2011年09月28日

2 in 1 トイレブラシ ホワイト W078W

 これまで100円ショップなどで,安いものばかり購入していた。しかし,ちゃんとトイレの掃除をするために,しっかりした商品を買おうと考え,本製品を購入した。100円ショップのものでも,それなりにきれいにはなるのだが,やはりピカピカというふうにはならなかった。そこで,しっかりしたブラシで磨こうと考えたのだ。
 実際に使ってみた感想としては,商品にそれなりに質感があって,商品としては満足している。しかし,本製品のブラシを使って,汚れが落ちてピカピカになるかと言えば,そうは感じられない。100円ショップのものよりも,若干良いくらいにしか感じない。小さい方のブラシも,購入するまでは便利かと思ったが,実際に使ってみると,そうでもない。したがって,トータル的には,可もなく不可もなくといった印象だった。
 ブラシは丈夫そうなので,1年くらいは問題なく使用できるのではないかと考えている。
posted by J.HASE at 13:35| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

軽量アルミ ホワイトボード 1200x900mm WBA-1290

 これまで900×600のホワイトボードを掲示板用に何枚か購入してきた。900×600では,B5の用紙が8枚程度掲示できるのだが,より壁を有効に利用したいと考え,本製品を購入した。サイズ的には,これ以上のものもあるが,一人で設置するにはサイズ的にこれが限界ではないかと考えた。また,しっかりした材質のものが欲しかったので,この製品を選んだ。重さは結構あるのだが,壁にフックをつけて,男一人で何とか設置することができた。幅も両手でなんとか持てる幅なので,うまくフックに通すことができれば,一人で設置できるだろう。しかし,二人で設置したほうが当然無難である。そして気をつけたいのが,フックを通す穴がプラスチック製であること。今まで,900×600のホワイトボードを購入したときは,金属の穴だったのだが,この重量で大丈夫か最初心配だった。しかし,設置して1カ月以上過ぎたが,特に問題はないようだ。
 価格は,900×600の倍以上するが,面積も倍なので,広い壁がある場合は,本製品を使うとより有効的に壁面を利用できるだろう。
posted by J.HASE at 20:26| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

DELLの営業FAXチラシに怒り心頭。

 毎週火曜日の朝にDELLからパソコン販売の迷惑ファックスが送られて来ていた。だいたいの迷惑電話やファックスは,送信者番号を迷惑設定にすると送られて来なくなるのだが,このメーカーだけは違っていたがく〜(落胆した顔)。何と,番号を迷惑設定にすると,次の週は「違う番号で」送信して来たのである。そしてまたその番号を迷惑設定。すると次の週はまた違う番号から送信して来た。これを繰り返すこと数ヶ月。こちらとしては,全部の番号を迷惑設定にしてやろうかと考えていたのだが,さすがに馬鹿らしくなり,今日迷惑なことをするなと電話しようと決意。
 そして,ファックスに記載されている番号に電話すると,なんと応対は機械音声がく〜(落胆した顔)。しかも,ファックスを停止するためには,その機械音声に従って,自分の電話番号や,向こうが勝手に指定した「お問合せ番号(14桁)」とやらを入力しなければならなかった。なぜ,向こうが勝手に送りつけてきたファックスの配信の停止をするために,こちらがこんなに面倒なことをしなければならないのかexclamation×2exclamation×2DELLの営業部隊は,頭がおかしいのか。
 少なくとも僕はこんなメーカーからパソコンを購入したいなどとは,絶対に絶対に思わない。こちらの迷惑も考えずに,一方的に営業ファックスを送りつけてくるメーカー。それがDELLです。
posted by J.HASE at 22:10| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

久々にビックカメラ新宿西口店に行ってきました。

 前回いつ行ったのか覚えていないくらい久しぶりにビックカメラ新宿西口店に行った。たぶん1年振りくらいではないだろうか。新宿には良く行くが,いつも電車を乗り換えるだけで素通りしていた。9月は多くのメーカーから新製品がアナウンスされ,売り場も相当活気づいていた。
 そんな中,僕が一番実機に触りたかったのが,イー・モバイルのS42HWとHTC Ariaである。共にテザリングに対応している。はっきり言って,スマートフォンは,テザリングに対応していなければ,まったく意味がない。自宅でネットを契約して,さらにスマホで月5,000円もネット接続にお金を支払うのは,本当にバカバカしい話だ。スマホにするならば,テザリング機能があれば,自宅のネットは解約できる。だから,月額にかかる費用もほとんど変わらない。そうでなければ,意味がない。そういう意味では,iPhoneでさえも,僕の条件を満たしていない。満たしているのは,イー・モバイルの製品だけである。月額費用を確認すると,メールやテザリング機能などすべての費用込みで月額5,000円程度のようだ。また,電話番号については,番号ポータビリティにより,変わらないとのこと。そして,実機については,今月発売されるS42HWについては,ボタンがついていて使いやすいかと思ったが,ややサイズが大きく,イメージと違った。以前からずっと気に入っているのが,HTC Ariaで,これは今も変わらない。タッチすると,振動するというのも,なかなかよく考えられている。iPhoneと比較すると,確かに反応はカクカクしている。やはりiPhoneのインターフェースは,アンドロイドよりも優れているのは,明らかだ。触って比べてみれば,一目瞭然だ。また,WiMaxの店員さんに聞いたのだが,ドコモ,AU,ソフトバンク,イー・モバイルなどの電話会社は,ネット利用がある量を超えると「帯域制限」というのがかけられ,ネットの速度が落ちるとのこと。しかし,WiMaxは,電話会社ではないので,そのような帯域制限はないとのこと。しかし,ソフトバンクの店員さんによれば,WiMaxは,地方のエリアをあまりカバーしていないとのことだった。
 次の見たのが,YAMAHAのCRX-550。自宅のコンポはもうすぐ購入して20年になる。PanasonicのMASHだ。これは,カセットテープはすでに壊れ,もちろんiPodは,オーディオ・ケーブルで繋ぐしかなく,年代物となっている。そのため,お金に余裕ができれば是非新しいコンポを買いたいと考えているのだが,なかなか実現できていない。そして,今一番欲しいのが,このCRX-550だ。出力は32W+32Wと,今のコンポより少し落ちるが,それはヤマハのモニタースピーカーの性能がカバーしてくれるだろう。デザインもシンプルだし,機能は必要最小限だし,是非購入したい機材だ。iPod nano 第6世代を持っているので,それを直接接続して,音楽を再生できれば,より快適に自宅で音楽を聴けるようになるだろう。
 それから,次に行ったのがプリンタだ。先月末にブラザーの複合機「JUSTIO MFC-J6710CDW」を購入したばかりだが,新製品のプリンタがすでに店頭に並んでいた。驚いたのは,DCP-J925Nというプリンタ。これはCD/DVDにレーベル印刷ができるだけでなく,そのトレイをプリンタのフタに格納できるのだひらめき。両面印刷にも対応していて,価格は23,000円程度だった。かなり魅力的な製品だ。ブラザーのプリンタを見ていると,他者メーカーの製品が霞む。また,近い将来,FAX付きの電話を購入予定だったので,電話付きの多機能モデルも見に行った。しかし,まだ新製品は出ていなかった。
 それから,iPad2。これはさすがに素晴らしかった。以前と同様に店員さんに「パソコンのデータを見ることはできますか?」と聞いてみたら「もうすぐiCloudというサービスが始まるので,できるようになります」とのこと。それじゃ,タブレットっていったい何のためにあるんですかと,正直聞き返したくなりながら,「そうですか」と答えた。タブレットは,ネットワークに繋がって初めて意味があるというのに。そうでなければ,ゲーム機と何も変わらない。少なくとも店員さんは,まだそれに気がついていないようだ。そして,なんとSONY Tabletも展示してあったので,実機を触ったが,確かに本を折り曲げたような形は,手に持ちやすい。それを考えた機構というのは,非常によくわかるのだが,やはり見た目の美しさはiPad2の方が素晴らしい。つまり,僕ならどちらと言えば,iPad2を選ぶ。
 以上が,今回の主な収穫。製品の前で立ち止まっていたら,店員さんがひっきりなしに声をかけてくれたので,いろいろと情報を収集することができた。店員さん,どうもありがとうございました。そして,発売前の実機をたくさん展示して,自由に触らせてくれるビックカメラ新宿西口店は,さすがです。また行きます。
posted by J.HASE at 01:52| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

Brother A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-J6710CDW

 今まで2年半くらい使用してた「A3カラー/ビジネスインクジェット複合機 JUSTIO MFC-6490CN」が,突然紙詰まりのエラーが出て印刷できなくなった。いろいろと調べてみたが,何度調べても紙詰まりエラーで印刷できず。このプリンタがないと,まったく仕事が進まないということで,大急ぎで本製品を購入した。MFC-J6710CDWの存在は,発売当初から知っていて,これまで使っていたMFC-6490CNも,だいぶ印刷の品質が落ちていたので,ぼちぼち買い換えたいとは思っていた。しかし,こんなに急に購入することになるとは思ってもみなかった。
 本製品を購入してみて,今まで使っていたMFC-6490CNとの違いを述べると,次の通りである。
・インクがLC12/17という新しいタイプになっている。MFC-6490は,LC11/16だった。そのため,これまで使っていたインクの在庫が使えなくなった。
・用紙を入れる段が,上段,下段とも250枚収納できるようになった。MFC-6490は,下段のみ250枚で,上段は250枚も収納できなかった。これは,単純に収納量が増えて助かる。
・ディスプレイのサイズは変わらないが,インターフェイスが良くなっている。フォントが大きくて見やすくなり,アニメーション表示などもあり,多少わかりやすい。
・背面から給紙できるようになった。まだ,試していないが,1枚ずつしか給紙できないようだ。あまり意味がないかも。
・コピーの後の「お待ちください」が長くなった気がする。MFC-6490より,印刷速度は確かに速くなっているが,その後の「お待ちください」を妙に長く感じる。しかし,これはファームウェアのアップデートで今後改良されるかもしれない。
・両面印刷が可能になった!!これは,非常に便利。MFC-6490が両面印刷に対応していなかった分,この機能には感動すら覚える。この価格帯で,しっかりと両面印刷してくれる機種は他にない。しかし,拡大縮小で両面印刷でコピーはできないようだ。

 製品が到着して,約1週間で気付いた点は以上である。サイズについては,若干大きくなった印象はあるが,今まで使っていた机の上にギリギリ乗ってくれた。本製品を購入して感心したことは,やはり印刷速度が上がったことと,両面印刷である。プリンタとしての基本的な性能を向上させ,さらに細かな点で改良を加え,ほぼ同じ価格帯で製品を提供しているブラザーには,心から感謝している。

posted by J.HASE at 00:15| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする