2014年08月08日

ソニー(VAIO) VAIO Pro 11 (11.6型タッチ/Win8.1_64/Ci5/4G/128G/Office) ブラック SVP11229EJB

 今まで使用していたノートパソコン(VPCYB49KJ/S)の反応の遅さに耐えられず,半分衝動買いのような感じで本製品を購入した。VAIO は,新会社で新製品を作り続けるという報道があったばかりだったが,ソニーストアで見積もりをとると,かなり値上がりしていることが判明した。しかも,納期は8月中旬。1ヶ月近くも待たされるというストレスも感じた。それで,以前のモデルはまだ売っていないのかといろいろと調べてみると,本製品を14万円で販売しているところを見つけ,ほぼ瞬間的に購入した。VAIO Pro 13ではなく,VAIO Pro 11を選らんだ理由としては,どちらも解像度が1920×1080となっていた点。ということは,画面が小さい方がドットが緻密であるということを意味している。つまり,それだけ画像や映像がリアルに見えると言うことだ。もし,13の方がドット数が多ければ,13にしていた可能性もある。
 そして,製品が届いての感想。まず,Windows8.1についてだが,Windows7に比べて操作性が良くないといろいろなメディアが報じていたので,かなり警戒していたが,いざ使ってみると,とても使いやすい。ほとんどの操作はWindows7と本質的に変わらないので,あまり戸惑うこともなかった。変わったのは,スタート画面だが,ほとんど表示させず,使ってない。というか必要ない。「すべてのプログラム」をすぐに表示できないのは,確かに不便だが,そこまで困るというわけではない。エクスプローラーを開けば,だいたいのプログラムにはアクセスできる。そして,なにより起動の速さ。もちろん,SSDであることが大きいとは思うが,本当に速い。これは,かなり感動的だった。今度は,シャットダウンや再起動にイライラすることはほとんどないだろう。また,この製品を選んだ理由としては,もちろん「SONYの最後のVAIO」というのがある。今後,もしかしたら,VAIOにはSONYのロゴが入らないのかもしれないと考えると,今まで4台もVAIOを購入し,使ってきたSONYに感謝の思いを伝えたいという気持ちもあった。
 それから,タッチパネルだが,確かにあると直感的な操作ができる。しかし,私の場合はHDMIでBRAVIAと常に接続しているので,あまりその恩恵は受けていない。キーボードが点灯する機能も,個人的には必要ないのでオフにしている。また,一番心配なのはSSDの容量が128GBとしかないこと。これでは,本体にほとんど何も保存できないというのが現状だ。したがって,128GBのSDカードかUSBメモリを購入することを今後考えている。しかし,自宅ではローカルネットワークで,nasneにデータを保存しているので,本体には必要最低限のデータを入れておけば,特に困ることはない。また,Firefoxの表示もWindows7に比べて,Windows8.1の方が大きく表示され,とても見やすい。キーボードはやや小さく感じ,最初はタイプミスを結構したが,これは慣れで改善されると思われる。本体全体は,アルミでできていて,特に手を置く部分がアルミなので,高級感が感じられとても良い。USB端子が2つしかなく,かなり不便なのでusbハブを買うことも検討しているが,今のところは保留している。電源ケーブルの端子は,通常のものよりも小さく,外れそうでやや頼りなく感じた。
 以上,思ったことをとりとめもなく書いたが,概ね大変満足している。今更言っても仕方がないが,やはりSONYはVAIO Proのような本格的な製品を一貫して作り続ければもっとブランドイメージが向上したのではないか。プラスチックでできた廉価版の安いノートパソコンは,SONYのブランドイメージを下げた可能性がある。そんなコモディティ化されたものは,海外の安いメーカーに任せておけばよかったのではないか。
posted by J.HASE at 21:12| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

SONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH20/B ブラック

 外出中に iPhone5 で音楽を聴く際に,有線のイヤホンだとどうしてもコードが邪魔になり,聞き辛かった。それで,Bluetooth対応のイヤホンを探していたのだが,以前よりも価格も手ごろになっており,実用的になったのではないかと思い,本製品を購入した。
 実際に使用してみての感想としては,最初にベアリングする際に,ある程度慣れが必要であると感じた。また,一度ベアリングして,iPhone5のBluetoothをオンの状態にしておけば,SBH20の電源を入れ直しても,再びベアリングさせる必要はないようだ。しかし,iPhone5 のBluetoothをオフにしてしまうと,再度オンにしたときに,再びベアリングの設定をしなければならず,やや面倒に感じた。だから,iPhone 5のBluetoothのオン/オフを頻繁にする場合は,ベアリングが面倒なので,この製品を使うメリットはあまりないかもしれない。個人的には,自宅のアンプのラインにSBH20を接続して,iPadで音楽を再生できるので,重宝している。これは,iPadをコードで繋がなくても音楽が再生できるので,とても便利だ。ディスプレイはないが,電源のオン/オフや,Bluetoothの受信状態は,音と光で知らせてくれるので,困ることはなかった。よくできた商品である。
posted by J.HASE at 14:44| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする