れた製品といえる。しかし,個人的には,測定データの全期間のグラフ表示機能を是非とも付けてほしかった。

DSC07102.JPGDSC07107.JPGDSC07117.JPG
posted by J.HASE at 20:25| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Digitnow!35ミリメートルネガ、スライド、110、126、&スーパー8フィルムのための22MP ALL-IN-1フィルム&スライドスキャナ

 試供品を頂きました。35mmのネガなどをSDカードに保存するためのフィルム・スキャナー。実際に家にある35mmフィルムのネガを,パソコンに取り込むために本製品を使用してみた。取扱説明書が英語だったが,操作はある程度感覚的にできた。まず,本体は非常にコンパクトで,正面に大きな液晶画面がある。この液晶画面で,実際にネガの表示してくれる。本体は,USBケーブルとアダプタを使ってコンセントに差し込み電源供給を行う。それ以外に,PCのUSB端子から電源を供給することも可能だ。私の場合は,後者で行った。まず,左上の電源ボタンを押す。すると,メニュー項目が表示される。メニュー項目は,下記の通りだ。
「Capture」…ネガを画像データとして取り込む。
「Playback」…SDカードの画像を再生する。
「Film」…フィルムの種類を選択する。
「Resolution」…解像度を選ぶ。
「Language」…言語を選ぶ(日本語選択が可能)
「USB MSDC」…PCと接続する。
そして,本製品にはネガを挟み込むアダプタが付属しており,そのアダプタにネガを挟み込んで,本体に差し込むことにより,画像が液晶画面に表示される仕組みだ。ここで問題が発生。このアダプタのフタが異様に硬い。英語の取説を読んでも,どうしてよいかわからず,かなり焦った。結局,アダプタが壊れるのを覚悟で,フタを力づくで開けてみた。幸い,問題なくフタは開いた。一度コツがわかれば,フタの開閉は問題なく行えた。ネガを挟み込み,本体に差し込む。そして,本体裏側からSDカードを挿入。このとき,SDカードは上下逆に入れなければいけないので,注意が必要だ。また,SDカードの種類によっては,認識しないものがあった。転送速度の速いSDカードを使ったほうが良いようだ。そして,「Capture」を選び。「OK」ボタンを押す。すると,ネガの画像が表示される。このときに,「OK」ボタンを押すと,明るさや色合いを調整する画面が表示される。この調整を画面を見ながら行うことで,かなりネガの再現性が高くなる。調整して戻るときは,「SCAN MENU」ボタンを押す。そして,いよいよ画像を読み込む。まず,「SCAN MENU」ボタンを押す。そして,「OK」ボタンを押す。これで終わりだ。これでSDカードに画像が取り込まれる。次のネガを取り込む際には,アダプタを付けたまま,ネガをスライドさせる。このとき,ネガを傷めないように注意が必要だ。また,この方法だと,ネガの両端の写真の取り込みが少し難しいが,取り込めないことはない。取り込まれた画像は,「Play Back」でも確認できるが,「USB MSDC」でパソコンと接続したほうが,見やすいだろう。私の場合は,SDカードの中のDCIMフォルダに「101COACH」というフォルダが作成され,そこに「PICT0001」から順番に,画像が作成されていた。終了するときは,本体の電源ボタンを押すと,本体の電源が切れる。
 以上より,操作に若干の慣れが必要だが,35mmフィルムのネガを画像データと取り込める機能自体は,非常に素晴らしい。個人的にも,15年前に撮影したネガが画像データになって,感無量だ。

DSC07074.JPGDSC07078.JPGDSC07083.JPG
posted by J.HASE at 15:58| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

TeckNet Pro ワイヤレス マウス 6ボタン 無線光学式 2400 DPI 3段階調整 24ヶ月間電池利用可能

 試供品を頂きました。以前,TeckNet の別のマウスを使用する機会があり,そのマウスが非常に手にフィットして,操作性,デザインともに気に入った。そのため,改めて本製品のレビューを依頼した。本製品は,無線光学式マウスであり,Bluetoothマウスではない。無線工学式マウスは,Bluetoothマウスと違って,パソコン側のUSB端子にアダプタを取り付けなければならないというデメリットがある。その反面,アダプタを取り付ければ,煩わしい設定やドライバのインストールを行わなくても,即使用できる。Bluetoothマウスを問題なく使用できるならば,そちらの方が良いが,PCによっては,Bluetoothマウスはトラブルが多い。実際に,私の場合,「Intel NUC Core i5搭載 小型PCベアボーン 2.5インチ M.2 SSD対応 BOXNUC6i5SYH」を購入し,そのマウスとしてBluetoothマウスを試してみたが,認識やスクロールなどに不具合があり,うまく行かなかった。しかし,本製品のような無線光学式マウスを使ってみると,問題なく使用できた。
 そして,本製品を使用してみての感想だが,上述の通り,USBアダプタをPCに差し込めば,すぐに使用することができた。マウス本体は,単4電池2本で動作する。電池は付属していない。ホイールによる画面のスクロールもまったく問題ない。親指部分にボタンが2つあり,専用のソフトを使うといろいろと設定できるようだが,個人的には必要ない。また,親指の先の部分にインジケーターが搭載されていて,電池残量が少なくなると,インジケーターが赤色に点滅する。親指の部分は,ラバーになっていて,滑りにくくなっている。デザインは一般的なものだが,個人的には非常に気に入っている。価格も非常に手頃だ。クリックの感触は,やや軽めに感じる。人によっては,安っぽい印象を受けるかもしれないが,これも個人の好みだろう。個人的にはまったく問題はない。
 以上より,価格,デザイン,そしてフィット感など,すべてにおいてバランスの取れた製品といえる。手頃な価格の無線光学式を探している方には,是非お勧めする製品である。

DSC07050.JPGDSC07045.JPGDSC07053.JPG
posted by J.HASE at 23:17| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

iPad&タブレット用スタンド アルミ 折り畳み式&角度調整可能 BLACK

 試供品を頂きました。折り畳み式タブレット用スタンド。色は黒。製品が届いての感想としては,まずその重量。本体はアルミ製でどっしりとした重さで,実測で,205g。非常に安定感がある。iPhone 6s Plus 用のスタンドとして使用しているが,裏にゴム足が付いていることもあり,簡単には動かない。しかし,持ち運ぶ際に,重すぎるわけでもない。非常によく考えられた重量だ。また,折り畳み式ではあるけれども,iPhone を載せてグラグラすることもまったくない。iPad Pro 12.9インチを試しに載せてみたが,問題なくスタンドとして使用できた。また,スタンドの後ろにケーブルを通す穴が空いており,配線もスッキリできる。さらに,iPhone を立てかける箇所はゴム製で,iPhone やタブレットに傷が付かないように工夫されている。しかし,全体としての見た目は,非常に統一感がある。
 以上より,折り畳み式にも関わらず,非常に安定しており,重量やデザインもよく考えられている。折り畳み式スタンドを探している方には,是非お勧めする製品である。

DSC07022.JPGDSC07026.JPGDSC07031.JPG
posted by J.HASE at 23:06| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする