2015年03月24日

Aukey Bluetoothステレオオーディオレシーバー BR-C1(ブラック)

 モニターとしてレビューします。これまで,「SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH20/B ブラック」を使用していて,特に問題はなかった。しかし,普段とは違う鞄で外出する際は,毎回イヤホンとSBH20を移し替えていた。Bluetoothレシーバーがもう1個あると,移し替える手間が省けて便利なので,Bluetoothレシーバーを購入する予定だった。そんなときに,本製品を試用させてもらうことができた。
 まず,本製品の大きさなのだが,かなり大きい。正方形の1辺の長さが5.5cm近くある。厚さも1.5cmくらいある。正直言って,コンパクトとは言えない。SBH20と比べても,かなり差がある。それにまず驚いた。しかし,ポケットには入るサイズなので,持ち運ぶことは可能だ。しかし,コンセプトとしては,スピーカーやコンポに接続することを想定しているようで,底面には滑り止めの加工がされている。また,コネクタは,Audio OutとDC inのみ。必要最小限だ。イヤホンは付属していないが,これまで自分で使用していたものを使うので問題ない。そして,ケーブルが3つも付属している。オーディオ・ケーブル2本とUSBケーブルだ。オーディオ・ケーブルは,ミニ・プラグのものと,RCAに変換できるものの2つだ。これは,本製品を使って,Bluetoothに対応していないコンポやスピーカーに出力することを想定しているためだろう。ボタンも,1つだけというシンプルさ。長押しすれば,電源のオン・オフ,電源オンのときに押せば,再生・停止をコントロールできる。しかし,音量調整や曲送り,曲戻しは,本体からはできない。しかし,スマホにBluetooth接続していれば,スマホから操作できるので,特に問題はない。そして,接続については,他のBluetooth機器同様,すぐに接続できた。音質に関しては,まったく問題ない。個人的には良い方の部類に入ると感じた。SBH20と比較したとき,低音はやや弱かったが,その分,中高音域の音はクリアで,一つひとつの音がはっきりと聞こえた。音質については,完全に好みだと思われる。音にこだわる人は,実際に聞き比べた方が良いだろう。しかし,そこまで音質にこだわらないならば,十分素晴らしい音質だと言える。
 サイズが少し大きめなので,持ち運ぶにはやや不便だが,Bluetoothレシーバーとして,スピーカーやコンポに繋ぐ場合は,逆に安定感があって,扱いやすい。自分の使う用途をよく考えて購入することをお勧めする。
posted by J.HASE at 22:39| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

Aukey ポータブルBluetoothスピーカー ワイヤレススピーカー SK-G7

 モニターとしてレビューします。これまで,「SONY SRS-X1-W」を使用していて,概ね満足していた。今回,同じカテゴリーの本製品を試用させてもらうことになった。SONY SRS-X1-W は,音質はさすがSONYという感じで素晴らしいのだが,本体が丸く転がりやすく,電源ランプが下部に付いており,床に置いて使うときに確認しづらかったり,音量を上げると机上で少しずつ動き出すなど,いくつかの問題点があった。そこで,本製品を使ってみて,問題なければこちらをメインに使いたいと考えた。したがって,SRS-X1との比較を中心に行った。
 実際に製品を使用してみての感想としては,まずデザイン。スター・ウォーズのダース・ベイダーのようなデザインは,好みが分かれるところだ。私も個人的には,あまり好感はしていなかった。しかし,実際の製品を見てみると,少し印象が変わった。まず,製品自体が金属でできているので,適度な重量感があり,どっしりとしている。表面は,とても黒く輝いており,オブジェのようにも見える。また,底面の円柱がちょうど台座のような格好になっており,見方によっては,上部の四面体が宙に浮いているように見えてオシャレだ。底面の円柱部分に再生,早送り・巻き戻し,音量調整ボタンがあるが,Bluetoothで接続する場合は,本体側からコントロールできるので,使わない。そして,底面に電源スイッチがあり,電源を入れて,Bluetooth接続すると,「Connected!!」と男性の声がするので,ちょっとビックリする。ロゴの下にLEDがあり,通常は青く点灯する。使っていないときは消灯し,再び使用すると点灯する。だから,毎回電源を入れ直す必要がない。これはとても便利だ。SONY SRS-X1の場合,LEDが点灯したままだったので,どうしても「電源を切らないと」という気になってしまい,いちいち電源を切っていて面倒だった。また,音質については,十分素晴らしい。SRS-X1のように,音量を上げると動き出すということもない。しかし,低音を比較したとき,確実にSRS-X1の方が迫力があった。また,個人的な感想としては,SRS-X1の方がバランスが良かった。AUKEYの方は,全体的にEQが上がっているような感覚で,逆にそれが良いという人もいるかもしれないが,個人的には,SRS-X1の方が好みだった。それでも,普通に音楽を聴く分には,まったく損傷ない。よく聴くと違いがわかるというレベルだ。SRS-X1と比べて,NFCなどはないが,LEDが自動消灯するなど,よく考えられた設計になっている。スマホでのハンズフリー通話にも対応しているし,AUXも付いている。価格も5,000円を切っているので,かなりリーズナブルである。それなりの音質で,リーズナブルなBluetoothスピーカーを探している人には,お勧めの商品だ。
posted by J.HASE at 00:12| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

ヤマハ NS-BP200(BP) スピーカーパッケージ (2台1組) ピアノブラック

 21年振りのスピーカー購入。これまでPanasonicのミニコンポ(SC-CH350)のスピーカーを使用していた。カセット・CDプレーヤーは,10年前くらいに壊れて動かなくなっていた。しかし,アンプ部分は問題なく使用できたので,新しいものを購入する必要も感じなかった。しかし,新しいアンプ(TEAC Reference 301 プリメインアンプ Bluetooth/USB/DAC搭載 シルバー AI-301DA-S)を購入し,音質が格段に向上したため,それに見合うスピーカーが欲しくなり,いろいろと探していた。当初は,同じメーカーのスピーカー(TEAC LS-301-B Reference 301 同軸2ウェイスピーカー ハイレゾ音源対応 ブラック)を購入するつもりでいたのだが,本製品の評価が極めて高く,しかも価格が他のスピーカーよりもリーズナブルだったため,まず本製品を購入してみて,納得できなかったら,改めて購入し直すつもりだった。というのも,Panasonicのミニコンポも購入時は6万円程度したため,スピーカーの性能もそれなりに高いと感じていたからだ。それに対して,本製品は価格が1万円を切っており,そのようなスピーカーで本当に納得のできる音が出るのかが,とても心配だった。
 実際に製品が届いてからの感想としては,「素晴らしい」のひと言。まずサイズは,こちらの予想通りの大きさで,正面からみると小さめだが,やや奥行きがある。しかし,私の場合は,奥行き45cmのラックに丁度良い具合に入った。正面の2WAYスピーカーがいかにも「スピーカー」という雰囲気で,申し分ない。カバーは,デザインが好みではないので付けていない。側面の仕上げは,とても美しい。まさに,グランドピアノ・メーカーのYAMAHAならではの,上品な作りだ。鏡のように光を反射する。触るのがもったいなく感じられるくらいだ。そして,音質だが,こちらも本当に1万円を切るスピーカーなのかというくらい素晴らしい。特に,個人的には,金属音の響きがとてもリアルに感じられた。また,アコギの音もリアルだし,ボーカルも目を閉じれば,目の前で歌っているのかと錯覚してしまうほどだ。多くの人達が,このスピーカーを絶賛している理由がよくわかった。YAMAHAといえば,私自身シンセサイザーを2台購入するなど,いろいろとお世話になっている。このスピーカーに関しても,素晴らしい仕事をしている。さすが日本を代表する楽器メーカーである。
 ちなみに,アンプとの接続にはバナナ・プラグは使わなかった。このスピーカーに限らず,バナナ・プラグを使うと音質が落ちるようだ。頻繁にスピーカーを繋ぎ替えるのでなければ,バナナ・プラグは使わない方が良いだろう。
posted by J.HASE at 15:15| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

Ugreen プレミアムマイクロUSB2.0オス to Aオス

 モニターとしてレビューします。長さ1mのものを試供品として使用しました。SONY SRS-X1を充電するためのケーブルとして使用。両端のコネクタのつくりはしっかりしており,サイズも他の市販品と大差はない。実際にSRS-X1を充電してみたが,問題なく充電できた。本製品のようなUSBケーブルは,やはり日本メーカーの製品が安心だが,価格がネックとなる。本製品は,中国製だが使用に問題はなかった。日本メーカーの製品よりも価格が安いので,購入を検討する価値はあるだろう。
posted by J.HASE at 14:37| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GENTOS(ジェントス) 閃 325 【明るさ150ルーメン/実用点灯10時間】 SG-325

 当初は,看板を照らす照明代わりとして購入した。「ヤザワ どっちもクリップ 強A3タイプ CLW3」を購入し,それで看板と本製品を固定し,夜間に照明代わりに使っていた。製品自体は,サイズがとても小さく,片手で充分握れる大きさ。また,明るさも明るく,懐中電灯代わりとして充分に使える。というか,これを使ってしまうと,通常のプラスチック製の安い懐中電灯は,使う気になれない。電池は,単四電池3本を使用。実用点灯10時間とのことなので,電池を頻繁に交換する必要はないだろう。電球側を回すことにより,照射面積を変えることができる。目的に応じて,自由に変えることができるのが便利だ。また,ストラップも付属しており,気軽に持ち運ぶこともできる。ライトと反対側の底面積部分に大きなオレンジ色のボタンがあり,それを押すことで点灯・消灯を切り替えることができる。
 様々な用途に使うことができ,デザイン,サイズも素晴らしい。価格もお手頃なので,おすすめの商品である。
posted by J.HASE at 14:19| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

OSAN ipad mini2/with Retina スマートカバー オレンジ SA007-B

 モニターとしてレビューします。iPad mini 2 を持っていて,これまでクリアケースで背面のみをカバーしていた。最近,電子書籍をiPad mini で読むようになり,電車の中や出先で電子書籍が読みたくなった。それで蓋のついたケースが便利だと思い,本製品を試供品として使わせて頂いた。
 製品を使ってみての感想としては,価格相応だと感じた。背面のケースはプラスチックで,高級感はあまりないが,iPad mini本体を保護するためには,十分な強度だ。半透明になっていて,アップルのロゴも薄く透けて見える。蓋に関しても,作りはしっかりしていて,純正品のように3つに折り曲げて,スタンドとして使用することもできる。スタンドにしたときも,安定度は高く,少々のことでは倒れない。また,背面カバーと蓋を繋ぐための軸が,金属でできており,その素材もiPad mini と同じ質感なので,違和感がない。またこの金属の軸があることで,スタンドとして使ったときの安定度を高めている。さらに,軸には磁石が内蔵されており,蓋の開閉により,iPad mini のスリープのオン・オフが自動で行われる。さらに。スタイラス・ペンも付属しており,操作は良好。試しに「手書きメモ for iPad」というアプリをスタイラスで使ってみたが,鉛筆で文字を書いている感覚にかなり近い感覚が得られた。本製品には,さらにディスプレイ用の保護シートも付属している。
 高級感は,正直あまりないかもしれないが,この価格帯で,iPad mini を保護するすべてのツールが入っているのは,かなりリーズナブルであると言える。好みの色を選んで使えば,かなり満足感が得られる商品だ。
posted by J.HASE at 13:22| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする