2009年11月01日

PlayStation 2 セラミック・ホワイト(SCPH-90000CW)

 ついに買ってしまった。ちょうど1年前,持っていたPSXを手放し,ソフトだけが残っていた状態だったが,日課にしていたDDR(DanceDanceRevolurtion)がどうしてもやりたくなって,本機を購入した。色は,セラミック・ホワイト。チャコール・ブラックの方が安く,セラミック・ホワイトはやや割高ではあったが,自分の好きな色を買おうとセラミック・ホワイトにした。買って正解。安っぽい白ではなく,ちゃんと質のある上品な白だった。
 本機については,まずその小ささに驚いた。これが,ゲーム機と思えないくらい小さい。ちょうどネットブックくらいの大きさだろうか。以前,PSXを持っていたからなおさらそう思うのかもしれないが,それにしても,今まで見たゲーム機の中では1番に小さいと感じた。これでPS2のゲームができるとは,信じられない。そして,ソフトの出し入れは,オープン式だ。横に置いて,上に開くというタイプ。スロット・ローディングではない。これは,他のレビューなどでは気づけなかった点だ。したがって,縦置きスタンドも買ったのだが,基本的には横置きにして使おうと考えている。また,付属しているケーブルについては,専用のものでS端子と音声ケーブルが一体となったものだ。したがって,D端子と音声ケーブルの一体型は付属していないので,改めて購入する必要がある。これも,買ってから気が付いたことだ。他に,USB端子が2つついているのだが,今のところ僕が持っているソフトでは使うことはないだろう。
 PS3が値下がりして,ネットなどで調べてみるとDDRのPS3用ソフトが来年初めには出そうな雰囲気だったが,まずPS3本体がPS2本体の倍以上すること,DDR以外にゲームをやる予定がないこと,そして,何より今すぐDDRがやりたいことなどを考えて,思い切って購入した。PS3に関しては,本体がもっと安くなってから,落ち着いて買えば良いと考えている。とにかく,僕は毎日ゲームをやるタイプの人間ではないので,DDRができればそれで十分なのだ。そういう意味で,本機の在庫があるうちに購入できて良かったと考えている。
 そして,約1年振りにやったDDRは,やっぱりとても楽しかった。久々にいい汗をかいた。
posted by J.HASE at 10:48| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする