2009年01月18日

Panasonic 705Pがまた壊れました。

 ちょうど1年前,Panasonic 705PがSDカードを認識しなくなり,修理に出した。そのときは,購入して1年以内だったので,メーカー保証が付いており,修理代は無料だった。しかし,今回は1年を過ぎていたのでメーカー保証はなく,基板を交換するような修理には3,150円かかるとのこと。また,ソフトバンクの「あんしん保証」というものに入っていれば,修理代は無料になるとのこと。これは月額489円かかる。単純に考えれば,これに10ヶ月入ると,携帯が壊れなくても5,000円近い出費となる。これでは意味がない。また,705Pの機種代金の支払いは今年の2月末で終わる。それを機に,新しい携帯に機種変更することも考えていた。iPhoneなども検討している。だから,尚更この3,150円というものが高くついてしまう。非常に悩ましいところだ。
 SDカードが認識できなくて,何が困るかと言えば,「音楽再生」である。僕は,SDカードに曲を沢山入れて,自転車に乗っているときなどに音楽を聴いている。これは僕にとってかなり重要な要素だ。音楽を聴いていると,自転車での移動などあっという間に済んでしまうし,良い気分転換にもなっている。これができなくなるのは,本当に辛い。機種変更まで1ヶ月半くらいだが,それまでの繋ぎとして,iPodなどの音楽プレーヤーを買うべきかどうかを悩んでいる。
 また,機種変更も悩ましいものがある。現時点では,Panasonicの921Pが最有力候補だが,iPhoneの可能性も僅かだが残っている。それに1月29日は新製品が発表されるようで,それによってまた状況も変わるかもしれない。現時点では,iPhoneはオモチャの域を出ていない。おサイフケータイもワンセグもない携帯電話では,何の実用性もない。そもそも,すでに携帯は「電話」ではない。その他のプラスαこそが,意味があるのだ。音楽再生もその一つだ。携帯の音楽をBluetoothで飛ばせないiPhoneに,何の実用性があると言えるのだろうか。そういう意味では「タッチパネル」など,オマケ的な要素でしかない。むしろ,GPSの方がとても魅力的に感じられる。
 それから,今日はSoftbankショップに行ったのだけれど,この「Softbankショップ」というのが,どうも不思議だ。何が不思議かと言えば,店員の人が非常にラフなのだ。普通なら,店員さんは腰の低い謙虚な態度を取るものだが,僕の対応をしてくれた女の店員さんは,足組をして対応したりしていた。袖のボタンも留めていなかった。普通のお店に比べて非常に荒っぽく感じる。これは,去年も感じたことだった。
 とにかく,SDカードが認識できなくなり,音楽再生ができなくなった今のPanasonic 705Pから,どうやって音楽再生のための解決策を取るべきか,もう少しじっくりと考えてみる。
posted by J.HASE at 21:31| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

SANYO 防水デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-CA8

 キャノン IXY 20ISがようやく15,000円前後の値段に下がってきた。半年以上,こうなるのを待っていたので,購入に踏み切ろうかと悩んでいた。なぜ,今頃IXY 20ISなのかというと,とにかくこの機種はデザインが素晴らしい。性能ももちろん素晴らしいのだろうが,このデジカメのデザインは,他を圧倒している。とくに,右手で持つ部分の窪み具合が秀逸だ。これを直線的なものにしてしまうと,一般的な普通のデジカメになってしまうのだが,この部分が窪んでいることで,センスが格段に上がっている。だから,ずっと値下がりするのを待っていた。
 しかし,ここにきてもう一機種気になる存在がある。それが,サンヨーの防水デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-CA8である。これはSDカードで画像も動画も撮れる。しかも,防水だ。SDカードは32GBまで対応しており,申し分ない。デザインも素晴らしい。白とシルバーのコントラストが格好良い。これを購入すれば,デジカメとしてだけでなく,デジタルビデオカメラとしても使える。家で埃を被っているSONY PC9もこれで役目を終えることができる。一石二鳥というわけだ。価格は,IXY 20ISの倍の3万円くらいするが,それでデジタルビデオカメラが購入できると思えば,問題ないだろう。IXY 20ISは,ほとんどの店舗で在庫限りになっている。今が購入する最後のチャンスだろう。しかし,3月には携帯も新しいものに機種変更するつもりだ。当然,携帯のカメラの画素数も向上する。そんな状況の中,果たしてIXY 20ISが本当に必要なのかは,疑わしいところだ。ザクティのような他の魅力的な機種もある。
 したがって,IXY 20ISの購入は断念することにした。
posted by J.HASE at 15:50| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

CANON iP4500の性能の悪さに怒り心頭。

 新年が明けましたが,僕は未だに年賀状を作成しています。もちろん僕が年賀状を作成するのが遅かったというのも理由のうちの一つですが,もう一つの理由は,CANON iP4500があまりにも不具合が多いから。以前から,印刷のズレなどがあり,気にはなっていたが,修理するのが面倒なので放っておいた。そして,いざ年賀状を印刷すると,印刷がはがきの面とずれる!!メンテナンスをいろいろしてみたが,まったく改善されず。僕はこのために年賀状を10枚無駄にした。今日は,改めて年賀状に印刷するはずだったものを紙に印刷して,それを印刷の失敗した年賀状の上から貼り付けようと考えた。しかし,とにかく紙詰まりのエラーが多い。さらに,印刷したときに印刷が歪む!!最悪だ。ここまできたら,もうプリンタとは呼べない。
 購入してまだ1年と1ヶ月くらい。あいにく1年保証にしか入っておらず,おそらく修理に出すと商品代金と同じくらいの費用を取られるだろう。それなら,新品を購入した方がましだ。それにしても,キャノンというメーカーは,プリンタ・メーカーとしてかなり信頼していたのに,ここまで裏切られるとは,本当にがっかりした。キャノンのプリンタはこれで2台目だ。1台目のPIXUS 560iは,4年くらい使い,突然電源が入らなくなった。でも,4年もほとんど故障もなく動いていたので十分満足していた。しかし,今回はまだ買って1年ちょっとである。それでまったく使えない状態になっている。いったいどうなっているんだ。こんなにも壊れやすい商品を平気で売っているメーカーの精神を疑う。
 仕方がないので,もう1つのブラザーのプリンタで印刷して,年賀状は明日作り直すことにする。プリンタなんて,ほとんど年賀状のためにあるようなものなのに,キャノンというメーカーは,いったい何を考えているのだろうか。
posted by J.HASE at 23:40| Comment(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CCP ハンディスティッククリーナー(ACコードタイプ) CT-400 ホワイト

 商品のデザインと,他の購入者の方のレビューが非常に良いので,購入しました。実際に商品が届いてみて,その小ささにまず驚きました。「こんなに小さくて本当に十分な吸引力があるのだろうか」と心配になりましたが,実際に使ってみて,そんな不安は一切なくなりました。とても軽くて使いやすくて,その上吸引力は十分にあります。確かに延長のパイプは短いと感じますが,これ以上長くすると,吸引力が落ちるということもあるのでしょう。デザインも,期待通りの格好良いデザインで,立てるととても様になります。色は,赤の部分がややピンクがかっているように感じました。電源コードも5mと十分に長く,延長コードは必要ないでしょう。
 また,サイクロン式ということで,紙パックは必要ありませんが,フィルターは消耗品なので,定期的に交換は必要でしょう。ゴミが溜まる部分が透明になっているので,掃除しているとどんどんゴミが増えていくのがわかり,面白いです。「こんなに汚れていたんだな〜」と実感できます。音は普通の掃除機並みに大きいです。
posted by J.HASE at 20:51| Comment(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする