2009年06月23日

OMRON オムロン音波式電動歯ブラシ MediClean HT-B458-R レッド

 今まで毎日寝る前に手磨きで歯を磨いてきたが,どうしても磨き残しがあった。また,奥歯の親知らずが虫歯になったりと,手磨きでは完全に虫歯菌を除去できていないということを実感していた。そこで価格が手頃で,デザインが良く,日本製ということで,本製品を購入した。
 使ってみて約3週間くらいの感想だが,確かに手磨きと比べると軽い力で簡単に歯が磨けるという印象がある。磨いた後の歯もつるつるになる。最初は,それだけで満足していた。しかし,なかなか表現が難しいのだが,手磨きとはやはり違うというのうが正直な感想だ。電動歯ブラシは,歯全体を満遍なく磨くという機能は素晴らしいのだが,手磨きのように自分が納得のできる磨きができない。僕が納得できるレベルまで電動歯ブラシを使うと,3分×3回くらいは必要になった。そのため,今はまず手磨きで歯を磨いて,その後磨き残しを防ぐために最後に電動歯ブラシを使うという方法で落ち着いている。それが,最も効率良く,また納得できるレベルで歯が磨ける方法ということになった。ただ,これは人によって個人差があるので,あくまで個人的な感想だ。
 電動歯ブラシは,確かに便利だが,過度な期待は禁物ではないかというのが,現時点での感想だ。それでも,本製品は,デザインも良く,価格も手ごろであったし,歯ブラシの部分も思った以上に丈夫だった。また,まるごと水洗いできるというのも非常に便利である。十分納得のできる商品だといえる。
posted by J.HASE at 16:15| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

Google カレンダーが携帯で使えるようになりました。

 Google モバイルを使って,Gmailにアクセスしたり,Picasaの画像を見たりすることはできるようになったのだが,Google カレンダーをどうやって携帯で使えるようになるのかがわからなかった。Google で検索してみると,携帯サイト(http://www.google.com/calendar)にアクセスすれば使えるようになるとのこと。さっそく携帯からURLを入力。確かにGoogle カレンダーが表示された。しかし,作成や編集はできない。それで,もう少しGoogle カレンダーのことを調べてみたら,なんと「TAKE 24/7」というサイト(http://gcal.vard.jp/)で,無料でGoogle カレンダーの作成や編集が携帯でできるツールが公開されたいたexclamation×2早速これを使ってみると,デザインや操作性もよく非常に気に入った。これで,携帯からGoogle カレンダーに簡単にアクセスできるようになったわーい(嬉しい顔)
 また,Google ドキュメントについても,携帯サイト(http://docs.google.com/m)にアクセスすれば,ファイルを見ることができた。しかし,こちらは閲覧のみ。それでも,Google ドキュメントを使って「ToDOリスト」を作成しているので,それが携帯から見られるようになった。これもかなり便利ひらめき
posted by J.HASE at 01:09| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

Google Chrome は,Firefox に劣る。

 巷では,Google Chrome が表示速度が速く,最も優れたブラウザであるかのように騒がれている。それもあり,しばらくGoogle Chrome をメインのブラウザとして使ってみた。確かに,操作は直感的でわかりやすく,表示速度も速く,表示面積も広い。一見,何の問題もないように思えるGoogle Chrome だが,このブラウザには見逃せない欠点がある。それは,「ブログなどを書いていて,過って別のページに移動してしまったとき,戻ると,そのとき書いていた自分の記述が消えてしまう」というものだ。これは,非常に困る。何十行も書いて,ようやく終わったのでアップロードしようと思った矢先,間違って他のページへ飛ぶと,戻ったときには,自分の書いた文章が消えているのだexclamation×2このときの絶望感。もう一度同じことを書かなければならないのかという焦燥感。
 それに対して,Firefoxは,素晴らしい。別のページに飛んで戻ってきても,ちゃんと自分の記述が残っているのだexclamation×2この1点において,Chromeは,Firefoxに劣ると言っても過言ではない。それは,Chromeが全画面表示ができないとか,Office Liveが使えないなどということとは,比べものにならないほど,Firefoxよりも劣っている点である。
 少なくとも,現時点で,Google Chrome は,二度と使わない。
posted by J.HASE at 21:17| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビエラリンクについて(その2)

 2008年9月にDIGA(DMR-XP12)を購入してから,ずっとVIERAのリモコンからビエラリンクをつかってDIGAを操作していた。VIERAのリモコンの方が,ボタンの感触がよかったということもあるのだが,使ってみて半年,ようやく「これではDIGAの操作がしにくい」ということがわかった。DIGAを操作するためには,かならずビエラリンク・ボタンを押さねばならず,毎回ワンクッション手間が増えているのだ。そして,僕の場合,「テレビを見る」というよりは「録画した番組を見る」ということの方が圧倒的に多いため,テレビの操作よりもDIGAの操作の方が頻度は高いのだ。
 そのことにようやく気がつき,試しにDIGAのリモコンをメインとして使ってみた。確かにボタンの感触はゴムっぽくて少し嫌なのだが,操作自体は非常に軽快になった。
 そして,DIGAに関して言えば,録画したい番組を録画する手間が非常に面倒だ。これはやはり,ソニーのような「キーワード」を登録しておけば,それに関連する番組を自動で録音してくれる機能に劣る。
 ビエラリンクが特に何のメリットもないということがわかった今となっては,次に買うレコーダーは必然的にソニーということになる。
 おそらく,他社メーカーも同様で,ビエラリンクだとか,ブラビアリンクだとか,ファミリンクなんていうものは,ほとんど意味も必要もないものと思われる。テレビとレコーダーは,おそらく別々のメーカーでもそこまでの不便さはない。
 メリットがあるのは,ビエラの電源を切ったときに,DIGAも同時に電源が切れるということくらいだろうか。
posted by J.HASE at 14:25| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おサイフケータイを使ってみました。

 5月にケータイをPanasonic 705PからSHARP 820SHに機種変更。ようやくおサイフケータイを使ってみた。まず,「S!アプリ」から,「おサイフケータイ」を選び,Edyを登録。ローソンに行って,5,000円分をチャージしてみた。携帯側で何か設定をしなければならないのかと思い,少しドキドキしたが,機械に携帯を置いただけで,チャージ完了。特に何の問題もなく,チャージができたわーい(嬉しい顔)。そして,携帯のEdyの画面では,残高が更新されて表示されている。だから,残額がいくらなのかをすぐに確認できて便利。
 最近は,財布から小銭を取り出すことも少なくなった。今までは,Suicaのカードを使っていたのだが,駅でのオートチャージ分だけでは,コンビニなどで金額が足りないことが多くなってきた。そのため,さらにEdyカードを利用していた。しかし,せっかくおサイフケータイを搭載した携帯に機種変更したのだから,今後をそのメリットを最大限に活かしていきたい。Edyは,クレジットカードからチャージできるようだが,僕が今使っているJCBのクレジットカードは非対応だった。
 また,おサイフケータイでは,セブン・イレブンのnanacoにも対応している様子。nanacoも現在は専用のカードを使っているので,その残額がなくなったら,おサイフケータイに変更していく。これで,いつも携帯している電子マネー用のカードが2枚減ることになる。
posted by J.HASE at 14:13| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

Microsoft Office Live Workspace を使ってみました。

 ネットブック(TOSHIBA dynabook ux)を購入し,自宅と仕事場でそれぞれ別々のパソコンを使うようになった。今までは,自宅のパソコンを仕事場まで運んで使っていたのだが,今後は自宅と仕事場それぞれで別々のパソコンを使うことになる。そのため,問題になったのがファイルの共有。今までは1台のノートパソコンにすべてのデータを保存していたので,そのようなことを考える必要はなかったのだが,これからは2台のパソコンを使うことになった。というのも,サブとして購入したはずのTOSHIBA dynabook uxが思った以上に性能が良く,メインとして使うことにしたため。そこでUSBメモリにデータを保存するというのが最初に思いついた案だが,まず面倒くさい。そして,今風でない。かといって,グーグル・ドキュメントは,Officeのデータを完全には再現してくれない。したがって,代替はできない。Officeのデータをそのまま100%再現してくれる方法はないかと思って考えたのが,Microsoft Office Live Workspaceだ。半信半疑で,Windowsのアカウントを作成し,使ってみた。使ってみての感想は,「十分使えるexclamation×2」というもの。自分のパソコンにプラグインのようなソフトウェアをインストールした後,Office Live Workspaceにあるデータをクリックすると,Officeのワードやエクセルが起動し,あたかも自分のパソコンのデータを編集しているかのような操作で,ファイルを編集できる。そして,保存すれば,ちゃんとLive Workspaceにデータが保存される。これはかなり便利だ。しかも,Officeのデータがクラウド側で100%再現される。簡単に言えば,クラウド側にある自分のOfficeデータをダウンロードすることなく,編集できるということだ。これはとても素晴らしい。グーグル・ドキュメントがまだOfficeの機能に追いついていない現在では,これが一番便利なツールではないかと思う。もちろん,Officeにこだわらないのであれば,グーグル・ドキュメントをそのまま使っても良いのだが,現時点ではOfficeでなければ困るというファイルも結構ある。だから,このOffice Live Workspaceというのは,まさに「痒いところに手が届く」ツールと言える。しばらく使ってみたが,改めてこの便利さには感動した。
 OpenOfficeへの乗り換えも検討していたが,しらばくは保留することにした。
posted by J.HASE at 00:30| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする