2009年05月27日

Googleモバイルを使って見ました(その2)

 Googleモバイルは,ただ物珍しいだけではなく,本当に実用的なシステムのように感じる。携帯でGmailが見られる点についてだが,実際に駅で電車を待っているときなどに,携帯からメールをチェックしている。また,Googleニュースもたまに見る。今までパケット定額などと言われていたが,それほど実用的なコンテンツもないと思っていたが,Googleがようやくモバイルの世界にも魅力的なソフトを投入してくれているようで,とても嬉しい。確かに,Googleにとっては,アンドロイドがどうのということよりも,とにかく携帯でグーグルを使ってくれれば,それで良いわけだから,特にアンドロイドに拘る必要もないのだ。
 そして,今回は携帯でPicasaにアクセスしてみた。前回チャレンジしたときに,アクセスできなかったので,僕の携帯(820SH)では,使えないのかと思っていたが,再度チャレンジしたところ,アクセスできたexclamation×2これには再び驚いた。Picasaでアップロードしていた画像ファイルが,突然携帯の画面に現れたのだから。しかも,それを閲覧することができる。携帯に画像を保存することもできた。今のところ,その使い道には,インスピレーションが沸かないが,今後何かよい使い道があるのではないかと考えている。
 「クラウド」という言葉を耳にして久しい。自宅のパソコンを使ってGmailやカレンダーなどを使うというのは,日常的な行動になってきたが,いよいよ携帯電話にまでこの「クラウド」が押し寄せてきている。それを今まさに実感している。
posted by J.HASE at 23:57| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラザー工業 A3インクジェットFAX複合機 JUSTIO MFC-6490CN

 A3までコピーできる複合機を探していて,本機に辿り着いた。下位機種のMFC-5890CNでは,A4までしかコピーができないので,こちらを購入した。すでにブラザーのMyMio(MFC-850CDN)を持っていて,これが非常にしっかりした製品で,ブラザーというメーカーに対して,かなり信頼感もあった。MFC-850CDNと比較すると,液晶が3.3インチとやや小さく感じる。しかし,視認性は十分ですぐに慣れた。コピーなどの操作も,コンビニなどのコピー機と比べると,違いが見られるが,すぐに慣れた。サイズは,かなり大きいのではないかと思い,それ用の台を購入することも検討していたが,実際に製品が届いてみると,そこまでではなく,ちょうど学校で生徒が使っているような机にちょうど載るような大きさであった。便利な点は,用紙カセットが2つある点。いちいち用紙を入れ替える手間が減る。また,ADFは確かに便利。今まで毎回紙を入れ替えていたが,すべて自動で処理してくれるのは,かなり時間の節約になる。購入してから気付いた点は,両面印刷ができないこと。これは意外だった。当然できるだろうくらいに思っていたので。また,印刷スピードもコピー機と比べると全然遅い。まあ,インクジェット方式なのである程度は仕方ない。しかし,インクはしっかりしているようで,水で濡らしてもほとんど滲まない。これはさすがと感心した。
 トータルで見ると,この価格帯でA3までのコピーができるということが,一昔前では信じられないこと。以前からそういうニーズはあったのだろうが,それを実現したブラザーというメーカーは,本当に素晴らしいと思う。2年前に購入したMFC-850CNは,未だ1回も故障もない。同じ時期に購入したキャノンのiP4500は,購入して1年で故障した。もちろん,私一人の体験なので,すべてがそうではないだろうが,しかし少なくとも私にとっては,ブラザーは信頼のできるメーカーだ。
 ちなみに,6月2日に上位機種のMFC-6890CNが発売される。これは,両面印刷ができ,液晶も大きくなりタッチパネルになっている。しかし,その分価格は1万円以上高くなるようだ。しかし,そちらも魅力的な商品だ。
posted by J.HASE at 23:42| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

TOSHIBA dynabook UX/23JWH ネットブックPC PAUX23JNLWH スノーホワイト

 今まで使っていたノートパソコン(VAIO type T 型番VGN-T30B/L)がCPU,メモリ,ハードディスクなどの性能がかなり厳しくなり,新しいノートパソコンを購入することを検討していた。条件としては,以下の通り。

1.デザインが良いこと。
2.Windows XP であること(Vista は,評判が悪いので)。
3.価格が手ごろであること。

以上の条件を考慮した結果,東芝のdynabook UX が最も適していた。Office2007搭載モデルもあるが,Windows XPだし,Office2003を,オークションなどで手に入れればそれで済む話だと考え,こちらのOffice非搭載モデルを購入した。購入し,使用しての感想は,まずデザインが素晴らしいこと。そして,価格が5万円程度でありながら,決して安っぽくない。さすが国内メーカーといった感じ。キーボードに関しては,ほとんど申し分ないが,今まで使っていたノートパソコンに比べると「1」の位置が左端にある印象を受け,慣れが必要。しかし,慣れれば,問題はなくなるだろう。USBポートは3つもあり,大変便利。また,その内の一つは,PCが起動していなくても電源を供給してくれるとのこと。しかし,個人的には,あまり使わない。惜しいなと思う点は,やはり画面の解像度。せまい!!今まで使っていたノートパソコンの解像度が1280×768だったので,非常に狭く感じる。しかし,外付けのディスプレイに繋げば,高解像度で表示できる。僕の場合,PanasonicのVIERA(Panasonic VIERA TH-32LX70)に繋いで,1280×768で表示している。そうすると,快適に使える。CPUのATOM(1.66GHz)は,思ったよりも早く感じる。特にインターネットなどの検索結果の表示がとても早い。以前使っていたパソコンのCPUがCeleron Mの900MHzだったのでなおさらだ。メモリに関しては,標準で1GHzだったが,2GHzが2,500円程度で購入できるので,速攻で購入し,取り替えた。取り替えは,背面のネジを一つ外すだけ。非常に簡単。しかし,メーカー保証がなくなるので注意が必要。内蔵のカメラは,起動すると青色のLEDが光り,起動していることを教えてくれる。また,オーディオのインプットにヘッドホンなどを接続すると,ソフトが起動し,何を接続したかを設定できる。このあたりは,しっかりと作ってあるなと感心した。
 結果的には,5万円程度でこのような高性能なパソコンが購入できて,大変満足している。以前購入したノートパソコンは,20万円以上したのだから,約5年の間に,パソコンもかなり進歩したなと感心した。場合によっては,サブで使おうかと思っていたが,バリバリのメインマシンとして使える。

posted by J.HASE at 02:38| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

Transcend SDカード 2GB TS2GSDC

 「SIREN 3.5インチ大画面ワンセグ搭載マルチメディアプレーヤー DTV100」を購入し,そのデータ保存用にと購入した。他のレビューでは読み込めないなどの不具合があったようで,少し心配したが,私が購入した商品は,問題なく読み書きができた。SDカードは,これからSDHCカードが主流になり,この2GBのSDカードも近い将来なくなることが予想される。私が購入した機器は,まだ完全にはSDHCカードに対応していない。今年購入したキャノンのIXY20ISと,最近購入した東芝のdynabook uxは対応しているが,古いパソコンや携帯電話(820SH)は,まだSDHCカードには対応していない。そういう意味で,この2GBのSDカードは,貴重だ。今は状況を見ながら,もう1枚購入することも検討している。前回は,2009年3月に購入したのだが,値段が少し上がっているようだ。 

posted by J.HASE at 01:15| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

Google モバイルを使ってみました。

 携帯の機種変更時に無理矢理加入させられた「S!情報チャンネル」。毎日ニュースと天気の情報が携帯に配信されてくる。ちょっと便利かもと思い,しばらく使ってみたが,明らかにパケット代を稼ぐための無意味に大きな画像や,特に意味もない文章が羅列されて,うんざりした。少し気に入っていた「お天気アイコン」も表示が小さく見辛い。というわけで配信停止。
 代わりに何か良いものはないかと思い,試しにグーグルを調べてみることにした。そうすると,「Google モバイル」というサイトがあり,しかも,ログインすると,なんとGmailの内容が見ることができるexclamation×2これには驚いた。Googleは,すでにこんなことまで可能にしてしまっていたのだ。この機能は,これからかなり使える。今までは,とくに重要なメールだけを携帯に転送する設定にしていたが,これからは携帯でGmailが確認できるのでその必要性もなくなる。また,地図や乗換案内などもある。かなり有効に使えそうだ。欲を言うならば,僕の携帯からは,Picasaの画像が残念ながら見られなかったので,それが見られるとなお良かったのと,グーグル・ドキュメントに登録してある内容を是非携帯で見られるようにしてほしい。これができるようになると,かなり便利になる。おそらく近い将来には,可能になっていることだろう。楽しみだ。
 Yahoo!のポータルサイトは,どう考えてもパケット代を稼ぐために無駄なことをたくさんしている。それに対して,Google モバイルは,非常にシンプルでしかも,できるだけパケット代が少なくなるように設定されている。それは,ニュースの記事を見ても明らかだ。グーグルのニュースには,画像がほとんどない。それに対して,ヤフーにはまず無意味などでかい画像がある。せこい根性丸出しだ。あきれる。
 ちなみに,僕の携帯820SHでは,「3」を長押しするとブックマークが表示されるので,その一番最初に「Google モバイル」を登録し,直でGoogle モバイルにアクセスするようにした。Yahoo!のサイトは経由すらしたくない。お金(パケット代)がもったいないので。
posted by J.HASE at 00:40| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17

 「ZOJIRUSHI 自動ホームベーカリーパンくらぶ BB-HB10-CA ベージュ」を購入し,自家製のパンを切るために本製品を購入した。他のレビューに書かれている通り,切れ味は非常に良く,本当に軽い力でパンを切ることができた。わずかではあるが,パンの粉が出る。しかし,許容範囲内であると思う。デザインも素晴らしく,重量も軽く持ちやすい。また,リーズナブルな価格なので,購入しやすかった。

posted by J.HASE at 01:28| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZOJIRUSHI 自動ホームベーカリーパンくらぶ BB-HB10-CA ベージュ

 「HEALTH HACKS! ビジネスパーソンのためのサバイバル健康投資術/川田 浩志」を読み,その中でホームベーカリーについての記載があり,非常に興味を持ち本製品を購入した。Panasonicにもホームベーカリーはあったが,こちらの方がレビューでの評価が高く,デザインも良かったのでこちらを選んだ。
 そして,製品が到着し早速説明書を読んでパンを作ってみるが,1回目は強力粉の量が間違っていたようで失敗。ふっくらとしたパンができなかった。そして,2回目は「ふんわりコース」で作ってみた。結果はほぼ成功。ふっくらとしたおいしそうなパンができた。味もまずまず。パン屋で売っているパンと変わらない味だし,何より焼きたてなのでとてもおいしい。まさか,こんなにも簡単に自分でパンを作ることができるとは思ってもみなかったので久々に感動した。これからもいろいろと工夫をして,よりおいしいパンを作れるように研究したい。

posted by J.HASE at 01:18| Comment(1) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

東芝 NX/76JWH SU9400/1.4G/1G+2G/320G/SMlt/-/VisHomePrem/Off2007Psl+PP PANX76JLRWH

 愛用しているSONY VAIO type TのDVDドライブが壊れた。CDやDVDを入れても,何の反応もない。ソフトウェアの問題かと思い,レジストリをいじったり,ドライバを削除して入れ直したりしてみたが,直らない。どうやらハードウェアの問題のようだ。このDVDドライブは1年ちょっと前に,交換したものだ。1年持ったのだからよしとすべきなのかもしれないが,今後どうしようかとかなり悩んだ。VAIOもそろそろ限界に近いので,新しいノートパソコンを買おうかと検討した。VAIO type Zも候補には挙がったが,正直なところ「VAIO」のロゴに飽きてきた。ノートの上蓋に記されている「VAIO」のロゴが,今の僕にはどうにもださく見えてしまうのだ。「VAIO」のロゴが格好良くない。これは,厳しい言い方をすれば,SONYの怠慢である。VAIOのブランドイメージが低下しているのである。以前,僕は最近のVAIO type Tが,顧客に媚びていると書いたことがある。つまり,それこそがソニーのブランド・イメージを低下させたのである。「売れたい」「売りたい」と,そう考えた瞬間にブランド・イメージは低下する。ソニーはそれをやってしまったのだ。「VAIO」のあの独特のロゴは,ソニーが最先端を突き進んでいたからこそ,格好良かったのであり,他の競合他社と同類になってしまったら,むしろ変だ。今の僕にはそう感じられる。
 そこで,今の僕が注目しているのは東芝のdynabookだ。一番注目しているのは,NXまたはRXなどのモバイル・ノートパソコンだ。これは,本当に買おうかどうしようか悩んだ。しかし,現時点では購入を思いとどまることにした。その理由は,Windows Vistaだ。Windows 7が年末に出るとすれば,Vistaの寿命はあと半年くらい。そのために,Vista 搭載マシンを購入するというのは,非効率だと考えるからだ。しかし,これは,今使っているVAIOがどの程度使えなくなるかによって変わってくる。現時点では,1ヶ月保留という形だ。DVDドライブは,外付けのものを購入することにした。それで,1ヶ月様子を見ることにした。自分自身の考え方も変わってくるかも知れないし。そして,1ヶ月後には,dynabookの値段も,1万円くらいは値下がりしているだろうとの判断だ。ほんとは,今使っているVAIOの反応の悪さにイライラさせられる毎日である。dynabookを購入したい気持ちは,相当あったが,今月は他のものもいくつか購入したので,dynabook購入は少し待つことにした。

posted by J.HASE at 06:37| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Panasonic 705P → SHARP 820SH

fig_design_820sh.jpg 先日愛用していた携帯であるパナソニックの705Pが壊れた。いくつかのボタンが押しても反応しなくなったのである。これでは,電話をかけたり,メールに返信したりすることができない。少し早いが機種変更をしようと思い立った。少し早いと言っても,もう購入してから2年が過ぎており,携帯の代金の支払いも終わっている。少し早いというのは,つまり新しいiPhoneが出るまでということである。今まで1年くらいずっと次の機種変更ではiPhoneにすることを考えていた。iPhoneが携帯電話の概念を変えてくれることを期待していたからである。だから,この1年ずっとiPhoneの動向を見てきた。そして,今の時点での僕の結論は,「iPhoneは,いらない」というものだった。
 結局,iPhoneは,携帯電話を「面白いもの」に変えたかも知れない。しかし,iPhoneには,あってしかるべきものがない。まず,「おサイフケータイ」。これはやはり致命的なものだった。Edyを携帯で使えないというのは,今後僕の生活においては不便なものになる。そして,ワンセグやSDカードなど,細かい点で,iPhoneは,まだまだ未完成と言える。そして,何より月額費用が高い。今はキャンペーンでやすくなったとはいえ,3,000円以上も毎月支払うことになる。僕にはゲームをやる趣味がないし,iPhoneでそこまで遊ぶ時間もない。とにかく,メール受信と電話としての最低限の機能があれば,それで十分なのである。そして,毎日携帯するものだから,やはり気に入ったデザインのものが欲しいと考えた。
 そして,僕が出した結論は,今出ている春モデルではなく,昔の機種であるシャープの820SHであった。これは,もう,僕の感性を信じるしかないと思った。店頭で820SHを触ったとき,直感的に「これだ」と思った。自分の手のひらに乗ったときの重み,薄さがほぼイメージ通りだったのだ。デザインも素晴らしい。この感覚は,まさに2年半前に705Pを触ったときの感覚に近い。当時も705Pを初めて見たとき,衝撃を受けたのを憶えている。だから,長年使い続けていたPHSを解約し,ソフトバンクの携帯を選んだ。そして,その判断は今でも間違っていなかったと考えている。だから,今回も自分の判断を信じることにした。春モデルの携帯は,すべて厚さが15mm以上もある。僕の中では,そんなものは携帯とは言わない。携帯していて美しくないのだ。携帯電話ならば,厚さは15mmを切らなければならない。これが,僕自身の携帯電話に対する美学だ。
 さて,今回機種変更したのは新宿にあるビックカメラだ。そこで店員さんが親切にいろいろと教えてくれた。前回は毎月2,000円が引かれ2年かけて機種代金を支払うというプランだったが,今回は機種代金である55,200円を一括で支払うことにした。理由は,そうすることにより,ビックカメラのポイントが10%,つまり約5,000円分付くからだ。今いきなり5万円以上も支払うのは,確かに辛いが,将来的なことを考えてそうすることにした。一括で支払っても毎月2,000円は引かれるので,今後2年間の携帯の料金は月々1,000円もいかないはずだ。
 そして,手続きの際に驚いたのだが,店員さんの説明では,以下のオプションに強制的に加入させられた。
1.Wホワイト(月額980円)
2.S!情報チャンネル(月額約700円)
3.あんしん保証パック(月額498円)
4.基本オプションパック(月額498円)
5.コンテンツ得パック(月額315円+通信料)
6.S−1バトルメール(通信料)
もし,これらをそのまま入り続けたら,月額3,000円も余計に支払うことになる。これでは,何のためにソフトバンクを選んでいるのか,訳がわからない。店員さんの話では,明日以降自分で解約できるとのことだが,だったら何で最初に加入させるのかと思う。1円でもお金を稼ぎたいというせこい根性があからさまだったので,正直幻滅した。まったくユーザーのことを考えていない。これでは,ソフトバンクは「頭の悪い顧客から,金をまきあげることに専念している」と思われても仕方がない。いくら営利企業だと言っても,度が過ぎるのではないか。
 と言うわけで,家に帰って日付が変わったので早速解約。インターネットの設定では,Wホワイトには加入していなかった。S−1バトルメールも設定されていなかった。逆にS!情報チャンネルは,便利そうなので,継続して使うことにした。それにしても,S−1バトルとか,まったく興味ないし,「コンテンツ得パック」とか言って,得してるのは,ソフトバンクの方じゃん,なんて思った。こっちが興味のない設定を勝手にするっていうのは,ほんと失礼なことだ。
 そして,機種変更した820SHは,今のところ良好。デザインが良いからこれにしたのだが,外観だけでなく壁紙や着信音もオシャレなものが多い。だから,とても満足している。
posted by J.HASE at 06:19| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする