2010年03月19日

ケンウッド iPodドック付パーソナルCDシステム CR-iP500

 仕事で英語のCDを再生するために購入。また,第5世代iPod も持っていたので,iPod 再生用としても使っている。まず,CDの再生については,上部からCDをスロット・インするような形。したがって,再生中にCDは見えない。iPod はその後ろに挿入口がある。第5世代iPod では,ディスプレイの下部が少し見えなくなってしまい,選曲の際に少しだけ困る。しかし,付属のリモコンを使って,iPod 内の曲を選択できる感覚は,とても新鮮だった。音質は,それなりの音だと感じる。やはり,ステレオ・コンポには敵わないが,安いCDラジカセに比べれば,クリアな音が出ていると感じる。また,USB 端子も搭載されており,USB メモリを差し込むと,自動でファイルを読み取り,順番に再生する。使い方によっては,便利な機能となるだろう。また,外部入力端子もあるので,ノートパソコンなどのスピーカーとしても使えるだろう。
 そして,デザインについては,賛否両論があるところだろう。あまりにも特徴的なデザインなので,一般的な部屋に置くと,少し浮いているように見えるかも知れない(雰囲気が)。私は,それを承知で購入したので,特に後悔はない。また,両サイドの赤く光る部分は,電源を切ると消える。電源を入れると点灯する。輝度は二段階で調節できる。悪くない機能だろう。特に点滅したりだとか,派手な演出ができるわけではない。そして,この製品の最も秀逸な点は,リモコンであると感じる。特にテンキーがあるわけではないが,「決定」ボタンを押して,左右のボタンを押すと,CDのトラックが選曲できる。だから,99トラックもある英語のCDでも,すぐにトラックを選んで再生することができる。また,一時停止もリモコンでできるので,まさにこちらが求めていた機能が盛り込まれていて,とても助かった。さすが,KENWOOD といった感じだ。
 最後に,改善して欲しい点としては,まず持ち運ぶための取っ手をつけて欲しかった。せっかくコンパクトなサイズでまとまっているのに,持ち運ぶときは両手で落とさないように運ばなければならないのは,不便であった。あと,リモコンの「REC」ボタンだけが赤いのだが,これを電源ボタンとよく間違える。まぁ,これは慣れるかもしれないが。それから,内蔵の時計だが,セットしてもコンセントを抜くと,リセットされる。だから,毎回セットしなければならないので,面倒だった。
 以上のことから,不満な点も多少はあるが,しかし,製品としては良くできていると感じた。良い買い物をしたと思いっている。
posted by J.HASE at 23:19| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今,購入したい3つの商品。

 まず,ノートブックのVAIO Y。これが本当に欲しい。もちろん,お金がいくらでもあるなら,VAIO Z が欲しいけど,そんな予算はない。いや,VAIO Y を買う予算すら現状では存在しない。でも,今仕事で使っているパソコンは,2004年に購入したVAIO type T。これが,もうかなり限界に来ている。むしろ,現時点で仕事で使えている方が奇跡というもの。可能性としては,VAIO Y にOffice 2010 が搭載された時期が買い時だろう。その頃には,Windows 7 の不具合もだいぶ解消されているだろうし,初期ロットに心配する必要もなくなるだろう。だから,時期としては,6月か7月くらいだろうか。まぁ,その頃に予算があればの話だけど。
 そして,次に欲しいものはケンウッドのK-521。これは,iPod 接続端子を搭載したコンポ。昨年iPod nano を買って,それをダイレクトで接続できたら楽しいだろうなと思う。今は,大学生の頃(17年前)に購入した,Panasonic MASH にアナログ・ケーブルにiPod を繋いで再生しているけど,とてもスマートとは言えない。この古いコンポは,何度も買い換えようと思いつつ,気が付いたら17年という年月が過ぎていた。今では,カセットは再生できず,CDはよく音飛びするので,もっぱらiPod 再生用だ。それでも,当時5万くらいしただけあって,音は素晴らしい。だから,今でも結果として大事に使っている。でも,時間とお金があれば,このコンポを処分して,K-521 を購入したいものだ。
new_product_ipad_0.jpg そして,最後はiPad。これは,発表を見た瞬間買おうと決めた(予算があればふらふら)。これは,本当に素晴らしい。何が素晴らしいって,書類や画像をこの大きさで縦表示できることだ。これまでのノートブックは,ワイド化され横長になった。そのため,縦長のファイルは,折角ある画面の半分くらいを使ってしか表示できなかった。でも,このiPad なら,縦長に使える。インターネットもメールもすべて,これで解決する。自分の手元で,すべてのことが完結するというのは,かなり新鮮な感覚なのではないだろうか。価格も手頃のようなので,是非購入したい。それから,さらにはもっと世の中にWiFi が普及してもらって,ケータイのいつまでたっても安くならない,パケット定額に入らなくても,外出さきでインターネットができるようになって欲しい。外出先でちょっとネットを使うために,5,000円も払えないちっ(怒った顔)。iPad が,そういう進化が止まっている世界を,崩壊させる起爆剤になってくれればいい。そして,僕もそれに力を貸したい(予算があれば)。

posted by J.HASE at 01:30| Comment(0) | 希望製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

機動戦士ガンダム日々のことば

 ある意味衝動買いしてしまったのだが,Zガンダムからの世代の僕にとっては,正直ピンと来なかった。1日から31日まである日々のことばも,そこまで心にしみる言葉でもない。それを見て,考えさせられたり,感心させられたりすることもない。この31個のフレーズを本当に真剣に選んだのかというのも疑わしい。もし,ここに書いてある31個のフレーズが,ガンダムを代表するものだとするならば,ガンダムはそこまで面白いアニメではなかったと,自ら暴露しているようなものだ。
 個人的には,Zガンダムのカミーユやシャアのセリフの方が,よっぽど感動した。
posted by J.HASE at 04:41| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Google 日本語入力」を使ってみました。(その2)

 正直に言うと,僕は「Google 日本語入力」を過信していたようだ。しばらく「Google 日本語入力」をメインで使ってみたのだが,僕が使っている TOSHIBA dynabook UX のような非力なマシンでは,少なくともこれは使い物にならない。まず,アプリケーションを切り替えてからの使い始めの動作が重すぎる。例えば,Firefox で何かことばを入力しようとすると,全然動かない。それから,無意味な変換候補が多すぎる。予測変換もまったく役に立たない。はっきりと言えば,現時点での「Google 日本語入力」は,ATOK の足元にも及ばない。これは,Google Chrome が,Firefox に及ばないのと状況は似ているのかもしれない。
 結局,IME というものは,大量のウェブの情報よりも,自分自身がどんな傾向の言葉を使うかということの方が重要であるということを,「Google 日本語入力」を使ってみて改めて実感した。つまり,自分がよく使う言葉を覚えてくれて,必要なときにそれを予測して変換してくれた方が,結局は手っ取り早いということだ。
 だから,今は再びATOK を使っている。この状況はしばらくは変わらないだろう。しかし,もし「Google 日本語入力」が,よく使う単語の共有機能を有したら,状況は逆転する。面白いと思うのは,自分だけでなく,自分と似た傾向にある人を選んで,その人達の単語も共有できるようにしたら便利ではないかと考える。今後のIME は,その機能をいち早く取り入れたものに軍配が上がるだろう。おそらく。
posted by J.HASE at 04:22| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

Googleドキュメントに,危ないところを助けられました!

 今日は,Googleドキュメントの有り難さを痛感した日だった。今日は,朝から仕事が入っていて,大変な一日になることはわかっていたのだが,さすがに夜は大丈夫だろうと,19時から別の仕事を入れていた。ところが,昼間の仕事が思った以上にはかどらず,18時になっても終わっていなかった。そこで19時からの仕事は明日に変更してもらおうと考えた。そのため,相手先に電話しようとしたが,何と相手先の電話番号を携帯に登録していなかった!メアドは知っていたが,メールでは相手に連絡が伝わったのかどうかを返事をもらわないと確認できない。電話のほうが確実だと考えた。
 そこで,思いついたのがGoogle ドキュメント。相手先のデータをGoogle ドキュメントに登録していたのだ。早速,仕事場のパソコンから,iGoogle にログイン。Google ドキュメントからすぐに相手先のデータを手にいれることができた。そして,すぐに電話をして予定を明日に変更してもらうことができた。
 こういう事態と言うのは,あってはいけないことだ。自分のミスで,相手先に迷惑をかけてしまう。しかし,予期せぬ事態というのは,起こりうるものだ。そのようなことが起こった際に,対応出来る策を講じておくのは,大事なことだ。そのような意味で,Google ドキュメントを使って,データ管理をしていたのは,本当に不幸中の幸いだった。これが,もし自宅の自分のパソコンのハードディスクにだけ,データを保存していたらと考えると,ほんとうにゾッとする。これは,信用問題に関わる話しだ。だから,改めてGoogle ドキュメントは,使えるツールなのだということを再認識した。
 ちなみに,同じようなことをZumoDrive でもすることができるが,これは使いにくかった。なぜなら,ZumoDrive のサイトにアクセスするのに手間がかかったから。Google ドキュメントなら,検索エンジンで「Google」と検索すれば,それだけでiGoogle にアクセスできる。これは,Google にとってかなり大きなメリットであると言える。
posted by J.HASE at 22:30| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

TOWER CUBE ~タワーキューブ~(岡本CUBE)

 年末年始で仕事がないときに,暇つぶしにと思い購入した。製品は,とても丈夫で,シールも剥がれにくいし,回転もスムーズだ。そして,実際に遊んでみたところ,難しい。初心者の僕にとってはとても難しく感じられる。自分なりの法則を見つけて,それを組み合わせていけば,奇跡的にすべての色を揃えることはできたが,その法則性がまだ偶然を含んだ,不確かなものなので,再度チャレンを試みたがうまくいかない。まだまだ修行不足だ。まずは,このキューブを撃破してから,次のキューブに進みたいと考えているが,それがいつになるのかは自分でもわからない。とりあえず,机の脇に置いておいて,気分転換がてらその法則性を見つけていく。
 ちなみに,このキューブを発明した岡本氏は愛媛県出身とのことで,同郷である自分にとっては誇らしい限りである。こんなすごい人が愛媛にいると知って驚いた。
posted by J.HASE at 18:32| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェンガ 25th アニバーサリージェンガジュニア

 5年くらい前に,会社の上司のところへ遊びに行ったときに,皆でやってハマったゲーム。ゲーム自体は誰でもすぐに理解できる簡単なものだが,実際にやってみるといつ崩れるのかというスリル感がたまらない。この感覚はやってみないとわからない。僕自身,これをやるまでは,そんなに楽しいゲームだとは思わなかった。そして,このスリル感は,子どもだけでなく大人でも十分楽しめる。そして,物自体が立体的なので,テレビゲームにはないリアリティがある。また,皆でやるので,誰が崩してしまうのかという楽しみもある。本当によくできたゲームである。
 この商品を購入したのは,当時を思い出して,皆で集まったときにこれをやって楽しもうと考えたからである。ゲームをやる機会自体は少ないが,皆でやる機会ができたら,是非やりたいと考えている。
 ちなみに,頑張れば一人でも楽しめます(寂しいですが…)。
posted by J.HASE at 18:20| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T-fal インジニオ 専用ハンドル ブラックファイヤー 18217

 T-fal インジニオ IHマロンブラウン フライパン 26cm L36105 を購入したときに,同時に購入した。値段はかなり高い印象を受けたが,T-Fal ということで妥協した。
 実際に商品を使ってみて,フライパンとの取り付け,取り外しについてはワンタッチで,とても便利である。適度な重さもあり,フライパンに取り付けたときは一体感がある。グラグラもしない。安定している。また,フライパンのどの場所にでも取り付けられるので,フライパンの特定の場所が汚れたりするのを防ぐことができ,フライパンの汚れ防止にも貢献している。また,フライパンを洗うときは,本製品を取り外して洗うことができるので,大変便利である。フライパン自体も,食洗機(SHARP QW-A70)に収まり,洗うことができた。
 以上のことから,値段は高いが,T-Fal のフライパンと使ってみると,非常に便利であるので,購入する価値があるのではないかと考える。
posted by J.HASE at 02:12| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T-fal インジニオ IHマロンブラウン フライパン 26cm L36105

 今まで使っていたフライパンが,錆びて使えなくなったので購入。滅多に買わないものなので,丈夫でしっかりしたものを購入しようと,少々高い商品であったが購入した。同時にT-fal インジニオ 専用ハンドル ブラックファイヤー 18217も購入した。また,自宅ではIHクッキングヒーター(SANYO IC-10DA)を使っていたので,IHに対応したものを購入した。
 実際に商品を使ってみての感想は,予定通りの使い方ができて満足している。温度の見える「お知らせマーク」は,あまり当てにしていない。自分の加減でやっている。そして,実際に料理をしてみて思うのは,以前使った安物のフライパンに比べて,非常に熱が伝わりやすいという印象を受けた。ヒーターのスイッチを入れてから,温まるまでの時間が短く感じられた。と同時に,スイッチを切ってからの温度の下がり方も速く感じた。以前のフライパンでは,スイッチを切った後の余熱も利用することができていたが,このフライパンではそれはあまりできなかった。また,汚れが非常に付きにくい。料理を焦がしてしまっても,フライパンに焦げが付かない。食器洗い機で洗えば,ほぼ完全にもと通りになる。これにはとても良い印象を受けた。サイズについても,取っ手が取り外せるので,食洗機(SHARP QW-A70)に収まり,洗うことができる。大皿として食洗機に収まるのは,大変便利だ。
 以上のことから,製品本体と取っ手を含めると,5,000円以上となり,かなり割高な商品になってしまうが,製品の品質と使い勝手を考えると,購入する価値もあるのではないかと考える。
posted by J.HASE at 02:00| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

ZOJIRUSHI 珈琲通 コーヒーメーカー ハーブブラウン EC-TB40-TD/象印

 今までポットからお湯を注いでコーヒーを飲んでいたのだが,2,3杯同時にコーヒーを作る機会が多くなってきたので,本製品を購入した。コーヒーメーカーという機械の存在は,ずっと昔から知っていたが,わざわざそんな機械を買う必要はないだろうと今までは考えていた。しかし,この製品を使ってコーヒーを飲んだとき,それまでのコーヒーとの味の違いにとても驚いた。確かに,これを使うと,喫茶店で飲むコーヒーのように美味しいコーヒーが作れるのだ。今までなんてもったいないことをしてきたのだろうと,とても後悔した。しかも,この製品の価格は2,000円ちょっとである。その程度の出費で,こんなに美味しいコーヒーが飲めるのなら,もっと早く購入しておけばよかったと思った。
 また,コーヒーメーカーがあれば,ポットのお湯が湧いていなくても,5,6分で美味しいコーヒーを飲むこともできる。さらに個人的には,コーヒーの代わりにお茶を入れてお茶を作ったりもしている。保温機能もあるので,紅茶を作って保温しておくということもできるだろう。さらに,自分以外の人にも美味しいコーヒーを飲んでもらえるというのも嬉しい限りだ。
 以上のことから,この製品は十分価格に見合うだけのコーヒーを作ってくれるので,インスタント・コーヒーばかりを飲んでいる人には,ぜひ使ってみてもらいたい。
posted by J.HASE at 00:23| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする