2016年01月31日

TeckNet 第2世代PowerZen 9600mAh大容量 モバイルバッテリー

 試供品を頂きました。9600mAhのモバイルバッテリー。容量の割にはコンパクトで,デザインもメカニカルで格好いい。充電用USB端子も2つと標準的。BLUETEKスマート充電という機能で,「様々なデバイスのUSB電源の互換性を識別および最適化し、充電速度最大3.4Aを実現」とのこと。しかし,各ポート5V/2.4A とのことなので,同時に5V/2.4A で充電することはできないようだ。デザイン的には,非常に洗練されていて,単純な直方体ではなく,上部と下部は湾曲している。また,側面全体にくぼみがあり,とても持ちやすい。また,側面には電源ボタンがあり,iPhone などとUSB接続して,電源ボタンを押すと,充電が開始される。上部には,5つの青色LEDがあり,電源ボタンを押すと点灯し,残量を表示してくれる。また,充電中も点灯し,残量がいくらかがすぐに確認できる。青色LEDの明るさは,ちょうど良い。さらに,電源ボタンを2回押すと,側面のLEDライトが点灯する。これは,かなり明るく,暗いところで何かを照らすときに最適だ。しかし,懐中電灯ほどの明るさはない。また,本体を充電するときは,microUSBポートに接続する。このときも,上部の青色LEDが点灯し,残量がいくらかを表示してくれる。
 以上より,機能としては標準的であるが,デザインや青色LEDの視認性がよく,モバイルバッテリーとして秀逸な製品であるといえる。

DSC03413.JPGDSC03412.JPGDSC03418.JPG
posted by J.HASE at 18:32| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

TeckNet ブルートゥースマウス 6ボタン握りの極み Mサイズ

 試供品を頂きました。Bluetooth対応の6ボタン式ワイヤレスマウス。本製品は,デザインも非常に美しく,しかも価格も非常にリーズナブルだ。全体的に黒を基調にしているが,親指の上にあるオレンジの進む,戻るボタンがワンポイントになっている。しかも,進むボタンはボタンにツブツブがあり,戻るボタンはフラットなので,押し間違えることも少ないだろう。個人的には,進む,戻るボタンは,付いていると便利だとは思うのだが,実際にはほとんど使用していない。「進む」や「戻る」をボタンで操作するという発想が,自分の頭の中には,まだないようだ。スクロール・ホイールは,カクカクという感触があり,滑らかなタイプではない。普段は,SONY VGP-BMS20というVAIOロゴの付いたマウスを使っているのだが,スクロール・ホイールの感触がほぼ同じなので,とても気に入った。もちろん,スクロール・ボタンを押すと,上下左右に画面を動かすこともできる。スクロールホイールの上に,DPI切換スイッチが付いているが,DPIの種類が,2000/1500/1000の3種類なので,押してもあまり違いが感じられなかった。このボタンは,Bluetoothでペアリングをする際に,赤く点滅する。むしろ,この役割の方が重要な気がする。また,バッテリーが不足してくると,このボタンが赤く点滅するようだ。接続方法は,通常のBluetooth機器と同様だ。SONY VAIO Pro11(Windows 10)で試してみたが,すぐに接続できた。電池は,単三1本で動作する。電池を含めても,重量は非常に軽い。もう少し,重い方が個人的には扱いやすい。以上より,操作性,デザイン,そして何より手のフィット感が非常に素晴らしく,このマウスはとても気に入った。総合的には,SONY VGP-BMS20 に比べて少し劣るレベルと判断した。しかし,使い慣れてくれば,このマウスでもまったく問題ないだろう。
 以上より,価格,デザイン,フィット感,すべてが素晴らしく,Bluetoothマウスを検討している方には,是非お勧めする製品である。

DSC03399.JPGDSC03402.JPGDSC03404.JPG
posted by J.HASE at 22:55| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RAGU LR600ゴルフ用携帯型レーザー距離計 防水仕様

 試供品を頂きました。3.7mから600mまで,測定が可能な携帯型レーザー距離計。手に持つと非常に,軽く片手でも簡単に操作できる。まず,本体に電池をセットする。防水仕様なので,蓋も非常にしっかりしている。ボタンは,上部にある電源ボタンとモードボタンのみ。まず,電源ボタンを押すと,レンズ内部の画面に,インジケーターが表示される。そのインジケーターがぼやけているときは,接眼レンズ側にあるダイヤルを回して調整する。このときに,モードボタンを押すと,Fogモードやスピード測定モードになる。また,モードボタンを長押しすると,Y(ヤード)とM(メートル)を変更することができる。距離を測定するときは,この状態から,電源ボタンを長押しすると,スキャンが始まる。すると,すぐに対象物までの距離が表示される。近すぎたり,遠すぎたりすると何も表示されない。測定の仕組みは,よくわからないが,レーザーを照射することで,距離を測定しているようだ。だから,窓越しの対象物の距離を測定しようとすると,当然ガラスでレーザーが反射されるので,窓までの距離が表示されることになる。測定精度自体は,とても高いと感じられた。実際に,自宅のベランダから外にある対象物までの距離を測ってみたが,それらしい数字が表示された。実際に測ったわけではないが,おそらく正しい数値だと思われる。また,本製品の望遠の倍率もとても高く感じられた。このサイズで,これだけ望遠できることにとても驚いた。ゴルフ用ということだが,それ以外の用途でも十分使えそうな製品である。個人的には,このような製品を使ったことがなかったので,とても面白かった。
 以上より,価格はそれなりにするが,測定精度も高く,ゴルフをする際にもとても役立つ製品である。レーザー距離計の購入を検討している方には,是非お勧めする。

DSC03371.JPGDSC03365.JPGDSC03372.JPG
posted by J.HASE at 22:07| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Crenova MP023 メディアプレーヤー HDMI/VGA出力 フルHD 1080P対応

 試供品を頂きました。HDMI端子やVGA端子から,直接テレビに繋いで,データを再生できるメディアプレーヤー。具体的には,USBメモリ,SDカードにある音楽データや映像データ,さらにDVD/BDドライブと繋いで,DVDやBlu-rayまで再生できる。つまり,パソコンを使わなくても,本製品を使って,直接テレビに音楽や映像を再生することができる。この製品は,今までありそうでなかった,画期的な製品だ。特に,外出先で音楽や映像を再生することが多い人にとっては,いちいちノートパソコンを立ち上げなくて済むので,利便性がかなり向上するだろう。
 そして,実際に使ってみた感想としては,電源を入れて,HDMI端子からテレビに繋ぐと,すぐにメニュー画面が表示される。メニュー画面は,初期状態は英語で,SETUPから日本語にも変更できるが,表示がおかしくなる箇所も見受けられた。そして,メニュー画面の操作は,本体から簡易的に操作はできるが,付属のリモコンを使えば,直感的に操作できる。リモコンは,単四電池2個で動作するが,電池は付属していない。USBメモリや,SDカードにある,mp3,mp4,flvなどのファイルは,問題なく再生できた。画質も,いつもパソコンで見ているものと同じレベルだ。これだけでも,かなり画期的なハードだと言える。パソコンを使わずに,メディアを再生できるのは,いつもパソコンを使っている私にとっては,非常に新鮮な経験だった。そして,さらに驚いたことに,この製品は,USB端子にDVD/BDドライブを繋ぐと,DVDやBlu-rayディスクが再生できてしまうのだ。つまり,本製品とDVD/BDディスクがあれば,市販のDVD/BDプレーヤーとまったく同じことができてしまうのだ。しかし,チャプター画面などは表示されないようだ。その点は注意が必要だ。実際に,「I-O DATA BD再生ソフト添付 USBバスパワー対応 ポータブルブルーレイドライブ BD-U6EP」を繋いで試してみたが,DVDの再生はまったく問題なかった。Blu-rayディスクの再生に関しては,少しカクカクしていた。しかし,これは,DVD/BDドライブの性能の問題かもしれない。しかし,それでもこの価格で,これだけのことができてしまうことにとても驚いた。電源用のDC端子がしっかり入らなかったり,SDカードも完全に入らないという問題点もあったが,それは本製品の性能を考えると,微々たることのように感じた。
 以上より,本製品はパソコンを使わずに,様々なメディアを再生できる画期的な商品だ。特に,外出先で映像などを再生することが多い人には,とても役立つ製品といえる。

DSC03310.JPGDSC03316.JPGDSC03326.JPG
posted by J.HASE at 15:11| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

ヤマハ サブウーファー (1台) ブラック YST-SW010(B)

 以前,「ティアック アクティブサブウーハー (チェリー) SW-P300-CH」を,モニターとして試用し,サブウーハーの存在意義が十分に理解できていた。私が通常使っているスピーカーは,ヤマハ NS-BP200。このスピーカーでは出すことのできない重低音を,SW-P300-CH で出すことができた。重低音というのは,あまりに大きいと,不自然で鬱陶しいが,適度な重低音は,その音の再現性を高める。要するに,リアリティが高まるということだ。実際に耳で聴く音には,当然ながら重低音が含まれている。その認識こそが,リアリティの認識と言っても過言ではない。逆に,通常のスピーカーからの音は,周波数が限定されるために,どうしても現実に聴く音とは違って聞こえる。しかし,そこにサブウーハーを加えることで,より現実的な迫力のある音になるのだ。しかし,そうは言っても,SW-P300-CH を購入するのは,経済的に厳しい。いきなりサブウーハーにそこまでお金をかける気もない。しかし,やはり今あるスピーカーに,サブウーハーを加えて,再現性を高めたい。そのような相反する理由から,アマゾンでも人気の高い本製品を購入することにした。この製品は,とてもリーズナブルな価格帯であるにも関わらず,購入者の評価が高かった。しかも,私が持っているスピーカーもヤマハ製ということで,相性の面からも良いのではないかと判断した。
 そして,私の音楽再生の環境は,iMac 2014(OSX Yosemite)のiTunes にすべても曲を入れていて,それを「TEAC Reference 301 プリメインアンプ Bluetooth/USB/DAC搭載 シルバー AI-301DA-S」とUSB接続している。AI-301DA-S にヤマハ NS-BP200 が接続されていて,AI-301DA-S にサブウーハー端子があるので,それとYST-SW010 をモノラルのオーディオ・ケーブルで接続している。実際に再生してみての感想としては,やはりSW-P300-CH ほどはっきりと低音を聞き取ることはできなかった。しかし,確かに重低音は再生されていて,これまで聴いていた音楽や映像に迫力を与えてくれることは間違いない。本体の背面にボリュームつまみが付いていて,音量を調整できるが,とてもMAXにはできない。MAXにすると床が振動するほどの激しい重低音になる。中ぐらいかそれより少し大きめくらいでちょうど良い。特に,音楽を再生するときは,かなり低音が鳴るようになり,本製品を購入した意味を十分感じられた。音量調整つまみは,頻繁に操作するので,前面に付いていてもよかった。また,背面には電源スイッチもあるが,私の場合は,常時オンにしている。大きさも10kg近くあり,それなりに重く,大きさも一人で何とか抱えられるほどの大きさがある。私の場合は,スピーカーを入れているラックの一番下にサブウーハーを設置している。そして,サブウーハーの存在がギリギリ気にならない程度のボリュームにしておくと,良い効果が得られた。
 以上より,この価格帯で十分にサブウーハーとしての役割を果たしてくれる。通常のスピーカーに加えると,確実に音楽や映像の再現性が高まる。

DSC03293.JPG
posted by J.HASE at 22:33| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

Golden Ray USB 2.0用 外付けCD/DVDマルチドライブ

 試供品を頂きました。USB2.0接続のCD/DVDマルチドライブ。作りが非常にしっかりとしていて,デザインも良い。適度な厚みがあり,手に持ったときの感触がしっくりくる。動作に関しても問題なく,SONY VAIO Pro11(Windows 10),iMac 2014(OSX Yosemite)で,問題なくDVDが再生できた。もちろん,ドライバなどのインストールは,一切必要なく,USB接続すれば,ドライブはすぐに認識された。動作音も,静かで問題ない。DVDディスクを入れた際に,音がするが,その音もなかなか良い機械音をしている。個人的には,メカニックなデザインがとても気に入った。トレイ前面の印刷にかすれがあったり,USBケーブルが直付けで,しかも短いなど,気になる点はあるが,デザイン性の高さがそれを上回ったいると判断した。
 以上より,手頃な価格のCD/DVDマルチドライブを探している方には,是非お勧めする製品である。特に,デザイン性の高さは,秀逸である。

DSC03218.JPGDSC03228.JPGDSC03232.JPG
posted by J.HASE at 23:04| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

Aukey USB 3.0 アルミニウムハブ 3ポート 有線LAN付き CB-H32

 試供品を頂きました。有線LAN付きの,USB 3.0対応のUSBハブ。シルバーのデザインがとても美しく,完成度の高い製品だ。ドライバーCDが付属しているが,USBハブとしては,特に何もインストールしなくても使用できた。素材はアルミニウムでできていて,とても高級感がある。USB端子には,白い枠があり,USBを差し込みやすくなっている。パソコンに接続すると,USB端子横にある小さなLEDが,緑色に点灯する。使用中は,それなりに温度が上がるが,熱くなるというほどではない。個人的には,USBケーブルは,もう少し長い方がありがたい。ノートパソコンのディスプレイの反対側にUSBハブを置いておくことが多いので,そのように使用するためには長さが短かった。SONY VAIO Pro11 で使用してみたが,問題なく使用できた。BUFFALO USB3.0 外付けハードディスクや,SONY一眼カメラα5000などと繋いでみたが,問題なく使用できた。また,iMac 2014との接続も問題なかった。さらに,本製品は,1000Mbpsの有線LANも搭載している。VAIO Pro11 には,有線LAN端子がないので,必要なときにはこのLAN端子が使えるので便利だ。
 以上より,3ポートのUSB3.0対応ハブとしては,十分お手頃な価格帯の製品と言える。また,1000Mbpsの有線LAN端子も,有線接続が必要な環境では,とても役に立つ。

DSC03083.JPGDSC03087.JPGDSC03088.JPG
posted by J.HASE at 20:21| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aukey モバイルバッテリー 10000mAh PowerAll 「Quick Charge 2.0」対応 PB-T4

 試供品を頂きました。10000mAhのモバイルバッテリー。黒一色で統一されていて,デザインもシンプルで落ち着いている。2つあるUSB出力端子のうち,オレンジ色の端子は,AiPower&Qualcomm Quick Charge 2.0を搭載しており,端末への充電時間が25%も短縮できる。Quick Charge 2.0(クイックチャージ2.0チャージ)は,米・Qualcomm(クアルコム)社が開発した高速充電規格。最近のXPERIA や,AQUOS,ARROWS などのスマホは対応している。iPhone は対応していないが,普通に充電できる。製品の側面には,電源ボタンがあり,押すと「AUKEY」のロゴが白く点灯する。そして,この部分が同時にバッテリー残量を示すインジケーターになっていて,バッテリー残量が少なくなるごとに,白→緑→赤と色が変わっていく。バッテリー自体を充電する際には,付属のmicroUSBケーブルを使う。バッテリーの充電が進むごとに,赤→白点滅→白点灯と色が変わる。さらに,本製品には,2つのUSB端子の間にLEDライトが搭載されている。電源ボタンを長押しすることで,LEDが点灯し,再度長押しすれば消灯する。あまり光は強くないので,暗いところで何かを探すときなどに,役立つかもしれない。
 以上より,モバイルバッテリーとしては,まったく申し分なく,さらに本製品はQuick Charge 2.0に対応し,充電時間を短くすることに貢献している。特に,XPERIAやAQUOS,ARROWSなどのスマホを持っている方には,お勧めする製品である。

DSC03039.JPGDSC03042.JPGDSC03054.JPG
posted by J.HASE at 16:31| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aukey Bluetooth4.1ステレオオーディオレシーバー BR-C9

 試供品を頂きました。Bluetooth4.1対応のステレオオーディオレシーバー。本体は,驚くほど軽く,中に何も入っていないのではないかと錯覚するほどの軽さだ。電源は,中央にある電話マークのマルチファンクションボタンを5秒間長押しする。するとペアリングモードになるので,iPhone のBluetooth設定から「Aukey BR-C9」を選ぶ。それでペアリングは完了だ。通常のBluetoot機器と同様に,簡単にペアリングすることができた。音量調節は,+と−のボタンを押すとコントロールできる。また,+と−のボタンは,長押しすると曲送り,曲戻しができる。ペアリング中は,+,電話マーク,−の3つのボタンのLEDが約5秒ごとに2回ずつ点滅する。電話マークを押すと再生,停止がができる。電源を切るときは,電話マークを5秒間長押しする。電源オン・オフの際には,接続しているイヤホンから「ピー」という音が鳴る。操作方法は,直感的でとても使いやすい。また,秀逸なのは,3.5mmオーディオコネクタが付属している点だ。これは,端子が両方ともオスになっている。使い方としては,本製品にコネクタを繋ぎ,片方にはステレオやスピーカーのインプットに繋ぐ。すると,iPhone の音楽を,そのステレオやスピーカーで再生できるようになる。つまり,Bluetoothに対応していない再生機器をBluetooth対応にできるのだ。この発想は素晴らしいと感心した。また,私は普段「SONY SBH20」をBluetoothレシーバーとして使っているが,それと比較すると本製品の音質は若干劣る程度だ。しかし,ほとんど差はないと言っても過言ではない。むしろ,価格面を考えると,こちらの製品の方が,お得感があるだろう。なお,本製品にイヤホンは付属していない。
 以上より,直感的に操作でき,価格も手頃なので,Bluetoothレシーバーの購入を検討している方には,是非お勧めする。

DSC03009.JPGDSC03018.JPGDSC03037.JPG
posted by J.HASE at 15:04| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

BESTRUNNER USB3.0 8GB 回転式USBメモリ レッド 10個パック

 試供品を頂きました。USB3.0対応の8GBメモリ。持ち運ぶ際には,端子部分を回転させて,収納できる。しかし,回転部分は,収納時に固定されないので,収納しても,すぐに端子がブラブラしてしまう。それは,USBメモリとしてノートパソコンなどに差し込んでいるときも同様で,回転部分が固定されていない。そのため,ケース(色の付いた部分)は,常にブラブラの状態になる。それが仕様だと割り切れば,気にならないかもしれないが,気になる人は気になるだろう。USBメモリとしての性能はまったく問題ない。VAIO Pro 11(Windows 10)の場合は,容量7.18GBのUSBメモリとして認識された。ファイルなどの保存も,通常のUSBメモリと同様に動作した。また,iMac 2014(OSX Yosemite)においても,7.72GBのUSBメモリとして認識された。10個セットということで,8GB程度のUSBメモリが大量に必要な方には,リーズナブルな価格帯で手に入るお勧めの商品である。

DSC02864.JPGDSC02866.JPGDSC02868.JPG
posted by J.HASE at 16:55| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする