2014年10月25日

CANON IXY610Fが修理から戻ってきました。

 先週修理に出していたCANON IXY610Fが今日戻ってきた。大分の修理工場まで行っていたようだ。症状は,バッテリーの接触部分における不具合。以前からCANONのウェブサイトで報告されていて,無償で修理してくれるとのことだった。それで先週ようやく申し込みをして,今日戻ってきたという流れ。今まで確かに,充電が完了した状態でも,電源を入れると「バッテリーを充電してください」というメッセージが流れることがあった。しかし,何度か電源を入れ直すと普通に起動したので,緊急の問題ではなかった。そして,しばらくデジカメを使う予定もなかったので,修理に出した。同封されていた書類には,「バッテリー接点部の接触不具合が発生していることを確認しました」とのこと。やはり,何か問題があった様子。しかし,「念のためバッテリーも交換いたしました」とのことで,バッテリーが新品になったのは良かったわーい(嬉しい顔)。これでもう1年くらい使えればありがたい。IXYの最新機種は,630Fで光学12倍ズームになっている。でも,なぜか映像エンジンがDiG!C5からDiG!C4+にダウンしている。まぁ,とにかくIXYはデザインが素晴らしいので,少々性能が悪くても,また次もIXYを買うと思う。CANONは,PowerShotとか他のブランドのデジカメもあるけど,もっと気軽にパッと撮る方が,個人的には好みだ。
posted by J.HASE at 20:34| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

iMacを教職員価格で購入しました。

 先週のアップルの発表で,新しいMac miniやiMacが発表された。しかし,残念ながら僕が期待していたiMacは発表されなかった。どういうiMacを期待していたのかというと,次のような仕様だ。
・SSD標準装備
・スタンドを取り外すことができ,VESA規格に標準対応
・液晶画面のフレームの縮小による,iMac本体のサイズダウン

 つまり,よりスリムになったiMacが出るのではないかと期待していたのだが,発表されたのは5KのiMac。もちろん,それはそれで素晴らしいのだが,こちらの期待とは違っていた。当初は,Mac miniを購入することを検討していたが,よく考えてみると,別にモニタやキーボードを買わなければいけなかったり,電源が余分に増えたりで,面倒だ。そして何より,見た目が美しくない。iiyamaのモニタや他のモニタもいろいろ調べたけれど,やはりデザインという意味においては,iMacのデザインには敵わない。よく考えてみると,僕は人生でまだiMacを買ったことがない。15年程前に,iMacとPowerMacのどちらを買うか,かなり迷って,結局PowerMac G4を購入した経緯があった。そのiMacが,今もなお進化をし続けて,販売されて続けているのに,今買うチャンスを逃したら,もう二度とiMacを買うことはないのかもしれない。そう思うと,やはりiMacが欲しくなった。それで,結局,アップルストアでiMacを購入した。
 そして,ここまでは良かったのだが,今日改めてアップルストアを見てみると,「Apple Store学生割引」というのを見つけた。これは,学生だけでなく,教職員も割引の対象になるとのことだった。これにはかなり焦った。もうiMacを注文してから3日程過ぎていたからだ。急いでアップルのサポートに電話。先日注文したiMacを教職員価格で購入できないかと相談した。すると,以前の注文はキャンセル扱いとなり,今日改めて発注するとのこと。つまり,以前注文した製品は,出荷の直前なので,返品扱いにするとのことだった。とても申し訳ないと謝罪。そして,教職員価格で購入させてもらうことにした。教職員であることを何か証明する必要があるのかと思ったが,口頭で勤めている学校を言えば,それでOKだった。ネットで申し込むときは,メールやファクスで証明できるものを提示する必要があるとのことだった。僕の場合,注文したiMacはカスタマイズされていて,普通のスタンド付きのものではなく,VESAに対応したもので,しかもハードディスクは256GB SDDに交換したものだった。そのような特別な商品を返品扱いにしてしまってとても申し訳なかった。でも,アップルのご厚意で「問題ない」とのことだった。とても有り難い。しかも,価格も175,824円から167,875円にプライスダウン。7,949円も安くなった。今日改めて注文したことになるので,到着も遅れることになるが,安くなったのは有り難い。
 それにしても,このような割引制度があるなら,去年iPad miniを買う時も教職員価格で購入すればよかったふらふら
posted by J.HASE at 21:53| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

Transcend SDXCカード 64GB Class10 (無期限保証) TS64GSDXC10

 ノートパソコンが,128GBのSSDなので,空き容量が50GB程度しかない。音楽データが20GB程度あるので,それ以外のデータを入れると,すぐに容量オーバーになってしまう。そのため,容量不足を補うために本製品を購入した。128GBのSDカードを購入することも検討したが,64GBの方がコストパフォーマンスが高かったので,こちらを購入した。今のところは,内蔵のSSDで足りているが,今後不足する可能性が高い。
 しかし,実際のところは,ほとんどのデータをnasneやポータブルHDDに保存しているし,容量が増えたら,BD-Rに焼くということをしているので,大きな問題にはなっていない。また,詳しいことはよくわからないが,転送速度がSSDに比べてかなり遅く感じられる。おそらくSSDの転送速度は,100MB/sまたは200MB/sである。やはり,内蔵SSDの容量自体を大きくする方が,効率的だと実感した。しかし,そうは言っても,大きなデータをやりとりするときは,とても助かっている。
posted by J.HASE at 22:22| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする