2013年02月17日

藤沢のビックカメラに行ってきました。

 テレビを購入して以降,特に欲しい物がなかったのだが,ようやく次の欲しい物が見えてきた。それは,デジカメ。今使っているのは,CANONのIXY DIGITAL20IS。2009年3月に購入したのでほぼ4年が経過している。それで,次に買う時はまたIXYを買おうと考えていたのだが,冷静に考えてみると,IXYレベルの写真であれば,今持っているスマホで十分に足りる。そして,IXYではどうしてもプロが撮ったような明るい写真にならない。オークションで商品の写真を撮ることがあるが,どうしても「素人が撮りました」というような写真になる。スマホで撮った写真と比較しても,ほとんど違いはない。それならば,IXYレベルのデジカメを購入する意味はほとんどない。また,今となっては,デジカメで動画も撮影できるようになった。海外輸出の関税の関係で,29分59秒までしか一度に撮影できないというデメリットはあるが,普通のビデオカメラよりもセンサーが優れているので,映像が綺麗になるとのこと。デジカメで30分近くも動画が撮影できるならば,それはほとんどビデオカメラではないかとも思う。だから,IXYよりもより上級のデジカメを探してみると,SONYとCANONが良さそうだった。特に,CANONのEOS Mは,サイズが小さいながらも,本格的な写真が撮れるようで,とても興味を持った。
 そこで,昨日藤沢のビックカメラに行き,実機を触っていると,店員さんが「ご説明しましょうか」と声をかけてくれたので,ビデオカメラと一眼レフのデジカメは,値段も同じくらいで,両方とも動画が撮影できるが,違いは何なのかと尋ねてみた。するとやはり,撮影時間の違いと,「一眼レフのデジカメで動画撮影でズームをするときは,どうしてもジーっという音が入ってしまい,コンサートなど静かな場所での撮影には向いていない」とのこと。しかし,それを踏まえても,一眼レフで動画を撮影した方が,映像は綺麗だとのこと。これを聞いて,益々一眼レフのデジカメに興味が沸いてきた。一眼レフのデジカメで撮影すると,どのような写真になるのか,とても興味津々だ。また,ビデオカメラについても,レンズの横に見慣れないつまみがついていたので,これは何かと訪ねると,「ズームをマニュアルで操作するためのものです」とのこと。ビデオカメラも,日々進歩している様子。
posted by J.HASE at 14:41| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

ELECOM USBtoPS/PS2ゲームパッドコンバータ JC-PS101UBK

 ダンスマットを使ってステップマニアをやるために購入。ドライバ用のCD-ROMが付属していたが,ドライバはエレコムのサイトからダウンロードしてインストール。Windows7(32bit)の環境で,特に遅延もなく問題なく動作している。PlayStation2 のコントローラーも問題なく使えるようだ。そして,ダンスマット用の設定は,「コントロールパネル」-「デバイスとプリンター」で,「JC-PS101U」を選び,右クリックし「ゲームコントローラーの設定」を選択。コントローラーをデジタルモードにしたら、「スタートボタン」と「セレクトボタン」を押しながら、方向キーの「↑」を押すと,ダンスマットモードに切り替わった。これで,上下または左右の同時ステップにも対応できた。その後,ステップマニアの「オプション」-「キーマッピング」で,ボタンの設定をして設定終了。ステマニで問題なく使用することができた。しかし,本製品をダンスマットに繋ぎプロパティの設定,そしてステマニ側での設定もあり,素人にはなかなか設定するのが難しかった。ネットなどで検索して,いろいろと調べたので,設定を理解するのに半日くらいかかった。設定が終われば,まさにDDRと同様で,反応も良好。しかし,判定がDDRより厳しすぎるような気がした。
 これまで,DDRをやるためにPlayStation2とソフトを購入し,楽しんできた。しかし,今回このコンバーターを購入したことで,PCでDDRと同じようなことができるという,まさに私の中で「革命的な」出来事が起こってしまった。もちろん,ステマニやダンスマットも必要だが,これらが揃ったことで,PS2は私にとって無用の物となり,手放すことにした。いつかこんな日が来るとは思っていたが,ようやく訪れたという気持ちで感無量だ。DDRのPS3用ソフト発売されないままPS4が発表されるという,非常に残念な今の状況の中で,ステマニと本製品は,私にとってまさに救世主的な存在だ。
posted by J.HASE at 22:47| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする