2013年12月29日

MacOS X 10.4.11で,Safari経由でSkyDriveにアクセス。

 自宅にあるPowerPC G4がMacOS X10.4.11なので,なかなか他のPCとデータを共有できずに困っていた。もちろん,AirMacによってインターネットには接続できるのだが,それ以上のことができない。具体的には,音楽データの共有。今は,iTunesを使ってVAIOに音楽データを保存している。そして,そのデータは,SkyDriveにも保存されている。というか,データそのものがもう,SkyDriveにあると言っていい。iTunesのリンク先のフォルダもSkyDriveにしてある。だから,音楽データを取り込んだら,自動的にSkyDriveに保存される。これで,iPhoneやiPadもiTunes経由で音楽データは更新される。今までは,iPadにアナログ・ケーブルを繋いで,アンプ(TEAC A-H01)で曲を再生していたのだが,本当にケーブルが邪魔だった。AirPlay対応のアンプを購入することも考えていた。しかし,冷静に考えてみると,このPowerMacが使える。残念ながら,A-H01とUSB接続ができるのは,Mac OS X10.6以降。なので,USB経由では再生できない。そして,さらに問題なのが音楽データの移行方法。これまでは,ポータブルHDDなどを使って,手動でコピーしていた。しかし,この作業はかなり面倒。それで,なんとかクラウド・サービスを利用できないか試行錯誤した。
 それで,結局最も便利だったのは,Safari経由でSkyDriveにアクセスして,そこから音楽データをダウンロードするという方法。幸いなことに,Safari経由でSkyDriveにアクセスすることはできた(Firefoxはダメだった)。だから,そこからアルバムごとに必要な曲をダウンロードすることにした。しかし,ここで問題が発生。アルバムごとにダウンロードすると,日本語のタイトルはエラーが出てしまう。ダウンロードはできるのだが,ファイル名が勝手に「File01」などに変更されてしまうのだ。それで,日本語のタイトルは,曲ごとに個別にダウンロードしてみた。すると,ファイル名は変更されずそのままだった。これでなんとか,光が見えた。つまり,まずアルバムごとにダウンロードして,エラーとなったファイルだけ個別にダウンロードする。これで,必要なアルバムのダウンロードは可能となった。ダウンロードに少し時間はかかってしまうが,ただ待っていれば良いので,ファイルをコピーする手間に比べれば,はるかに楽だ。この方法により,iPadでアナログ・ケーブルから曲を再生しなくても,PowerPCを起動して,iTunesを起動すれば好きな音楽を再生できるようになる。新しいMacを買うまでの応急的な処置なので,これだけできれば十分だ。Macの起動は,Windowsに比べて格段に早いので,OSの起動によるストレスもほとんどない。音質に関しては,PowerPCからFireWireで繋がれたMOTU828のデジタル出力をA-H01に繋いで再生しているので,かなり音質は良い。
 そして,将来的に新しいMacを購入したときには,ホームシェアリングなどの方法を試してみたい。そうすれば,なんの作業も必要なく,PCと同じ曲をMacで再生できるようになるだろう。
posted by J.HASE at 17:59| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

ブラビア(KDL-40HX850)にUSBメモリを直接繋いでみました。

 仕事が一段落して,ようやく余裕のあることができるようになってきた。そんな中,試してみたいことがあった。それは,USBメモリを使って,ブラビア(KDL-40HX850)で直接メディアを再生すること。ちょうど,microSDメモリの32GBが余っていたので,これを使うことに。まず,USBメモリを初期化したのだが,ここで問題が発生。このときのフォーマットの形式が「FAT32」や「NTFS」のときは,ブラビアでUSBメモリを認識することができなかったもうやだ〜(悲しい顔)。かなり焦ったが,ネットなどで調べて,「exFAT」でフォーマットすれば大丈夫なことが判明。やってみると,問題なくブラビアで認識できたわーい(嬉しい顔)。そして,USBメモリにメディアを入れて再生してみた。残念ながら,JPEGなどの画像はうまく表示されなかったのだが,mp4,mts,mpgなどの動画は問題なく再生できた。vobやflvは再生できなかった。wmvは,なぜか音声が再生されなかった。そして,音楽も再生できた。その際には,ジャケット写真もちゃんと表示された。つまり,ブラビアは,テレビでありながら,メディア・プレーヤーとしての機能も十分持っていたことになる。さすがソニー製品。購入してから,すでに1年が経過しているが,今頃それに気が付いた。
 しかも,試しにUSBメモリをHDD録画用の端子に繋ぎ,ブラビア側でフォーマットしてみると,なんとUSBメモリにテレビ番組を録画することができたexclamationその際に,「容量が少ないので,最後まで録画できないかもしれない」という由の表示はあるが,容量の範囲内であれば,録画は可能だった。ということは,将来的に,500GB程度の大容量のUSBメモリが市場に出回るようになれば,それを使ってブラビアから録画ができる可能性がある。これはとても楽しみなことだ。現状では,64GBのUSBメモリは,3,500円程度で購入できる。もちろん,ハードディスクでも問題はないが,より手軽に録画ができるようになることは間違いない。
 USBメモリに動画を入れて,ブラビアに繋いでおけば,いちいちPCを起動しなくても動画が見れるようになる。そんな夢のような世界が,少しずつ近づいている。
posted by J.HASE at 16:45| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

iPad mini Retina  ソフトケース (セミハードタイプ、TPU素材) 【しなやかで衝撃に強い】 【割れない】 マットクリアー (半透明) 液晶保護フィルムつき

 iPad mini Retina Displayの保護のために購入。自宅使用なので,価格が手ごろで,滑り止め効果のあるものとして本製品を購入した。iPad mini本体への装着は,問題なく完了。フィット感も上々。ケースを付けていないときと比べて多少滑りにくくもなった。側面はクリアなのだが,背面はスモッグがかかっている仕様。しかし,アップルのロゴはしっかりと見える状態。見た目としては,iPad miniにハードのクリアケースが付いているように見えるが,実際はシリコンのようである程度弾性がある。また,保護シートについては,しっかりとした製品であったが,私の取り付け方が下手だったようで,ディスプレイとシートの間に小さなゴミが入ってしまった。そのため,装着は断念した。しかし,もともとケースが目的で購入したので,特に不満はない。マイクやスピーカー用の穴の部分に対しては,ケースにもしっかりと穴が空いているので,問題ない。
 発売されたばかりのiPad mini Retina Displayのケースが,手頃な価格で購入できたので,とても満足している。
posted by J.HASE at 22:02| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ipad mini wi-fiモデル 128GB ホワイト ME860J/A

 iPad Airとどちらを購入するかをかなり悩み,dpiの高さと重量,そして価格で本製品を購入することに決めた。私の使い方としては,自宅での利用が主で,今後メールやネットなどの頻繁に使う操作をiPadで代替することが購入動機だ。発売日にネットでAppleストアで予約し,11/22(金)に自宅に到着。使用して1週間ほどの感想。まず,ディスプレイについては,文句なしで美しい。ネットの文字やこれまでデジカメで撮影した画像などを表示させると,その美しさに本当に息をのむ。また,サイズはminiとは言うけれど,私にとってはこれがベスト・サイズだ。確かに雑誌などをダウンロードして読むなら,iPad Airクラスのディスプレイが欲しいところだが,それ以外ではとくに不便は感じない。メールも横表示にすれば,メールボックスと内容を並べて表示することもできるし,縦表示で使えば,返信で文字入力するときにちょうど良い幅になる。そして,iPhone5との違いは,アプリとして株価や計算機がない点。これは他のアプリで代替している。GPSも搭載されていないが,WiFi経由でナビはできそうだ。それから驚いたのは,iCloudだ。私はすでにiPhone5を所持しているのだが,AppleIDでログインすると,iPhone5に入れたアプリで,iPadでも使用できるものは自動でインストールされた。これには大変驚いた。そして,それだけでなく,iPad miniからインストールしたもので,iPhone5でも使用可能なものはiPhone5に自動でインストールされた。素晴らしい連携機能だ。本体の音質についても,やはりiPhone5よりもサイズが大きいので,音質も良かった。よく使うアプリとしては,「そら案内」「Gmail」「Gunosy」,そして楽天証券の「iSPEED」や「楽オクfor iPad」など。また,Sonyの「PlayMemories」もこれまで撮った写真を時系列で表示してくれ,とても重宝している。ゲームはこれまで,「Solitaire」をよくやっていたが,最近ドラゴンクエストをダウンロードして,楽しんでいる。ドラクエは,iPhone5よりもiPadの方が画面が大きくて操作しやすかった。
 少しずつだが,メールの返信やネット検索などは,PCではなくiPad miniを使うようになっている。iPad miniを使い始めると,PCの反応の鈍さに本当にイライラしてしまう。いっそのこと,自宅PCもMac miniにしたい衝動に駆られるが,今は冷静に対処している。とにかく,iPad miniのRetina Displayは本当に素晴らしく,それだけでも十分に価値のある商品だと言える。今後,YouTubeのビデオの画質などが向上すれば,今以上にその恩恵を受けることができるようになるだろう。将来的には,自宅にNASを置いて,データはiPadに入れるにではなく,NASからアクセスするようにしたいと考えている。そうすれば,16GBのiPad miniでも,何の問題もないだろう。しかし,今のところはWiFiにアクセスするためには,若干のタイムラグがあるため,それを嫌っていつも本体に転送するようにしている。まだまだ,たくさんの可能性を感じさせてくれる価値ある唯一無二の商品だ。
posted by J.HASE at 21:09| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhone5 シルバーを2ヶ月使ってみての感想。

K0000416740.jpg 10月2日にイー・モバイルからauのiPhone5に変更して,早2ヶ月が過ぎた。Androidと違って,iOSには,ウィジットがないので,その点がかなり不安だったが,今のところ大きな問題は出ていない。不意の落下でiPhone5が損傷するなどという事態にもなっていなくて,今のところはホッとしている。そして,最初は操作の妨げになっていると感じていたバンパーにも慣れ,今は本当にiPhone5本体と一体化してしまっている。操作自体にも特に不自由を感じなくなった。iPhone5にして,最も驚いたことは,「自分のフォトストリーム」である。これは,iPhone5で撮影した写真が,自動でiCloudにアップロードされ,PCなどにも保存されている点。これは,かなり便利だと感じた。今までデジカメのSDカードを取り出して,PCのスロットに差し込んで認識させていたが,それに比べるとはるかに手軽になった。そして,なんと言っても「Retina Display」の美しさ。これは本当に息をのむほどだ。これまで撮ったデジカメの写真を表示させてみると,「こんなに綺麗に撮れていたのか」と再認識してしまうほど,ディスプレイが美しい。これはもう,本当に美しい。今までの液晶では決して見たことのない写真で,本当に感動した。また,ネットの文字などもとても美しく表示され,雑誌などの印刷と何の違いもないし,それ以上とすら感じることもある。これだけでも,iPhone5にする理由は十分にある。また,アプリについてはSONYの「PlayMemories」が素晴らしいと感じた。これは,PCから写真やビデオを自分の「PlayMemories」にアップロードすると,それを時系列に表示してくれるというもの。単なるクラウド・ドライブは,DropBoxやSkyDriveなど沢山あるが,これは写真とビデオに特化している点が特徴だ。だから,これを見ると自分がいつ頃,どのような写真を撮ったのかをすぐに思い出すことができる。まさに,「PlayMemories」なのだ。そして,iPhone5の美しい画像表示により,その写真をとても美しく表示させることができる。本当に素晴らしいわーい(嬉しい顔)。多少バグがあるようなので,そこはできるだけ早く直して欲しい。その他のアプリでは「Gunosy」というニュース購読アプリをよく使っている。電車などで,少し情報を得るときに重宝している。後は,Gmailはもちろん入れているし,楽天証券のiSPEEDも便利だ。ヤフーの乗換案内,天気,ニュースも役に立っている。ゲームとしては定番の「Solitaire」や「リバーシLv99」なども入れている。標準で入っている「リマインダー」も活用している。また,Androidでも愛用していた「ジョルテ」も入れているが,最近入れた「Calendars」も便利なので,どちらをメインにするかは,現在検討中。とにかく,新しいアプリがどんどん出るので,自分としてはより便利な方を順次取捨選択している。
 そして,iPhone5を使ってみて思うのは,PCとの連携がとても良く取れていること。特に,Google関連との連携が素晴らしい。Gmailは当然として,連絡先やカレンダーとの連携はほぼ瞬時に取ることができる。iOSであっても,Google関連でデメリットはほとんど感じられない。これはおそらくGoogle側がオープンにしてくれているお陰だろう。つまり,iPhoneの繁栄に,Googleも貢献しているのだ。これは,昔マイクロソフトがアップルに対して閉鎖的だったのとは,大きく異なっている。以前と比べて本当に良い時代になったとつくづく感じる。そういう意味では,今のマイクロソフトは,相変わらず閉鎖的で,AndoroidにもiOSにもオープンではないように感じる。これは僕の思い違いだろうか…。
posted by J.HASE at 20:18| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする