2014年09月15日

iBUFFALO USB2.0Hub バスパワー 4ポート ブラック BSH4U06BK

 VAIO Pro 11を購入し,USB端子が不足したため購入。VAIO Pro 11は,USB3.0に対応しているが,周辺機器がまだUSB2.0なので,USB3.0のハブを買うまでもないと思い,本製品にした。実際,同じハブでもUSB2.0なら価格は半額以下になる。接続すると,赤いランプが常時点灯している。サイズはコンパクトで,場所を取らない。しかし,バスパワーということで,使用用途が限られることに注意が必要だ。私の場合,ポータブルHDDや,ポータブルBDドライブは動作しなかった。USBメモリやテンキー,MIDIインターフェースなどは問題なく使用できた。また,オーディオ・インターフェースについては,TEAC A-H01は動作したが,MOTU UltraLite mk3は,動作しなかった。やり取りするデータ量が多いと,動作に問題がありそうだ。電源供給タイプにすればよかったと後悔したが,価格も安いし,他の用途に使えているので,問題はない。この価格帯ならば,衝動買いしても問題ないレベルだろう。しかし,ポータブルHDDやポータブル・プレーヤーを使いたい場合は,よく検討する必要があるだろう。
posted by J.HASE at 21:01| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

SONY CDラジオ S10CP ホワイト ZS-S10CP/W

 英語のCDを再生するために購入。上面にCD,全面には操作パネルとディスプレイという構成で,とてもシンプル。しかも,全面のボタンは大きくわかりやすい。文字も大きくて見やすい。ディスプレイには,CDのトラック番号や時間が表示されるのみ。音質は,本格的に音楽を聴くという方には向かないが,BGMで音楽やラジオを流して聴く分には,問題ないだろう。重さも片手で十分運べる重さ。デザインもシンプルで,落ち着きがあり,サイズも小さくて場所を取らない。
 この価格で,このデザイン,性能であれば,申し分ない。
posted by J.HASE at 11:20| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

GEANEE 【カセットテープをMP3に変換するプレーヤー】 Geanee カセット→MP3コンバーター CS-MP3

 自宅には,すでにテープデッキはなく,15年ほど前に作ったテープの保存方法に悩んでいた。さすがにこれ以上放っておくと,テープが使い物にならなくなる。そこで,時間に余裕がある夏休みのうちに作業しておこうと考え,本製品を購入した。価格的には,そこまで高いものではなかったが,聞いたことのないメーカーで,正直大丈夫だろうかと不安であった。しかし,実際に商品が届いて使ってみると,こちらの想定していたことはすべて可能であったので,安心した。
 付属のCDから「Audacity」というソフトをインストールし,USBで本体を接続。そして,ソフトを起動し,設定のレコーディング・デバイスを本製品に設定すると,すぐに録音することができた。録音レベルも,本体のボリュームを最大にしたレベルが最適になっていた。また,録音データはソフトからWAVやMP3に変換することが可能。しかし,WAVは問題なかったのだが,MP3は音が悪くなり,使えなかった。そこで,WAVに変換したデータをiTunesで開き,iTunesからAACに変換すると,問題なくデータを圧縮することができた。これで,本来の目的は達成されたので,とても満足している。また,ソフトでは,不要な部分のカットなどの編集作業もできるし,ノイズは無音にすることもできるので,とても便利。予想以上によく出来たソフトだった。本体も,オートリバース機能が付いていて,再生デバイスとしても申し分ない。デザインも良い。また,USBバスパワーで動くので,電源不要。カセットプレーヤーがUSBバスパワーで動くという不思議な光景を見ることができた。
 以上である。この価格で,これだけのことができれば,十分満足だ。
posted by J.HASE at 21:54| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

iBUFFALO NFC&Bluetooth 3.0対応 コンパクトキーボード ブラック

 Bluetooth接続のワイヤレス・キーボードを探していて,本製品を見つけ購入した。多くの人のレビューを見ると,ミスタイプが頻繁に起きて,使い物にならないと書かれていた。しかし,ワイヤレスで日本語配列キーボードでかつ,それなりのサイズとなると,ほとんど選択の余地がなくなり,本製品を選ばざるを得なかったというのが,正直なところだ。個人的に重要視したのは,やはりキー配列。ノートパソコンを遠隔で操作することを目的としていたのだが,キー配列が異なると,操作が明らかに面倒だとわかっていたので,どうしてもキー配列は同じものが欲しかった。それで,ノートパソコンとほぼ同じ配列をしている本製品を購入することに決めた。
 そして,実際に商品が届いての感想としては,まず接続なのだが,NFCに対応していて,自分のパソコン(VAIO Pro 11)と軽く接触させただけで接続されたことにはとても驚いた。それから約2週間ほど使用しているが,接続が途切れたことはない。これは予想以上で,とても便利だ。反応も悪くない。ノートパソコンのキーボードを使っている感覚とほとんど変わらない。そして,やはり良かったと思ったのは,キー配列。やはりCtrlは左下にあるほうが感覚的だし,Enterキーも右に大きくある方が,いちいち確認せずに押せるので助かる。しかし,最大の問題点はやはりこのキー間隔だ。キーとキーには隙間がないので,確かに打ち間違いは頻発する。打ち間違える回数は,ノートパソコン本体のキーボードの比ではない。しかし,それを考慮した上でも,パソコンを遠隔で操作したいという人には,ある程度メリットは感じられるだろう。また,使っていくうちに指が慣れてくるということもあるだろう。そういう意味では,慣れてくれば,少しは打ち間違いも減るのではないかと,自分で期待している。大きさ的には,VAIO Pro11のキーボードと同じくらいだ。しかし,改めてVAIO Pro 11のキーボードは,よく出来ていたのだと感心した。
 今後は,Bluetoothキーボードで,もっとサイズが大きくて打ちやすいものが発売されたら,それに買い換えるつもりだが,そのようなキーボードが出るまでは,しばらくは使っていこうと考えている。

posted by J.HASE at 23:02| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする