2015年01月31日

人感 LED ガイドライト 人を感知し照明がつく 自動点灯 赤外線人感センサー 防犯にも ★ ShirayukiHIME

 店舗の看板用の照明として購入。しかし,横に貼り付けたときに,真下を照らすことができず,本来の目的での使用は諦めた。製品自体は,人感センサーライトとして,充分に機能を果たしてくれる。本体にはスイッチが付いているが,人感センサーと常用灯の切り替えスイッチのようだ。取扱説明書なども入っていなかったので,正確なところはわからない。オン・オフのスイッチではないようだ。本体裏側には,強力な磁石が2個付いていて,それで壁やドアなどの金属表面に磁力で付けることができる。また,両面テープの付いた帯状の磁石も付属していて,それを壁に貼って取り付けることもできる。明るさは,とても明るく,台所にあるような蛍光灯よりも少し弱い光という程度だ。私は,玄関のドアの上に設置して,門灯代わりに使用している。明暗センサーも搭載しているようで,周囲が明るいと点灯しない。基本的な機能はすべて搭載されていて,よくできた製品だ。なお,単4電池4本を使用するが,電池は付属していない。
posted by J.HASE at 13:51| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

 iMac で使用してる。表面はアルミニウムでできていて,とてもシンプルで軽い。必要十分な洗練されたキーボードだ。iMac との接続も問題なく,一度も接続が切れたことはない。反応も速く,まるでケーブルで繋がっているかのような錯覚さえ受ける。左側に電池を入れるスペースがあり,蓋を外すと,単3電池2本が入るようになっている。右側は電源ボタンになっている。ファンクションボタンは,F1,F2が輝度調整,F3がLaunchpad,F4がLaunchpad,F7〜F8が曲戻し,再生/停止,曲送り,F10,F11が音量調整となっている。MacOS Xを操作する上で役に立つ機能が割り当てられている。そして,何よりもそのデザイン性の高さ。iMac,キーボード,マウスと並べて使うことで,とてもデザイン性の高い環境を構築できる。もちろん,その機能性も充分なので,何も言うことはない。しかし,敢えて希望を言うとすれば,是非ワイヤレス・テンキーを作って欲しい。現在は,「iBUFFALO テンキーボード Mac用 USB接続 スリム 独立キー シルバー BSTK08MSV」を使っているが,プラスチック製で,高級感がない。是非,純正のワイヤレス・テンキーを作って欲しい。
posted by J.HASE at 22:58| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

サンワダイレクト 液晶モニターアーム 水平3関節アーム ブラック 100-LA008

 iMac 2014のVESAモデルを購入したので,そのモニターアームとして購入。当初,100-LA018 を購入する予定で合ったが,どこのサイトも在庫切れで,当分入荷の予定がなかったため,結果として本製品を購入することになった。製品が届いてまず,それを取り付けなければいけないのだが,私の場合は,ラックの中段のスペースに取り付ける予定だった。そして,そこでまず問題が発生した。それは,製品の高さが60cmあり,ラックに収まりきらなかったのだ。このときは,本当に100-LA018 を購入すればよかったと後悔した。しかし,実際に商品を取り付けてから,再度100-LA018を購入するかどうするか検討することにした。
 まず,ラックの高さを調整し直して,それに合うように他のものも配置換えした。そして,iMac 2014を設置。設置は無事に完了。アームとiMac本体をネジで固定する際に,少し手間取ったが,それ以外は問題なく取り付けることができた。モニターアームは,とても頑丈で,少々のことではグラグラしない。本当に,「固定されている」といった感覚がある。見た目よりも,かなり安定している。しかも,手でモニタを持つと,手前に持ってきたり,左右に動かすことも可能。上下に向きを変えることもできるし,画面を回転させることもできる。まったく,力なしで動かせるわけではないが,そこまで必要な力が必要な訳ではない。そういう意味で,力のバランスは,とてもよく取れていると感じた。
 本製品を取り付けてから3ヶ月が経過したが,結果としては何の問題もない。購入当初こそ,取り付けに若干の手間がかかったが,それ以降は,まったく問題ない。むしろ,100-LA018 よりも価格の安いこちらを購入して正解だったと感じるほどだ。今は,100-LA018 に買い換える気もまったくない。そして,モニターアームとして,十分な役割を果たしてくれている。
posted by J.HASE at 23:06| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

Apple Magic Mouse MB829J/A

 iMac 2014(MacOS X Yosemite) で使用している。アップル純正のマウスと言うことで,操作性はとてもよく考えられている。一見すると表面にボタンは見えないが,左クリックだけでなく,右クリックもできる。右クリックを有効にするためには,「システム環境設定」の「マウス」で「副ボタンのクリック」をオンにする必要がある。左利きのために,左右のクリックを入れ替えることも可能。また,スクロールは,初期設定ではWindows と逆に動く。しかし,iPhoneやiPadなどのタッチ操作に慣れている場合は,すぐに慣れるだろう。私も最初はかなり違和感があったが,1週間も使用していると慣れてしまった。スクロールの方向は「システム環境設定」の「マウス」で「ナチュラル」を無効にすれば,従来のスクロール方向にすることもできる。そして,一本指で表面を左右にスワイプすると,ブラウザの「戻る」「進む」ができる。これがとても便利だ。また,大きな画像であれば,左右に動かすこともできる。大変便利。そして,2本指で左右にスワイプすると,フルスクリーンアプリケーション間を移動できる。これを使えば,ダッシュボードにも素早くアクセスができる。そして,2本指でダブルクリックすると,Mission Controlを開くことができる。しかし,私の場合は,2本指ダブルクリックは,誤操作してしまうことが多く,無効にしている。また,1本指でダブルクリックするとブラウザのページを拡大できるのだが,これも誤操作してしまうので無効にしている。秀逸なのは,これらすべての操作を,一つひとつ有効・無効にできる点だ。これにより,自分に最も合った設定にすることができる。同じMac,同じMouseでも,人によって使い方は千差万別。だから,その人に合ったマウスの設定ができるというのは,コンピュータを使用する上では,基本中の基本だ。そのような点では,このマウスはかなりよくできている。残念点としては,デザインが優先されているという感が否めない点だ。マウス自体が,とても平べったく掴みにくい。大きさは丁度良いのだが,もう少し高さがあって卵形をしていれば,より安定度が増したのではないだろうか。
posted by J.HASE at 17:53| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

EC Technologyレジスタードマーク 4000DPI 光学式ゲーミングマウス

 モニターとしてレビューします。普段は,VAIOのBluetoothマウス(VGP-BMS20)をVAIO Pro 11(Windows8.1)で,またApple Magic MouseをiMac2014(MacOS X Yosemite)で使用している。したがって,それらとの比較になる。まず,本体のデザインについてだが,個人的には一般的なマウスに近く,落ち着いていて良い。持ったときの感触もとても良い。材質も安っぽくなく,しっかりとした樹脂でできている。右手で持ったときの親指の部分には,「戻る」「進む」ボタンがあり,位置が絶妙。実際にIEやFirefoxで使ってみたが,問題なく機能した。これは,他のマウスにも搭載して欲しいボタンだ。中央にはDPIというボタンがあり,これを押すたびにマウスのDPIと,LEDの色が変わる。色は,赤,緑,青,ピンクの4色で,それぞれのDPIは,800/1600/3200/4000DPIとなっている。DPI の数値が大きくなるとマウスの感度は高くなり,ポインターの速度が速くなる。DPI の数値を変更すると,ゲームでの照準合わせや写真編集など,正確性が求められる作業用にポインターの速度を簡単に調整できる。このDPIの設定を瞬時に変更できるという点が,このマウスの最大の特徴と言える。また,それをLEDの色で瞬時に確認できるのも,それを必要とする人にとっては,とても役に立つ機能だ。さらに,ケーブルも丈夫な材質でできており,それらを束ねるバンドも着いていて気が利いている。また,製品にドライバは付属していないが,USB接続するとすぐに認識され,Windows8.1,MacOS Yosemiteの両方とも使用できた。しかし,MacOS Xでは,「戻る」「進む」ボタンは機能しなかった。
 それから,個人的に残念だった点は,まずLEDが常時点滅すること。点滅の仕方は,ゆっくりで蛍のように点滅するので,そこまで気にならないが,点灯したままの状態に設定変更できるようにして欲しい。ドライバをEC Technologyのウェブサイトで探したのだが,見つからなかった。また,クリック音は,「カチッ,カチッ」というやや高音で,安っぽい感じがした。しかし,これは好みの問題かもしれない。
 総合的に見ると,やはりDPIの変更がボタン一つでできるというのが最大の特徴だ。個人的には,価格,デザインは素晴らしいので,あとはLEDの常時点灯の設定ができれば,満足のできる商品だった。
posted by J.HASE at 13:06| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

CITIZEN プログラムチャイム付き電波時計 プログラムカレンダー405 4FN405-019

 今まで「CITIZEN ネムリーナPC 電波掛時計 4FN402-019 」を使っていたのだが,落として壊してしまった。そのため,本製品を代わりの製品として購入した。同じCITIZENの製品だが,7年前に買った前述の商品と比べて格段に進化していた。箇条書きにすると,次の通りだ。
・価格が,13,000円が,ほぼ半額になった。
・使用する電池が,4個から2個に減った。
・液晶ディスプレイが大きくなった。
・プログラムできるチャイムが12個から24個に増えた。
・電波の受信感度が向上した。

 以上である。それ以外に,暗くなると秒針が止まる,時報を鳴らすことができるなどの点は同じだ。何よりも価格が安くなったのがうれしい。サイズが少し小さくはなったが,6畳ほどの部屋で使用しているので,むしろ,こちらの製品の方が丁度よい。また,値段は安くなったが,安っぽくはない。見た目もしっかりとした製品だ。小さな塾などでチャイムを鳴らしたい場合に,特に重宝するお勧めする商品だ。
posted by J.HASE at 19:52| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

山善(YAMAZEN) オイルヒーター(1200/700/500W 3段階切替式)(温度調節機能付) ホワイト DO-L122(W)

 今までオイルヒーターというものを使ったことがなく,どのような仕組みなのかさえ知らなかった。製品名に「オイル」という言葉が入っていたので,灯油か何かを補充しながら使う暖房器具なのかと思っていた。しかし,実際にはそうではなく,内部でオイルを循環させて,部屋を暖める暖房器具だった。実際に製品を使ってみての感想としては,まずセラミックファンヒーターなどと比べて,サイズが若干大きい。そして,温風を吹き付けるわけではなく,自然対流を利用して,空気を循環させるため,部屋が温まるまでに時間がかかる。それは,ある程度は理解していたのだが,設定温度を最大の1200Wの高にして,数時間過ぎても,なかなか部屋が温まらない。足元も温まらない。部屋を出れば,確かに温度の差は感じるし,製品も触ると火傷しそうなほど高温になるのだが,残念ながらオイルヒーターのみを使用しただけでは,部屋が温まらない。仕方がないので,エアコンの暖房と併用している。
 初めてのオイルヒーターということで,過剰に期待してしまった。やはり電気器具ということで,個人的には,セラミックファンヒーターと大差のない製品だった。
posted by J.HASE at 18:35| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする