2009年07月30日

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC2-5300 (DDR2-667) 2GB D2/N667-2G/E

 東芝dynabook UXを購入しました。標準でのメモリは1GB。ネットでいろいろと調べてみると,2GBのメモリを非公式ですが搭載できるとあり,本製品を購入しました。調べたときは,メモリ価格があまりにも安いので驚き,速攻で購入しました。5年前くらいに購入したノートブック(VAIO type T)では,512MBのメモリが当時2万円くらいしました。しかし,今は2GBでこの値段とのことで,正直信じられません。というか,こんなに安いのなら,最初からネットブックに2GBを標準で搭載してくれれば良いのにと思います。
 そして,動作については,dynabook UXのWindowsXPで,まったく問題なく動作しています。メモリの使用状況も平均して50%程度です。とても快適に動作しています。ネットブック用のメモリとしては,十分すぎる容量です。
 
posted by J.HASE at 01:39| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

I-O DATA ミニノートPC対応 ポータブルDVDドライブ DVRP-U8XLE2

 ネットブックを購入し,音楽CDやDVD鑑賞のために本製品を購入した。この商品を選んだ決め手は,デザイン。バッファローの製品も同価格帯で似たものがあったが,自分が持っている東芝dynabook UX(ホワイト)には,このデザインが一番合っていると感じた。
 そして,購入してからの感想としては,デザインはイメージ通り。CDを再生,インポートする分には,バスパワーで十分動く。しかし,DVD再生については,バスパワーでは不可で,ACアダプタを必要とした。バスパワーとACアダプタを切り替える際には,一度ドライブの電源をOFFに必要がある。バスパワーのときは青,ACアダプタのときは緑のLEDが点灯する。
 それから,USBの抜き差しについては,一度抜いて再度繋ぐとドライブを認識されない。これは,WindowsXPの仕様なのか,ネットブックの仕様なのかよくわかっていない。再起動すれば,再度認識するので,大きな問題ではないが。また,ドライブを閉める際,若干閉まりにくい感がある。
 以上のように,若干の問題点はあるものの,価格,性能の面では申し分ない。ドライブは頻繁に使うものではないので,使うべき時にしっかりと動いてくれれば,自分としては問題ないと考えている。今後ネットブックがシェアを伸ばしていけば,このような外付けドライブの必要性も上がってくるのではないだろうか。特にノートパソコンに内蔵されているドライブは,壊れると基本的に手の施しようがない。外付けならば,新しいドライブを買えば済む話なので,ドライブは外付け的な使い方が,今後主流になるのではないだろうか。
posted by J.HASE at 00:28| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

GUNDAM FIX FIGURATION # 0019 スーパーガンダム & フルアーマー・ガンダム Mk_II

 DVDでZガンダムのテレビ版を見ていて,「やっぱりマークIIは,格好いいな」と思い購入した。商品が届いてみての感想は,非常に丁寧に作られているという印象。以前に購入したνガンダムでも思ったが,制作者の情熱をとても感じる。デザインは,まさにマークUそのもので,アニメの世界から飛び出してきたように感じるほどだ。それくらいリアリティがある。Gディフェンサーもついていて,スーパーガンダムにもなれるが,マークIIそのものの出来が素晴らしいので,そのまま飾っていても,十分楽しめる。さらに,νガンダムのGFFと比較すると,マークIIの方が,一回り小さい。これは,実際のサイズを忠実に再現しているものと思われる。つまり,νガンダムの方が,マークIIよりも,一回り大きいのだ。そういえば,「逆襲のシャア」でνガンダムが今までのガンダムに比べて大きいというような記述があったような気もする。しかし,これは記憶があいまいなので,定かではない。
 そして,顔の造形についてなのだが,これは欲を言えば,もう少し格好良くして欲しかったというのが正直な気持ちだ。実際の顔を忠実に再現していると言われれば,それまでなのだが,正面から見るとどことなく顔がほっそりとしているように感じる。遠巻きに見ると,とても格好良いのだが。顔のデザインが不満と言えば,不満だ。
 以前購入したνガンダムがあまりにも素晴らしかったので,今回もそれと同等の出来を期待していたが,今回はほんの少しだけだが,期待はずれだった。
posted by J.HASE at 23:55| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

KOKUYO F-WPW107 消しゴム卵形

 デザインに一目惚れして,まとめて10個購入しました。実際の商品の色も,写真と同じく綺麗な白色です。大きさもちょうど良い大きさで,普通の消しゴムとして使えます。知り合いの人にどんどんプレゼントしていますが,皆「かわいい」「おもしろい」「使うのがもったいない」と好評です。
 この消しゴムらしくないデザインが,とても心をくすぐられます。持っているだけで,なんだか幸せな気分になれます。
 値段も手頃なので,是非おすすめします!!
posted by J.HASE at 01:55| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I-O DATA USB 2.0/1.1対応ポータブルハードディスク 500GB(ホワイト) HDPSK-U500

 自宅にPowerMacとWindowsXP搭載のネットブックがあり,両方でデータを共有するために購入した。当初は,据置型の外付けHDを購入することも考えたが,ネットワーク経由でデータを共有するよりも,USBで直接繋いでデータを共有した方が便利だと判断した。実際,必要なときにMacに繋ぎ,必要なときにネットブックに繋げば良いので,便利で楽である。ACアダプタを繋ぐ必要もないし。自宅のMacのOSは,10.3.9だが,USBで接続して,問題なく認識した。
 そして,商品自体の感想としては,まず外箱は非常に質素である。カラフルな化粧箱ではなく,無地の箱にシールを貼っただけというシンプルさ。そして,中身もUSBケーブルは0.3メートルと必要最低限。しかし,このこだわりが逆に無駄のない商品となっており,好感が持てる。本体は,デザイン自体はイメージ通りだったのだが,大きさが思ったよりもやや大きめ。手に収まるには,少し大きいといった感じ。音は非常に静かで気にならない。
 全体的には,予定通りの使い方が出来て非常に満足している。欲を言えば,サイズがもう一回り小さくなれば,言うことはない。

posted by J.HASE at 01:36| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

ソニーからネットブック(VAIO W)が出ましたね。

 ようやくといった感じがあるが,ようやくソニーがネットブックを発表しましたね。OSは,Windows XP,CPUはAtomの1.66GHzで,申し分なし。デザインもソニーらしいセンスのあるデザイン。しかも,ホワイトがあるのが嬉しい。しかも,ディスプレイはWXGA(1366×768)ドット。これがかなり大きい。はっきり言って,1024×600は使えない。ディスプレイの右側にGoogleツールバーを常駐させると,さらに表示領域は狭くなる。これでは,OfficeのWordやExcelは使い物にならなくなる。だから,このWXGAと言うだけでも,ソニーが他のメーカーに比べて1歩進んでいることになる。また,Bluetoothも内蔵しており,愛用しているBluetoothマウスが使えるのも嬉しい。欠点と言えば,USBポートが2つしかないこと,キーボードがやや小さいことくらいだろうか。また,Office2007の2年仕様限定ソフトが選択できるモデルもあると,選択の幅が広がって良かった。メモリは1GBだが,これが拡張できるかどうかも要チェックだ。
 そして,このソニーのネットブックを受けて,他のメーカーがどのような製品を出してくるのかが注目だ。先日出たHPの新製品は,ディスプレイの解像度が相変わらずで,論外。東芝のdynabook UXの次のモデルの液晶の解像度がソニーと同等のWXGAになるかどうかが注目だ。もし,動でなければ,迷わずソニーを購入することになる。
 さらに,問題はOSだ。発売日の8/8(土)にすぐにでも購入したい気持ちもあるが,Windows 7が搭載されるまで待つという選択肢もある。Windows 7の発売が10/22(木)なので,2ヶ月半も待たなければならない。このままWindows XPを使い続けるという選択もあるが,Windows 7を使ってみたい気もする。あるいは,その頃にはすでにGoogle Chrome OSが使えるレベルにまで達しているだろうか。
 話がずれてしまうが,Google Chrome OSが無料で配布される以上,MicrosoftやAppleは,自社のOSを無料で配布する必要がある。そして,その上で利益を上げるビジネスモデルを確立すべきだ。そうでなければ,Google Chrome OSが,次世代のOSになることは目に見えている。Google Chrome OSが完成していない今こそ,他社は他に先駆けてOSを無料化すべきだ。
 以上のような背景もあり,Windows 7が今後どこまで使えるOSなになるのかは疑問だが,現時点での最先端のOSであることは間違いない。だから,もう少し今使っている非力なマシン(VAIO type T)を使い続けるしかないのかなとも思う。
 今後,他社の動きなども気にしながら,VAIO Wの購入時期をじっくりと考えていく。
posted by J.HASE at 14:13| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする