2012年03月30日

Panasonic VIERA ET5 購入計画始動!

 先週,吉祥寺にあるヨドバシカメラで,いろいろと家電を見て回った。エアコンやコンポなど,今後購入予定であるカテゴリーの商品をいろいろと見た。その中で,最も優先順位が高いと感じたのがテレビだ。僕の部屋のテレビは,Panasonic VIERA TH-32LX70 という32型の液晶テレビで,2007年10月に105,000円で購入した。テレビのデザインや,ディーガとの連携(ビエラリンク)には,かなり満足しているが,どうしても我慢できないのが,そのGUIのショボさ。それまでに使っていたソニーのPSXのGUIと比べると,お粗末極まりない。つまり,はっきり言えば「使いたいと思えない」GUIなのだ。だから,Panasonicは,購入するまでの判断材料となる,価格やデザインは優れているが,実際に購入してから使用するGUIの部分は,手を抜いていると感じていた。そういう意味では,それ以前に使っていたソニーのPSXのGUIは,とても格好良くて,かつ使いやすかった。だから,今度は改めてソニーのブラビアに買い直そうと固く心に決めていた。
 それで,ソニーのテレビの吟味ばかりしていたのだが,ふとあることに気がついた。それは,今家に置いているテレビのスペースに,今よりもサイズの大きい37型のテレビが置けるということexclamation×2これは,かなり驚いた。まさか,今の部屋でテレビ画面のサイズアップが可能になるとは,夢にも思っていなかったからだ。この事実は,それまでの僕の考えをすべてひっくり返すほどの驚きだった。それで,ソニーのブラビアに37型があるかを調べてみると,何とソニーは37型を作っていないがく〜(落胆した顔)。そして,改めてPanasonic VIERAを見ると,37型でしかも,横幅は87.4cm という,まさに理想的な37型テレビがあった。それが,この3月に発売されたET5だ。これには,かなり感動した。しかし,この商品には気をつけなければならない点がある。それは,アナログ・チューナーが無いのは問題ないとして,それと同時にPC接続のD-sub15ピンが搭載されていないという点だ。僕は今,自宅のネットブックを,D-sub15ピンでビエラと接続しているので,ET5に買い換えた場合は,その接続が不可能になる。そして,ネットブックには,HDMI端子が付いていないので,自宅でパソコンをビエラに接続するためには,同時にパソコンも買い換えなければならない。それが,1つ大きな問題点ではある。しかし,ネットブックもそろそろ買い換えようと思っていたので,ある意味これが1つのきっかけになるとも言える。
 というわけで,ブラビアを買うつもりだったのに,この1週間で完全に37型のビエラを買うことになった。情報というのは,本当に大事だなと実感した。それに,店頭での映像も,ソニーよりもビエラの映像の方が自然な映像に感じた。ソニーの映像は,何となくだが黒っぽく感じられた。また,ET5にすれば,今家にあるディーガとも連携ができるだろう。そういう意味でも整合性が取れる。さらに,このET5は,ダブル・チューナーを搭載しており,USBハードディスクを使って,録画することもできる。この機能が問題なければ,ディーガは不要となり,部屋に無駄がなくなる。つまり,ET5を購入すれば,僕の部屋はかなりバージョン・アップできることになる。
 そして,新しく購入するパソコンは,VAIO Y を考えている。VAIO Sは,DVDドライブがついているのが邪魔だし,店頭で何度見ても好きになれるデザインではなかった。逆に,VAIO Yは,以前からデザインが素晴らしいと感じていた。やはりデザインというのは,僕にとって重要なポイントなのだ。
 以上のような考察から,ET5を購入して,予定通りのシステムを構築するための手順を考えた。

1.TH-32LX70を売る。
2.売れた時点で,ET5を購入。
3.新しい自宅用パソコンとして,VAIO Yを購入。
4.ET5の録画機能に問題がなければ,ディーガを売却。
→終了。

 まずは,TH-32LX70を売ることから始める。
posted by J.HASE at 18:22| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J-COM NET の通信速度を変更しました。(その3)

 前回のブログ投稿の際に,自宅のネット環境をNTT回線とイー・モバイルのオプション・サービスのADSLを利用した方が,現在の環境よりも安上がりであることが発覚し,かなりショックを受けていたのだ。しかし,念のためNTTの基本料金などについても確認しようと思い,今度はNTT東日本に電話してみた。僕は,NTTの電話の権利を持っているのだが,ちょうど10年前にJ-COMに切り替えたので,NTT回線の方は利用休止にしていた。その手続きの際に届いた「利用休止のお知らせ」のはがきを大切に保管しておくようにと確か誰かに言われていたので,今までずっと保管していた。そして,今回改めてそのはがきを読んでみると,「利用休止期間を5年経過しても利用休止の継続又は再取付のお申し出がない場合は,更に5年間を経過した時点でこの電話の契約は解除されたものとして取り扱わせていただきます。」という文言ががく〜(落胆した顔)。僕は,今年の5月でその10年目が来るわけで,危うく権利を消失するところだったふらふら。NTTのオペレーターの人に聞くと,「神奈川では,10年後に連絡がなくても,権利は消失しない。他県では消失するところがある」とのことだった。
 そして,本題。J-COMからNTT東日本に切り替えたとき,電話番号が変わるかどうか。これは,「もともとNTTの番号であったものは,そのまま使える」とのこと。僕の場合は,最初NTTの番号だったので,番号は変わらないとのこと。それから切り替えの費用については,J-COMからNTT東日本に切り替えるのに2,100円,ADSLを利用するためにアナログ回線に戻すのに840円(今の回線がISDN回線なので),そして,工事費として3,100円かかるとのこと。だから,合計で6,040円が必要となり,工事の内容によっては,それ以上かかるとのことだった。そして,さらに驚いたのが,基本料金。基本料金は,1,600円で,ナンバー・ディスプレイ利用料が420円とのことなので,合計で2,020円が月額の料金となる。だから,イー・モバイルのADSL回線と合わせると,合計額が3,500円程度となり,毎月1,000円ほどのメリットしかない。しかも,ADSLの回線は,12Mである。しかも,ADSL回線なので,実際の通信速度がどれほどなのかもわからない。一番気にかかっているのは,NTTの基本料金が,J-COM PHONEよりもかなり高いこと。それに,イー・モバイルのADSL回線は,イー・モバイルの携帯電話のオプション・サービスなので,携帯電話会社を変更するときに,同時にADSLも変更しなければならなくなる。
 結局,そう考えると現段階では無理して,NTT東日本とイー・モバイルのADSLにする必要はないかと判断している。これから1年様子を見て,来年の今頃また再考する予定だ。
 
posted by J.HASE at 01:25| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

J-COM NET の通信速度を変更しました。(その2)

 最近雑誌を読んでいて,イー・モバイル契約者のオプション・サービスに1,500円でADSLが使えるというサービスがあることを知り,詳細を聞くためにイー・モバイルに電話した。すると,具体的には,NTT回線の権利があり,NTT電話を使用している人が対象とのこと。サービス自体は,契約者の自宅ではなくてもよいとのこと。僕の場合は,今使用していないNTT回線の権利があったので,それを使えば良いかと考えたが,それだとNTTの基本料金が毎月1,500円前後必要になり,結局トータルで3,000円ちょっとの費用がかかってしまう。これは,現状のJ-COMのネットと電話の環境よりは少し安いのだが,電話番号が変わってしまうこともあり,そこまでする価値があるのか疑問に思ってしまった。また,タイプ2という,NTT回線の権利の必要のないコースもあったが,これは月額3,000円。ほとんど変わらないふらふら。なお,ADSL使用中でも,電話は普通に使えるとのこと(当然か…)。
 そういうわけで,改めてJ-COMのネットと電話のパックが月額いくらだったかを確認するために,ネットで調べてみると,なんと月額4,725円のJ-COM NETパック40Mコースというのが掲載されていた。これは,下り40Mのネットと,電話のパックで,1年ごとに契約が更新されるというサービス。今の僕のネット環境は,ネット(12M)と電話を合計して,月額5,229円。これでは,わざわざ遅い回線を使って,高い費用を支払っているようなもの。J-COM NETパック40Mコースの詳細を聞くために,今度はJ-COMに電話。すると,契約期間中に契約月とその前月以外で解約すると,解約料金として,8,925円が必要になるとのことだった。しかし,引っ越しなどをして,電話番号が変わったとしても,J-COMの契約を継続するならば,解約料金は発生しないとのことだった。
 そこで,このJ-COM NETパック40Mコースに変更することに。切り替え作業自体は,向こうの設定を変えるだけのようで,今日にも変更できるとのこと。そして,明日からの料金は日割りになるとのことだった。
 そして,変更して改めて考えたのだが,自宅をNTT回線に戻し,イー・モバイルのオプション・サービスを使用すれば,月額3,000円ちょっとでネットと電話が使えることに,改めて気がついた。が,後の祭りがく〜(落胆した顔)。イー・モバイルのADSLが3,000円という計算をしてしまい,トータルの月額料金が同程度と勘違いしてしまっていた。この考えでいくと,むしろ自宅のJ-COMは,解約してしまった方がよかったくらいだ。
 明日,J-COMを解約して,改めてNTTとイー・モバイルと契約するということもできなくはない。しかし,この数ヶ月J-COM NETについては,回線の変更を3回も行っている(20M→1M→12M→40M)。あまりにもバタバタしすぎた。そのためにそれぞれの回線変更手数料も3,150円×3=9,450円もかかっている。ここで,J-COMを解約したら,今回発生した回線変更手数料の3,150円は,また無駄になる。ここは,自分の中で少し落ち着いて,1年様子を見ようと考えている。つまり,解約手数料がかからない来年2月に,あらためてNTTとイー・モバイルのADSLに契約した方が良いと判断したら,そうすることにする。
 昨年,11月にイー・モバイルと契約したときに,上記のことに気がついていたら,無駄なお金はかからなかったのだが,なかなかベストな方法を模索するというのは,難しいものだふらふら
posted by J.HASE at 01:59| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

世界一美しい周期表ポスター 小PP版

  自分が営んでいる学習塾の壁に貼っておきたいと思い,購入した。商品は,コーティングされた丈夫な紙でできているので,耐久性は良さそう。しかし,丸めて配送されてきたので,紙が丈夫な分,その丸みを取るのに苦労した。両面テープで壁に貼り付けておいても,丸みが取れるまで,壁から何度か剥がれ落ち,少し苦労した。そして,商品自体は,すべて英語で書かれているので,小中学生が見ても,これが何なのかさっぱりわからないだろうが,逆に彼らの潜在意識にこれを蓄積させておいて,高校に入って化学を勉強したときに,「あぁ,これか」と思い出してくれたら嬉しいと密かに考えている。また,高校生にとっては,それぞれの元素のイメージを膨らませるのに少しでも役に立ってくれたらと思う。いずれにしても,これを壁に貼っておいたら,格好良いだろうなと思い,購入した。そして,確かに格好良い。しかし,全体が黒なので雰囲気が少し暗くなってしまった。そうならないために,貼る場所は考えた方が良いかも知れない。
posted by J.HASE at 17:13| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

「クラウド化」についての考察。

 「クラウド化」という言葉が出てきて久しいが,今の僕にとってクラウドでもっとも熱いのは,外部のサーバーでデータを共有することである。具体的には,「Yahoo!ボックス」「SKY Drive」「Nドライブ」「ZumoDrive」などのデータ共有ソフトをいかに使いこなすかということが,今の僕の当面の課題となっている。それぞれについて見ていく。
 まずYahoo!ボックス。これはYahoo!会員なら5GB無料で保存でき,Yahoo!プレミアム会員(月額346円)なら50GB保存できるというサービス。ソフトをインストールすれば,パソコンのYahoo!ボックス内のファイルは自動的にYahoo!ボックスに保存され,他のパソコンで開いても同じファイルを見ることができるというもの。これは,使っていて非常に理想的なものだと感じた。アンドロイドのアプリもあり,スマホからもアクセスでき,申し分ない。5GBと容量が限られるが,今後増えることを期待したい。プレミアム会員になると,オークションで5,000円以上のものを落札できたりするが,当面は不要。
 そして,それと同じようなことができるのがSKY Drive。これは25GBを無料で保存できるが,同期できるファイルは5GBまで。しかも,同期はWindows7のみで,XPには対応していない。自宅のネットブックがXPなので,同期ができないのが非常に残念。しかし,今後自宅のノートパソコンを買い換えれば,SKY Driveの同期機能が使えるので,今後活躍しそうだ。アプリについては,iPhoneはあるのだが,アンドロイド用にはまだない様子。同期機能も含めて,まだ開発段階か。もしこれが25GBすべてのファイルを同期できたら,相当すごいことになると思われる。また,最近サイトが改良されたようで,画像ファイルなどが見やすくなっているのも好感が持てた。
 次は,Nドライブ。これは30GBという膨大な無料保存領域があり,かなり期待していた。しかし,大問題発生。画像や映像を保存すると,何と勝手にサムネイルを作成するのだexclamation×2おそらく良かれと思ってやってくれているのだろうが,はっきり言って「ありがた迷惑」ちっ(怒った顔)この余計な機能のせいで,画像や映像ファイルはNドライブには保存できない。したがって,30GBもあっても,その容量をすべて使用することができない。今は,iTunesの曲データを保存しているのみ。まぁ,それでも役に立ってはいるが,非常に期待していただけに,残念な状況となっている。せめて,サムネイル作成をオフにできるような仕様にしてくれればよかったのだが…。こちらも今後の改良に期待したいところだ。
 そして,最後はZumoDrive。これは,使用歴が最も長いソフトだ。そもそもファイルをネットのサーバーに共有するという発想に気付かせてくれたのがこのZumoDriveだった。そのような先見の明がありながら,現在では容量2GBと,他のサービスに比べてかなり見劣りしてしまう。しかも,ファイルを保存しても,それがサーバーに保存されていなかったりと,更新の頻度が低い。そのため,更新したはずのファイルが更新されていなかったりと今となっては散々な状況だ。
 以上のことから,今はYahoo!ボックスをメインに「クラウド化」を進めている。将来的には,SKY Driveもかなり有望だろう。Nドライブには,現時点では単に容量が多いだけで,同期機能の使用が改善されなければ,メインにはならない。ZumoDriveは,これを機に引退してもらおうと考えている。他に「DropBox」や「Evernote」など興味がないわけではないが,必要があれば,使ってみたいと考えている。そうそうiCloudももちろん興味はあるのだが,いかんせん今の僕にはiPhoneもMacもないのでどうしようもない…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by J.HASE at 23:32| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J-COM NET の通信速度を変更しました。

 Sony Ericsson S51SE(イー・モバイル)を購入してから,月額の通信料が若干これまでよりかかるようになったので,何とかその埋め合わせをできないものかといろいろと考えていた。そこで自宅のJ-COM NETの通信速度を下げて,月額費用を削減することを考えた。当時は20MBで,それで動画もダウンロードもほとんど問題なく,むしろ速すぎるくらいだと考えいた。費用は電話とセットで5,000円くらいだったか。しかし,自宅でネットをすることがほとんどなく,多くても夜の1時間程度だったので,もったいないと考えた。それで,昨年12月にJ-COMに電話して,月額費用が3,129円の下り1MBのコースに変更。月額費用が1,000円以上安くなったと喜んでいたのも束の間,あまりのネットの通信速度の遅さに唖然。画像1枚ダウンロードするのにも,1分くらい時間がかかるようになってしまった。それでも,何とか我慢して使っていたのだが,2月中旬に限界に達し,再びJ-COMに電話して月額費用が4,179円の下り12MBのコースに変更。これで何とか以前とほぼ同等の通信速度に戻った。コースの切り替え費用で,それぞれ3,150円かかったので,トータルで6,300円の余計な出費となってしまった。1MBのコースは,職場で使用していたので,体感速度はわかっていたはずなのだが,自宅のネットブックは職場よりも性能が低いので,その分,通信速度が余計に遅く感じられたのかも知れない。月額費用もほぼこれまで通り。それでも,今回の件で自宅の最適な通信速度を確認できてある程度良かったと考えている。
posted by J.HASE at 23:08| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VAIO ultrabook。出たら,買います。

 04868420-photo-vaio-proto-ultrabook.jpg CES2012で,VAIO ultrabookのプロトタイプが公開されたようですが,これはいったいいつ発売になるのでだろうか。以前僕が考察したとおり,これからのノートパソコンに,DVDディスクドライブはいらない。理由は,ディスクドライブは壊れるから。もし,壊れたらノートパソコンそのものを買い換えなければならなくなる。それは,非常に非効率な話だ。なぜなら,時代はクラウド化へと進んでいるため,ノートパソコンの進化が劇的である必要性がなくなってきたためである。時代が求める製品というのは,安くて必要最低限のノートパソコンなのである。だから,13インチ程度の画面と,ある程度高性能のCPU,4GB程度のメモリ,そしてできればSSDくらいで,仕事では十分に使える商品になるはずだ。DVD(またはBD)ドライブについては,外付けで十分である。1万円も出せば,十分な商品が買える。
 そして,現時点では,アスースなどから,これらの条件を満たすultrabookが,どんどん発売されている。しかし,僕はVAIO ultrabookが出るのを待ちたい。理由は,これまでVAIO を3台購入したが,どれも使っていて満足感を得られたからである。ソニー製というのは,伊達じゃない。そのデザインセンスの高さ,キーボードの隅から隅まで考えられた機能性。それは確かに価格に見合うものだったと僕は考えている。人それぞれ好みはあるだろうが,僕にとっては,ソニーのVAIOが一番しっくりくる。それは,大学時代から変わらない。
 今,自宅では東芝のネットブックを使っている。これは,ネットブックが全盛だった約2年前に購入したものだ。東芝製はこれが初めてだったが,正直キーボードが打ちにくいし,愛着が沸かない。購入して1年で故障したりもした。日本メーカーとしてあり得ない話だ。もちろん,必要最低限はクリアしているが,この製品の上位機種を購入しようという気にはなれない。それは,一言で言えば,「感性」の問題である。僕の場合,VAIOで仕事をしていると,こちらの声に呼応して,VAIOが共鳴しているように感じられるが,東芝のネットブックの場合,こちらの声をスルーして,何も返ってこない。言語化すれば,そういう感覚だ。これは,まさに「感性」としか言いようがない。
 VAIO ultrabook。出たら,買います。
posted by J.HASE at 22:51| Comment(0) | 希望製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぺんてる グラフギア500 0.5mm PG515

 小学生の頃からずっと様々なシャープペンシルを使ってきた。多くは100円から高くても300円程度のものばかりだった。最初は色やペンを握ったときの感触などで購入を決めていたのだが,最大の問題点は,使用して1年もするとグリップのゴムが劣化しふにゃふにゃになってしまうことだった。私は,ペンを握るときの力が他の人よりも強いので,その分ゴムの劣化が早いようだった。それで,そのグリップの劣化のために,芯を出す部分は問題ないのに,新しいシャープペンシルを購入していた。もちろん,グリップの部分をボンドで止めてみたり,グリップだけを交換したりと何とか節約する方法も考えたのだが,上手い方法は見当たらなかった。
 そして,このシャープペンシルに出会ったのは,もう4,5年前のことだろうか。見るとグリップの部分が金属になっている。その瞬間「これだ!」と思った。グリップの部分が金属であれば,握り方の強い私であっても,ずっと使い続けられるはずと考えた。また,金属なので書きにくいのではないかとも購入前は思ったが,それでも試してみる価値があると考えて購入してみた。結果は大正解。金属を使用しているが,そこまで重くない。しかも,重心がペン先の方にあるので,書くときに安定感がある。書きにくいという私の懸念はすぐに消えた。そして,このペンをずっと使い続け,気付けば4,5年が過ぎていたという感じだ。今ではこのペンがないと,少しイライラするくらい私に取っては必需品となっている。それで,どこかに忘れたときのためにと思い,最近もう1本購入した。職場の引き出しに常備してある。価格は確かに高めだが,その価値は十分ある。
 デザインも素晴らしいし,本当に生きている間,使い続けられるシャープペンシルと言える。
posted by J.HASE at 22:19| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤沢駅のビックカメラに行ってきました。

 最近,藤沢駅のビックカメラによく行っている。職場が近くにあるので,少し時間があったら,いろいろと家電を見ている。今回は,エアコン。事業所の1階のエアコンは,5年くらい前に購入したものなのだが,これがかなり安物を買ってしまい,冬場の暖房がほとんど効かない。これには毎年いつも「失敗した…」と感じていた。暖房を付けても,他にヒーターを付けたり,膝に毛布をかけたりしないと,まったく暖かくならない。それで,今年こそはエアコンを取り替えようと考えている。店員さんにどこのメーカーがお勧めですかと尋ねると「何を重要視するかによる」とのことだったので,「値段は張ってもよいので,性能が良いのはどれですか」と話すと「今は,パナソニックかシャープ」とのこと。「ダイキンとかも良いと聞きますが」と話すと「ダイキンは加湿とサポート。また,もともと業務用エアコンのメーカーなので,歴史はある」とのこと。「なぜパナソニックが良いのか」と聞くと「暖房は部屋の上層の空気のみが暖まり,下層は暖まりにくい。それで,上層のみ暖まると冷房に切り替わることがある。パナソニックはそうならないようにしている。また,寒いときは室外機が凍結してしまい,それを融かすために,冷房に切り替え,室外機の温度を上げるということを従来のエアコンはしているが,パナソニックはそれを極力しないように,室外機を工夫している」とのことだった。また,「石油ファンヒーターの方が安上がりなのですか」と聞くと「エアコンの方が費用はかからないが,石油ファンヒーターは,開始時の火力が強い」とのこと。
 エアコンについての知識はほとんどなかったので,勉強になった。わーい(嬉しい顔)
posted by J.HASE at 14:58| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

SONY Bluetooth レーザーマウス ホワイト VGP-BMS20/W

 4年前に「VGP-BMS33/W」を購入し,ノートパソコン用のマウスとして使用していたが,ホイールの反応が悪くなり,新しく本製品を購入した。現在使用しているノートパソコンは,「VPCY219FJ/S」で,いわゆるVAIO Yである。だから,デザイン的にも見た目が変にならないようなセンスのあるマウスが欲しかったので,そのままVAIOのロゴがこのマウスで引き継ぐことにした。
 使用感としては,これまで使用していた「VGP-BMS33/W」に比べるとサイズがやや小さくなり,最初は違和感を感じた。「VGP-BMS33/W」は,デザインが特徴的だったが,使ってみるとなるほどと納得させられるとても考えられたマウスだった。それに比べると,本製品は良くも悪くも「普通のマウス」という印象を受けた。もちろん,様々な試行錯誤の結果生まれたマウスだとは思うが,結果として特徴があまりないマウスに仕上がっているように感じた。色については,ホワイトを購入したのだが,白と言うよりは,光沢のあるクリアな白という感じで,シルバーにも近い印象を受けた。
 以上が商品を購入した感想である。やや小さいと感じた点も,使っていくうちに慣れてくるだろう。VAIO純正ということもあり,接続に関しても何も問題なかった。あとは,これまで使っていたマウスのような不具合が起こらず,ずっと使い続けられたらと思う。
posted by J.HASE at 15:15| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする