2015年04月21日

Aukey 大容量モバイルバッテリー10000mAh「Quick Charge 2.0」対応 PB-T1

 試供品を頂いた。まず,製品はコンパクトな箱に入れて到着。付属品として,microUSBケーブルが同梱されていた。表面は,金属で加工されていて,やや重いが,頑丈だ。少しザラザラしていて,滑りにくくなっている。また,側面にinput用のmicroUSB端子と,output用のUSB端子が1つずつ搭載されているというシンプルな構造。その端子の横に4つの青色LEDインジケータがあり,バッテリーの残量を示してくれる。USB端子にiPhone 5を繋ぎ,側面の丸ボタンを押すと,充電開始。iPhone 5 は,Quick Charge には対応していないようなだが,普通に充電できる。反対側の面には,特に何もない。取扱説明書は,英語だけかと思ったが,36ページ目から日本語が書かれていて,日本語に対応している。
 本製品は,とてもシンプルな構造なので,使用に迷うことはない。出張などで,長時間充電できないなどという方には,1台もっておいて損はないだろう。価格は,他社とほとんど変わらないので,最終的には,デザインなどの好みで選べばよいだろう。
posted by J.HASE at 01:32| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

Soundpests スポーツヘッドセット スポーツイヤホンヘッドホン 防水 QY7

 モニターとしてレビューします。現在,「SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH20/B ブラック」を使っていて,特に問題はなかったのだが,外出で別の鞄を使う際に,SBH20も毎回取り出さなければならず,少々面倒だった。そのため,もう1台Bluetooth対応のイヤホンがあると便利だと思い,本製品を使わせてもらうことにした。
 製品が届いて,まず驚いたのは付属品の多さ。イヤーパッドは,大中小の3種類,耳の中にひっかけるゴムも3種類付属している。ちなみに,取り替える際には,ゴムを引っ張って取り替える。残念ながら,説明書が英語なので,そのあたりは感覚的に理解した。また,最初は取り付け方にもかなり戸惑った。ロゴの向きなどから考えると,商品の写真にあるような上下関係のようだ。コードは下向きに垂らして,首の後ろを回す感じだ。この取り付け方が,自分には一番しっくりときた。取り付けの際には,イヤーパッドを耳に入れ,上に出ているゴムを耳の中に押し込む感じだ。そうすると,かなりフィットする。iPhone5 とiPad mini 2で動作を確認した。操作方法は,次の通りだ。
1.右耳の「QCY」のロゴを3秒押すと,「Power On」という女性の声が聞こえ,電源が入る。
※5秒押すと,ペアリング・モードとなり,ロゴが青赤で交互に点滅する。そして,スマホ側のBluetoothをオンにすると,接続される
2.スマホ側のBluetoothをオンにして,QY7というデバイスを選べば,「Connected」という女性の声が聞こえ,接続される。
3.QY7の「+」と「−」で音量調整が可能。また,ロゴを押すと,再生・停止も可能。
4.QY7の「+」を1秒以上押すと曲送り,「−」を1秒以上押すと曲戻り。
5.右耳の「QCY」のロゴを3秒押すと,「Power Off」という女性の声が聞こえ,電源がキレる。
※充電は,付属のmicroUSBケーブルを接続する。

 以上である。日本語の説明書がないのが,残念な点ではあるが,一度使い方を理解すると,とても使いやすいと感じた。また,どちらが右耳用,左耳用なのか,明記されていなかったので,本体に「R」「L」などの表記をしてほしかった。そして,英語の取扱説明書には,装着したときの図が一切なかったので,その辺の視覚的な説明もほしかった。さらに,デザインについても,白やシルバーのモデルが欲しい。いろいろと要望したいことはあるが,性能,音質,装着感など,どれを取ってもよくできていて感心した。また,値段の高い日本製品に比べて,本製品はとてもリーズナブルで,音質面でも大きな差はないと感じられた。また,コードも帯状になっており,絡まりにくく,よく考えられている。とくにブランドにこだわらず,安くて性能の高い商品を使いたいという方には,お勧めである。
posted by J.HASE at 16:27| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする