2013年03月30日

Google+使いこなしハンドブック/八木 重和

 Google+のことを勉強しようと思って,半年くらい前に購入した。SNSとしては,TwitterやFacebookが有名で,個人的にはTwitterをよく使っている。Twitterは,基本的に情報発信が主な目的で,発信したらしっぱなしというのが基本。フォローしている人の内容も,暇なときには見るが,そうでないときはスルーする。だから,テレビのニュースに近い感覚。それに対して,Facebookは,個人のホームページやブログを見る感覚。知り合いの名前などを検索して,その人の様子なんかをちょっと見る程度には良いツール。しかし,友達申請とかはしない。もともと,mixiみたいな粘着性のSNSは,気持ち悪いと思うタイプの人間なので。そういう意味で,Facebookを粘着的に使っている人は,むしろ他者ではなく自分と向き合ったらどうですかと言いたい。まぁ他人のする事なので,好きにすれば良いけれども。やはり,Facebookは,自分を他者にどう見せるかという部分が強いということか。それに対して,Google+は,上記の2つとも違い,自分と向き合えるツールになってくれると有り難いと考えている。もともとGmailを使っていて,Googleのアカウントがあるので,このGoogle+で,自分自身を見つめるようなツールにしたいと考えている。幸い,Facebookに比べて,使っている人は少ないので,サークルとか言ってFacebookみたいなことをしても,基本的に知り合いがいない。だから,逆に自分と親しい人だけで使えば,他者に邪魔されずに済む。個人的には,Twitter>Facebook>Google+の順で,社会に開いているような感覚だ。もちろん,これはあくまで個人的な考えなので,使い方は人それぞれである。
posted by J.HASE at 10:54| Comment(0) | 雑誌紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

週刊アスキー 2013年 4/30増刊号

  付録として「スマータブル・コンボケース」が付いて,490円だったので購入した。個人的には,p.39に掲載されていたTASCAMの「US-322」という商品は,知らなかったのでとても参考になった。将来的に,USBオーディオ・インターフェースの購入を考えており,国内メーカーの製品は,YAMAHAとRolandくらいしかないと思い込んでいたが,TASCAMの製品の情報を知ることができた。それから,p.177に掲載されていた「ポール型で羽のない扇風機」にもとても興味を持った。今夏新しい扇風機の購入を検討しているが,従来の羽根付きはあまりにも進歩がないと考えていたので,参考になった。あとは,7インチ液晶搭載タブレットのクロスレビューなども参考になった。
 毎号,最新の情報をバランス良く掲載してくれて,とても助かっている。
posted by J.HASE at 20:43| Comment(0) | 雑誌紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

新宿のビックカメラに行ってきました。

 先日,新宿に行く機会があったので,ビックカメラに寄って,家電を見てきた。最大の目的は,SONYのブルーレイディスク/DVDレコーダーのBDZ-E500Bの実機を確認すること。昨年の12月にテレビをPanasonicからSONYのHX850に買い換えた。HX850は,ハードディスクを接続すると,録画も出来る仕様となっていた。それで,今持っているPanasonicのDVDレコーダー(DMR-XP12)は,ほとんど使わなくなってしまったので,手放すことにした。それで,一時はテレビさえあれば,事足りると考えていたのだが,使っているうちにやはりテレビのハードディスク録画では,機能が乏しく,やや使いにくく感じるようになった。そうは言っても,DMR-XP12とほとんど操作性は変わらないのだが。それで,PS3を買うことなども検討していたのだが,今後ゲームをやる可能性はどう考えてもない。PS3にtorneを繋げれば,録画機にもなるが,無駄にサイズが大きくなる。ハードディスクの容量も,録画専用機に比べれば少ない。機能は同程度のようだが。これまでにも,SONYのレコーダーを検討したこともあったのだが,非常に価格が高く,検討することさえしなかったが,最近になってレコーダーの価格も下がってきており,シングル・チューナー機ならば,3万円前後で買えるようだ。それで,おまかせ録画とか,番組の検索機能も充実しているようなので,今SONYのレコーダーにかなり注目しているという状況である。もともと,PC用のブルーレイディスク・レコーダーは持っているのだが,やはり映画を見るときに,いちいちPCと接続するのは少しだけだが面倒だと思うようにもなってきた。やはり,PCなしでブルーレイを見ることができたら,スマートだとも思う。しかし,ブルーレイディスクに番組を記録するつもりは毛頭ない。過去のテレビ番組なんて,これまで見ようと思ったことすらない。見終わったら,消去するのが基本だ。だから,容量も500GBもあれば十分だし,何と外付けHDにも対応しているというのだから,何も言うことはない。さらに,録画した番組をPCで見ることもできるというのだから,十分すぎるくらいだ。購入は,4月中旬を検討していて,価格的には3万円を切った頃に買おうと考えている。おそらく今は,入学だ引越だで,家電もそれなりに売れているだろうから,そういう状況が落ち着いてきた頃に,購入したい。
 それから,一眼レフのデジカメとか,ビデオカメラなども興味があったので,見てみたがどれも価格は5万円前後。これらの購入は,まだまだ半年くらい先になるだろう。一眼レフのデジカメは,8月頃には購入したいと考えている。
posted by J.HASE at 15:10| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

TOSHIBA Canvio Basics for PC Windows/Mac OS X対応 ポータブルハードディスクドライブ 1.5TB HDTB115JK3BA

 ポータブル・ハードディスクもこれで5台目になる。これまでは,アイ・オー・データやバッファローを購入していたが,1.5TBという大容量で1万円ちょっとという価格だったので,これが決め手となり初めて東芝製品を購入した。サイズはとてもコンパクトで,デザインも黒で落ち着いている。アクセスランプも,白く点滅していて,必要最低限で,派手すぎることもない。だから,デザイン面ではまったく問題ない。しかし,本体の接続端子が,miniUSBではなく専用のものとなっているため,汎用品を使うことができない。これは,購入前には気が付かなかった。したがって,デスクトップなどで背面にしかUSB端子がなく,頻繁に抜き差しを行う人には注意が必要だろう。私の場合は,USB延長ケーブルを使って接続することで,この問題は解決できた。また,さらに問題だったのは,購入時点でのフォーマットがNTFSとなっているため,Macではデータの読み込みしかできない。そのため,Macで書き込みを行うためには,Macの拡張フォーマットで再フォーマットする必要がある。しかし,これを行うと今度はWindowsで認識ができない。私の場合,MacとWindowsの両方でのデータを共有することを使用目的としていたので,これは少し困った。そこで,ネットで調べてみると「NTFS-3G for Mac OS X」というフリーソフトをMacにインストールすると,再フォーマットしなくても,Macから書き込みが可能とのことだったので,早速インストールしてみた。すると,確かにMacからでも書き込みが可能となり,問題は解決した(MacのOSは,10.4.11)。接続端子の問題,Macからの書き込みの問題など,購入当初は若干の不都合を感じたが,自己解決できてよかった。性能面は,まったく問題ないので,これまで購入していたポータブル・ハードディスクは順次処分していく予定である。
 ポータブル・ハードディスクも今後どんどん容量が大きくなり,2TBとか3TBなどのものが出てくるのだろう。ますます便利になって有り難い限りだ。
posted by J.HASE at 17:33| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

CITIZEN (シチズン) 目覚し時計 パルデジットR090 デジタル 電波時計 8RZ090-019

 今までCASIOのDQS-100Jという目覚まし時計を愛用していたが,電池が切れ気味で液晶が薄くなってしまった。しかも,電池が特殊な物で交換ができそうになかった。そのため,本商品を購入した。スマホの目覚ましの時刻設定が,ほぼ無限にできるので,今更目覚まし時計を再購入する必要性があるかどうか自体もかなり吟味したが,これまでも何度か置き時計式の目覚ましに救われていたこともあったし,部屋でパッと時刻を確認するのも便利(別に掛け時計はあるが)。それに,価格もそこまで高くもないので,購入が負担にならなかったことも,本商品を購入した大きな理由だ。
 さて,どの目覚まし時計にするかだが,まず最初はCASIOの目覚ましを前提に商品を探していた。これまで使っていた目覚ましがCASIOだったし,CASIOの時計はG-SHOCKなどデザイン性に優れたものが多いという認識を漠然と持っていたためだ。しかし,実際に商品を探してみると,納得できる商品がなかった。液晶画面が小さかったり,スイッチが安っぽかったりしたからだ。さらに極めつけは,「スヌーズ/ライト」とカタカナで表記されていたこと。これはさすがにダサくて,どんなに見た目のデザインが良くても買う気になれなかった。そんな中,見つけたのが本商品である。まず,第一印象が良かった。サイドにバーがついていて,落ち着いたデザインは,確かに部屋に置きたくなるようなデザインだった。そして,時刻,日付,温度,湿度も表示される。購入を決めたポイントは,時刻と日付が入れ替えられる点。最初は,秒の表示がなぜドットで表示されているのか疑問だったが,それは,日付表示のときに,そこに曜日が表示されるから。それに気づいたとき,この商品をほぼ購入する気持ちになっていた。そして,実際に表品が届いてからの感想は,概ねこちらの期待通りであったが,中央のカバーの色が,遠目にはシルバーというよりは白。それが,若干の違和感を感じたが,特に大きな問題ではない。ライトの色は緑。結構明るく点灯する。ライトは2,3秒ほどで消える。これはボタンを押し続けていても変わらない。もう少し長めの方が個人的には良かった。電波の受信状態は,屋内ではあまり良くないが,気にする程ではない。温度,湿度も参考程度。そもそも少し離れると,時刻以外は数字が小さくて読み取れない。アラームの音は電子音で,目覚ましらしい緊張感のある音だ。大きさは変えられない。ほとんどのボタンが電池カバーの中にあり,外にあるのはアラームの時刻設定ボタンとON/OFFのみ。だから,正面を向いたままでの時刻設定がやりやすい。この辺りは,よく考えられている。改めて自宅の時計を見回してみると,部屋の掛け時計はCITIZENだった。デザインや機能など,本商品を通じて改めてCITIZENの良さを実感した。
posted by J.HASE at 23:26| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

藤沢のビックカメラに行ってきました(その2)。

 一昨日,藤沢のビックカメラに再び行った。今回は,単に目覚まし時計を買おうと思っただけだったのだが,ついでにいろいろと見てきた。まず,スマホ。イー・モバイルのSTREAM Xというスマホを見ていると店員さんに声をかけられた。詳しく話を聞いてみると「LTE UE Category 4」対応モデムチップセットが搭載されるのが画期的とのことで,とにかくネットが速いとのこと。LTEの通信速度は下り75MBとのことで,一般的な家庭のネットに比べると少し遅い程度とのこと。そうは言っても,我が家は下り40MBなので,全然速いのだがふらふら。LTEなら,YouTubeの映像も,止まることなく見ることができるようだ。そして,以前から自宅のプロバイダを,イー・モバイルのテザリングで代替することを検討しているのだが,ネックとなっているのが月々の使用制限。イー・モバイルは5GBを超えると,2,000円程度の追加料金がかかる。しかし,それ以降はいくら使っても料金は追加されないとのこと。他社は7GBまでだが,それを超えると2GBごとに追加料金が発生するとのこと。そういう意味では,確かにイー・モバイルにもメリットはあるなと感じた。
 そして,目覚まし時計を見に行ったのだが,特に気に入ったものがなくて,結局購入せず。そして,せっかくだからと,一眼レフも見に行った。前回は,CANONのEOS Mが気になっていたのだが,今回は,ソニーのNEX-5Rを体験してみた。シャッターを押したときの「カシャッ」という音が,EOSよりも断然格好良かった。さすがソニーわーい(嬉しい顔)。でも,一眼レフもいろいろ調べてみると,安い物では1万円くらいからあるようなので,もし本気で購入するとなると,かなり調査が必要だなとつくづく思った。そして,店を出ようとしたところ,マフラーがないことに気づき愕然とした。冷静に,自分が歩いた道のりを辿ると,案の定カメラ売り場のレジの後ろに僕のマフラーが…たらーっ(汗)。店員さんに「すみません,それ僕のマフラーです」と話すと,笑顔で返してくれた。でも,マフラーを落としたことに気づかないくらい,今回は楽しんだ。
posted by J.HASE at 21:14| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする