2015年08月29日

アウトドアスピーカー ワイヤレス 防水 耐衝撃 マイク搭載 NFC対応 (ブルー)

 試供品を頂きました。Bluetooth対応のポータブル・スピーカー。バッテリーを内蔵しており,3Wのパワーがある。充電は,micorUSBケーブルで充電する。micorUSBケーブルだけでなく,ステレオ・ケーブル,ストラップも付属する。スピーカーは2つ付いているので,ステレオに対応しているようだ。実際に聴いてみると,左右から違う音が出ていた。ペアリングの方法としては,まず電源ボタンを2秒押す。そして,スマホやタブレットのBluetooth設定から,「S200」と表示されるデバイスを選ぶ。これで,完了だ。他のBluetooth機器と基本的には変わらない。また,電源を入れたときは,海外製品によくある女性の声での「PowerON!」ではなく,「ピピッ」という電子音がする。ペアリングしたときや,電源を切るときも同様に電子音が鳴る。サイズや重さは持ち運びに丁度良いと感じた。また,デザインも,シンプルでとても良い。AUX IN が搭載されていて,外部の音源を鳴らすこともできる。さらに,デジカメなどを取り付ける三脚のネジ穴も搭載されているので,設置の自由度が高まる。動作中は,中央上部に,青いLEDが点灯している。総合的に見て,とてもバランスの取れた良い製品であると言える。
 しかし,気になる点としては,まずメーカーロゴがないという点だ。「S200」でネット検索してみたが,それらしい製品も見つからなかった。また,音量に関しては,あまり期待できない。iPad mini 2 で接続した際に,本体の音量を最大にして,その上で,iPad mini 2 の音量も最大にしてようやく部屋で聴くのに丁度良い音量だった。また,重低音もあまり出ていない印象だ。しかし,通常の音楽鑑賞には十分耐えうる製品である。
 以上のことから,音量にはやや気になる点はあるが,デザインや機能はよくできた製品だ。

DSC00358.JPGDSC00363.JPGDSC00347.JPG
posted by J.HASE at 21:37| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

X-DRAGON 10000mAh ポータブル ソーラー充電器

 試供品を頂きました。10000mAh のモバイル・バッテリー。しかも,ソーラーパネル搭載で,太陽エネルギーでの充電が可能。さらに,フラッシュライトも搭載している。実際に製品を使ってみての感想としては,まずデザインが良い。大きさもちょうど手のひらに収まるサイズでちょうど良い。重量もそこまで重く感じないので,持ち運びも苦にならないだろう。感覚的には,自分のiPhone5 と同じが,それより少し重いくらいの感覚だ。実際の充電は,まったく問題ない。1Aと2.1Aの2つのUSB端子が搭載されている。その2つの端子の真ん中に,バッテリー充電用のmicroUSB端子が搭載されている。また,4つの青色LEDインジケーターが搭載されていて,現時点でのバッテリー残量を表示してくれる。このLEDは,とても大きくて見やすい。また,本製品を明るいところに置いておくと,ソーラーパネルから充電される。その際には,青色LEDが1番目から4番目へと順次点灯していく。しかし,ソーラーパネルは,あくまで予備的なものと考えた方が良い。取扱説明書にも「太陽エネルギーによる充電は緊急用で,普通の場合,電気による充電することをお勧めします」と書かれている。フラッシュライトについては,電源ボタンを長押しで点灯,さらに長押しすると,光が弱くなり,さらに長押しすると消灯する。光はそこまで強くないので,懐中電灯代わりになるほどではない。また,ソーラーパネル部分は,防水性のようだが,USB端子は剥き出しなので,製品全体が防水性があるわけでない。水没すると,確実に故障する。
 モバイル・バッテリーに,ソーラーパネルやフラッシュライトなどの,予備的な機能がついた製品だ。デザインも良く,価格も手頃なので,予備的な機能が付いていた方が,安心だといいう方には,お勧めの製品である。

DSC00301.JPGDSC00305.JPGDSC00294.JPG
posted by J.HASE at 11:30| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

That's ブルーレイディスク BD-R DL スピンドルケース10枚入 BR-V50WWP10BC

 約2年半前に購入したポータブルHDD(TOSHIBA Canvio Basics 1.5TB HDTB115JK3BA)の容量がいっぱいになってきたので,バックアップ用として本製品を購入した。最初は,30枚セットを買うことも検討したが,現時点でそこまで枚数は使わないし,しばらくしたら価格が下ることも考えて,今回は10枚を購入した。データの書き込みに関しては,以前から信頼しているメーカーなので問題はない。しかし,今回はデータを書き込む時点でエラーが出てしまった。原因は,ポータブルHDDとBlu-rayドライブを同じUSBハブで接続していたため。そのために,データの書き込み時にエラーが出てしまった。その後,それぞれをパソコン側のUSB端子に接続したら,エラーは出なかった。つまり,こちら側のミスだった。なので,製品に問題はない。1枚あたり200円ちょっとなので,何度も失敗すると,かなりショックが大きくなる。
 また,本製品を購入後考えたのだが,現時点では1万円ちょっと出すと3TBの外付けハードディスクを購入できる。ということは,本製品を5セット購入するとおよそ1万円と考えると,その全容量は,50GB✕50=2500GB。つまり,2.5TBにしかならない。しかも,ディスクなので,きっちり50GBのデータにすることは,現実的に不可能で,どうしてもデータに無駄が生じてしまう。そう考えると,PCデータの保存に関して言えば,もはやBlu-rayではなく,HDDの方が価格が割安ということになる。しかも,Blu-ray Disc の場合は,書き込みに時間もかかるし,ラベルには何を保存したのかをいちいち書いておかなければならない。そのような意味では,個人で使う分には,もはやBlu-ray Disc は使う意味がなくなってしまった。
 今後,大きな価格変動でもない限り,Blu-ray Disc を購入することは,個人的には意味がないという結論に達した。
posted by J.HASE at 12:55| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DBPOWER 13.3インチ ポータブルDVDプレーヤー

 試供品を頂きました。DVD は,主にパソコンで見ることが多く,プレーヤー単体の製品は所有していなかった。最近は,Blu-ray で映画を見ることがほとんどだが,本製品のような画面サイズであれば,DVDでも十分画質は良いのではないかと期待した。
 実際に製品が届いての感想としては,まず本体だが,外装がすべてプラスチック製なので,あまり高級感が感じられない。閉じた時の厚さも4cmくらいある。しかし,軽量である。そして,何より画面がきれいだ。音質もDVDプレーヤーとしては,普通である。正直,良い音とは言えない。画面サイズは,13.3インチと大きく,見やすい。ボタンに関しては,カチッ,カチッと押すと音がするようなタイプのボタンだ。また,ボタンの数が多く,最初はどれが何のボタンなのか,理解するのに少し苦労するだろう。しかし,慣れてしまえば,問題はなくなる。リモコンも付属している。リモコンは,単4電池2個必要だが,電池は付属していない。
 また,本製品のメリットとしては,バッテリーを内蔵している点である。ACアダプターも付属していて,充電もできる。手前下部分に,わかりにくい場所なのだが,インジケーターが搭載されていて,電源をONにしたり,ACアダプターを繋ぐとインジケーターが点灯する。実際に,映画や音楽CDを再生してみたが,問題なく再生できた。画面についての調整としては,SETUPボタンのSYSTEM のASPECT RATIOで,縦横比を変えられる。だから,映画やテレビ番組など,それぞれの画面に応じてそこを変えればよい。その他にも明暗や色合いなどいろいろと調整できるが,すべて英語なので,ある程度の英語力が必要だ。さらに,HDMI端子を搭載しているので,HDMIケーブルで液晶テレビと接続すれば,映像と音声が同時に出力される。これは大変便利だ。その際には,SETUPボタンを押し,VIDEOのVIDEO OUTPUT をHDMIにする必要がある。また,細かい話だが,SETUPボタンを押した時の挙動がややわかりずらい。一度FWDボタンを押すと右のメニューに移動するのだが,感覚的にはREVボタンを押すと左のメニューに戻ると直感的には思うが,実際はそうならない。元のメニューを選択するためには,もう一度SETUPボタンを押す必要があるのだ。この操作方法は,混乱を生じやすい。
 さらに,この製品には,SDスロットとUSBメモリスロットが付いている。まず,SDスロットなのだが,一般的に考えるとSDカードは,最後まで押しこむのが常識だが,本製品は,ほんの少ししか入らない。私は,最初無理に何度も押し込もうとしてしまった。この製品は,SDカードを少し入れただけで,読み書きができる。その中の画像や音楽データなどを再生することができる。USBメモリの場合も同様である。しかも,本製品は,CDから,USBメモリに曲をコピーすることができる。方法は,COPYボタンを押すのが,一番わかりやすいだろう。しかし,このとき画面はすべて英語なので注意が必要だ。
 そして,本製品にはゲームとコントローラーが付属している。コントローラーをUSB接続して,ゲーム用のDVD-ROMを入れると,ゲームが起動する。内容としては,昔のファミコン程度のゲームで,正直かなり時代遅れのゲームばかりだ。昔を懐かしむには,良いかもしれない。さらに,車載電源用のケーブルや,テレビ出力用のアナログ・ケーブルも付属している。他にも画面が180度回転するなど,とにかく多機能である。
 携帯できる大画面のDVDプレーヤーが欲しいという方には,お勧めの商品である。ただし,メニューは,すべて英語表記なので注意が必要だ。

DSC00228.JPGDSC00236.JPGDSC00244.JPG
posted by J.HASE at 12:02| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

DBPOWER 7.5インチ ポータブルDVDプレーヤー

 試供品を頂きました。DVD は,主にパソコンで見ることが多く,プレーヤー単体の製品は所有していなかった。最近は,Blu-ray で映画を見ることがほとんどだが,本製品のような画面サイズであれば,DVDでも十分画質は良いのではないかと期待した。
 実際に製品が届いての感想としては,まず本体だが,外装がすべてプラスチック製なので,あまり高級感が感じられない。しかし,その分軽量である。そして,何より画面がきれいだ。音質も小型のDVDプレーヤーとしては,普通である。正直,良い音とは言えない。画面サイズも,7.5インチは,個人的には小さく感じられる。よほど狭い場所での鑑賞が目的ない限りは,もう少し大きいほうが画面の迫力や音質が良くなるのではないかと感じた。ボタンに関しても,カチッ,カチッと押すと音がするようなタイプのボタンで,ある程度力が必要だ。また,ボタンの数も多く,最初はどれが何のボタンなのか,理解するのに少し苦労するだろう。しかし,慣れてしまえば,問題はなくなる。リモコンも付属していて,反応は良好だった。リモコンのほうがボタンが押しやすいので,リモコンから主に操作するというのも手だ。ちなみに,リモコンは,単4電池2個必要だが,電池は付属していない。
 また,本製品のメリットとしては,バッテリーを内蔵している点である。ACアダプターも付属していて,充電もできる。手前下部分に,わかりにくい場所なのだが,インジケーターが搭載されていて,電源をONにしたり,ACアダプターを繋ぐとインジケーターが点灯する。実際に,映画や音楽CDを再生してみたが,問題なく再生できた。画面についての調整としては,SETUPボタンのSYSTEM SETUPのTV Typeで,縦横比を変えられる。だから,映画やテレビ番組など,それぞれの画面に応じてそこを変えればよい。その他にも明暗や色合いなどいろいろと調整できるが,すべて英語なので,ある程度の英語力が必要だ。さらに,とても面白いと感心した機能としては,CDのキーを変えられる機能だ。CDを入れて,SETUPボタンを押し,AUDIO SETUPのKEYで,+6〜−6までキーを上下できる。これを使うと,普段聴いていたCDが,とても新鮮に聞こえる。カラオケの練習などにも良いかもしれない。
 さらに,この製品には,SDスロットとUSBメモリスロットが付いている。まず,SDスロットなのだが,一般的に考えるとSDカードは,最後まで押しこむのが常識だが,本製品は,ほんの少ししか入らない。私は,最初無理に何度も押し込もうとしてしまった。この製品は,SDカードを少し入れただけで,読み書きができる。その中の画像や音楽データなどを再生することができる。USBメモリの場合も同様である。しかも,本製品は,CDから,USBメモリに曲をコピーすることができる。方法は,リモコンのCOPYボタンを押すのが,一番わかりやすいだろう。しかし,このときも画面はすべて英語だ。
 そして,本製品にはゲームとコントローラーが付属している。コントローラーをUSB接続して,ゲーム用のDVD-ROMを入れると,ゲームが起動する。内容としては,昔のファミコン程度のゲームで,正直かなり時代遅れのゲームばかりだ。昔を懐かしむには,良いかもしれない。さらに,車載電源用のケーブルや,テレビ出力用のケーブルも付属している。これはアナログ・ケーブルだ。本製品には,アナログの映像出入力端子が搭載されている。HDMI端子は搭載されていない。他にも画面が180度回転するなど,とにかく多機能である。
 携帯性を重視して,手頃な価格帯でDVDを楽しみたいという方には,お勧めの商品である。ただし,メニューは,すべて英語表記なので注意が必要だ。

DSC00185.JPGDSC00189.JPGDSC00199.JPG
posted by J.HASE at 06:52| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N

 データ保存用として購入。2年半前に1.5TBのポータブルHDD を買い,1年半前にnasne 1TB を購入してきた。今回は,1.5TB のポータブルHDDが,ほぼいっぱいになってしまったため,新しい保存用HDD として本製品を購入した。最初は,前回同様ポータブルHDD を購入するつもりだった。ポータブルHDD は,電源が必要ないので設置に便利だからだ。しかし,現在ポータブルHDDの価格は,1万円で2TBが相場。電源付きの外付けHDDなら,1万円で3TBが購入できた。つまり,電源付きのHDDは,ポータブルHDDと比べて,同じ価格帯で容量が1.5倍ある。私の場合,HDDは,自宅の机にずっと置きっぱなしなので,そこまでサイズにこだわる必要もない。電源もなんとか確保できる。そこで,本製品を購入することにした。
 実際に製品が届いての感想としては,やはり,サイズと重さがそれなりにある。例えると,辞書程度の重さとサイズだ。しかし,音はとても静かで,ノートパソコン(VAIO Pro 11)の隣に置いていても,全然うるさくない。もちろん,アクセスする際にはある程度音がするが,常時音がするわけではないので,あまり気にならない。だから,静音性という点では,とても満足している。また,1万円ちょっとという価格帯で,3TBもの大容量というのも素晴らしい。それから,HDDの中には,「DOWNLOAD_PAGE.exe」というファイルがあり,それをクリックすると,マニュアルのPDFや,ソフトウェアがダウンロードできるという仕組みになっている。以上から,基本的な機能は,十分に網羅されている製品といえる。
 デザイン,価格帯,静音性のすべてのバランスが取れた良い製品である。
posted by J.HASE at 04:56| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

Edy Viewerを使って,Edyカードにチャージしました。

 電子マネーとして便利に使っているEdyカード。しかし,これまで,そのチャージ方法は,スーパーにあるチャージ機に現金を入金するというものだった。もちろん,現金チャージであっても,そのEdyカードを使えば,楽天のポイントが付いたり,ANAのマイルが貯まったりと,メリットはある。しかし,クレジットカードからチャージできれば,お金を銀行から下ろしたり,Edyカードに入金したりする手間が省けるし,クレジットカード自体のポイントも貯まる。もう10年くらい前の話だが,VAIOを購入した際に特典でついてきたパソリ(RC-S320)も持っていて,ハード的には,チャージできる状況である。だから,これまで何度もEdy Viewerでの入金を試していた。しかし,私が持っているイオンのスイカ対応のクレジットカードでは,登録の際にエラーが出てしまい,そのため,ネットからチャージができなかった。
 しかし,今回海外に行く際に作った新しいクレジットカードでEdy Viewerに登録してみたら,見事登録できたわーい(嬉しい顔)。登録した翌日の正午から,Edyカードにチャージできるとのことで,早速試してみた。そうすると,1,000円から25,000円まで,1,000円単位でチャージができた。素晴らしい!これで,今後は自宅からEdyにチャージできる。これまでの問題は,パソリの問題ではなく,イオンのクレジットカードの方に問題があったようだ。危うく,5,000円もする最新型のパソリを購入するところだった。そんな必要はなかったのだ。楽天EdyカードもANAのEdy対応カードも両方とも,新しいクレジットカードを登録できた。
 これでまた,生活水準のレベルが上がったひらめき。ちなみに,Edy Viewerは,Internet Explorer でしか使えない。Firefoxへの対応を強く望みたい。
posted by J.HASE at 10:11| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

ポータブルHDDをフォーマットする方法

 長年使ってきたポータブルHDDを手放すことにした。そのために,HDDをフォーマットしたのだが,これが結構面倒だったので,備忘録としてここに書いておく。
 まず,Windowsの通常フォーマットでは,中のデータを復元されてしまう可能性があるので,HDD本体を物理フォマットする必要があった。そのために使ったソフトが,BUFFALOの「DISK FORMATTER(DF-208)」というソフト。これを使うことで,HDDを物理フォーマットすることができる。このソフトで物理フォーマットしようとすろt,「80GBあたり約30時間かかる」というダイアログが出て,かなり焦るが,ネットなどで調べてみると,そんなにはかからないらしい。実際にやってみると,約3時間程度で終了した。ソフト自体が,2009年製であることから,所要時間にはかなり差があるようだ。物理フォーマットが終了したら,今度は「コントロールパネル−管理ツールー記憶域ーディスク管理」を選んで,先ほどフォーマットしたHDD上で右クリックして,フォーマットすると,Windowsで認識できるHDDが完成する。
 それから,HDDをnasneで認識させるようにフォーマットもしたので,それも書いておく。nasneに外付けHDDを接続する場合,そのHDDは,FAT32でフォーマットされていなければならない。そうでなければ,nasneにHDDをUSB接続しても,nasneホームのハードディスク管理に「未接続」と表示されて,何もできない。HDDをFAT32でフォーマットするには,その名も「Fat32Formatter1.1」というソフトを使った。これを使い,HDDをFAT32でフォーマットして,nasneに接続すると,無事に認識され,登録することができた。nasneに登録されてHDDは,「share2」というフォルダで表示される。このHDDには,録画したテレビ番組も保存されるようだ。
Disk Formatter 物理フォーマット(ローレベルフォーマット)
posted by J.HASE at 04:47| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

iPad Mini 1/2/3防水ケース 防塵 耐衝撃 IP68防水等級(2m深さまで)

 試供品を頂きました。iPad mini 2 を所有していて,これまでソフトビニールのケースを付けている程度だった。主に自宅で使用していたので,特に問題はなかった。今回,本製品を頂いたので,試しに使ってみた。
 実際に使っての感想としては,思った以上に素晴らしい製品であった。材質はプラスチックで軽い。カチッ,カチッとプラスチックを表と裏から挟んでいくような形で取り付けていく。取り付けにはある程度の力が必要だが,特に問題にはならないだろう。そして,まず見た目だが,男性の私から見て,とても格好良いと感じた。白と黒のコントラストがとても美しく,上側は透明素材になっていて,ちゃんとアップルのロゴも見える。もちろん,前後のカメラもしっかり使える。基本的な使用に関しては,問題なく使用できる。画面も装着以前と変わらない印象だ。イヤホン・ジャックやライトニング・コネクタについては,フタを外して接続できる。私の場合は,イヤホンはほとんど使わないから問題ない。ライトニング・コネクタは,少し面倒にはなるが,それが問題という程ではない。感心したのは,回転ON/OFFのスライドボタンだ。これもちゃんと機能する。プラスチックの出っ張った部分を回転させるようにスライドさせればよい。また,ストラップが2箇所取り付けられるようになっていて,iPad mini を肩からかけることができる。さらに,カバーも取り付けることができる。ストラップは付属するが,カバーは付属しない。
 実際に,風呂場で使ってみたが,まったく問題なかった。これなら,風呂場でネットや読書という新しい体験ができる。耐水性のBluetoothスピーカーを使えば,風呂場で音楽を聴いたり,テレビを見たりすることもできる。もちろん,屋外に持ち出しても,その耐久性から,かなり安心してiPad mini を使うことができるだろう。正直,半信半疑で使ってみたが,とても気に入ったので個人的には常時使用するつもりだ。風呂場で自由にiPad mini が使えるようになるというのが,個人的には大きなメリットになった。
 風呂場での使用やアウトドアでの使用を考えている方には,是非お勧めする商品だ。
DSC00049.JPGDSC00047.JPGDSC00051.JPG
posted by J.HASE at 09:31| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

SoundPEATS Q6 Bluetooth ワイヤレスイヤホン (black/red)

 試供品を頂きました。現在,「SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH20/B ブラック」を使って,iPhone5 で音楽を聴くことが多い。本製品は,イヤホン単体で Bluetooth 接続できる仕様となっており,大変興味を持った。
 実際に使用しての感想としては,まずデザインが素晴らしい。赤と黒の配色は,とてもお洒落だ。まあ,R側の銀色のカバーは,取り外すとMicroUSB端子となっており,そこにケーブルを接続して充電することができる。

操作方法としては,次の通りである。
1.本体の赤井コントローラーの「■」を8秒程度長押しするとペアリング・モードになる。このとき,R側に搭載されているLEDが赤と青に点滅する。
2.iPhone などのスマホ側のBluetooth設定で,「Q6」と表示される機器をペアリングする。

 これでペアリングは,完了である。電源のON/OFFは,「■」を4秒程度長押しすればよい。一度ペアリングすれば,再度設定する必要はない。これは,通常のBluetooth製品と同じ仕様である。電源ONのときは,R側のLEDが青く点滅する。LEDは,とても小さいので,実際に音楽を聴いている時は,気にならないし,周囲からも見えない。なお,L側には,LEDはない。
 音質に関しては,SBH20と比較して重低音が強めに感じた。「ここまで重低音が出て,すごい」と思うか「ズンズンとうるさい」と思うかは,使用者の感覚次第だろう。しかし,決して聴きづらいわけではない。標準的だ。また,本体がとても軽い。バッテリー内蔵でこの重量は,驚きだ。サイズも小さく,フィット感も良い。これなら,長時間装着していても,嫌にならない。そして,本体には,「左向き三角1」「■」「右向き三角1」のボタンがあり,再生/停止,音量大(曲送り),音量小(曲戻し)ができる。曲送り・曲戻しの場合は,長押しすることになる。iPhoneなどを鞄にしまっているときに,手元で操作できるのはとても便利だ。iPhone5,iPad mini 2で試したが,どちらもまったく問題なく使用できた。全体を通して,特に驚いたのはフィット感で,多くのイヤーピースが付属しているが,私の場合は標準のものできっちりと耳にフィットした。
 デザイン,価格帯,音質のすべてがバランスが良い。しかも,Bluetooth接続なので,持ち運びにも便利だし,手軽に音楽を聴くことができる。かなりお勧めの商品である。

DSC00026.JPGDSC00037.JPGDSC00040.JPG
posted by J.HASE at 11:38| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする