2008年04月30日

SONY SRS-Z500PC

SRS-Z50PC.JPG 約6年前の平成13年12月に購入。今はメインのスピーカーとしては使っておらず,帰省先でのVAIOからの音楽再生用として使っているだけである。しかし,今回久々に帰省してこのスピーカーを使ってみたところ,改めてその音質の良さを見直した。オークションに出品するという手もあったのだが,それをしなかったのはこのスピーカーの音質の良さが他のスピーカーで真似できていなかったからだろう。自宅で使っているPanasonicのコンポの音は,高音域がどうしてもキンキンして,とても耳障りな感じがする。それは,VAIOに搭載されているスピーカーも同じ。しかし,このSONYのスピーカーには,それがないのである。そして,それぞれの音がきちんと聞こえる。高校時代,ソニーのCDラジカセで音楽を聴いていた。そのときもそれまで聴いていたDIATONEのラジカセよりも音がくっきりと聞こえた。当時はそのくっきりさにとても違和感を覚えていた。しかし,このSONYのスピーカーにも同じ遺伝子の存在を感じる。このスピーカーから聞こえてくる音にSONYのこだわりを感じる。

posted by J.HASE at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

Apple AirMac Express 802.11n Wi-Fi

CIMG0267.JPG VAIOのiTunesの曲をコンポで再生することと,CANON iP4500をVAIOとMacで共有することを目的として購入。ビックカメラで,ポイントを使って約9,000円で購入できた。納期未定とのことで3週間くらい待たされた。でも,安く購入したかったので待った。昨日届き,早速設定。取扱説明書には,ろくなことが書いてなかった。電源をつないでもオレンジに点滅するだけでまったく認識せず。「これは,やばい」と思った。「使い物にならないかもしれない」と。しかし,悪戦苦闘しているうちに,なんとかVAIOがAirMacを認識。どうやら,AirMacをルータとLANケーブル接続しないと,認識しないらしい。これだけで,約1時間。iTunesの音楽をAirMacに飛ばすAirTunesというしくみは,すぐに実現。iTunesの右下に出力先を選ぶ欄が増え,AirMacを選択すると,音が鳴った!!感動わーい(嬉しい顔)音質も無線LANで飛ばしているとは思えないほどのクオリティ。大満足ぴかぴか(新しい)しかも,iTunesは音楽はAirTunesで飛ばしビデオはライン出力から出している。この辺りの気配りはさすがアップル。ユーザーのことをきちんと考えている。63878;次は,プリンタ。Mac(OS X10.3)の方は,印刷するときに,Rendezvousというメニューがあり,そこでiP4500が選択できるようになっていた。直感的でわかりやすい。問題は,VAIO(というかWindows XP)。まず,「プリンタとFAX」→「Canon iP4500 series」を右クリック→「プロパティ」→「ポート」タブ→「ポートの追加」ボタンをクリック→「Standard TCP/IP」を選択して,「新しいポート」をクリック。ウィザードが表示されるので,そこにAirMac ExpressのIPアドレスとパスワードを入力する。これで完了。はっきり言って,こんなの素人には絶対無理。僕自身,各メーカーのサポートによく問い合わせなしで,ここまで設定できたなと感心する。すべてインターネットの検索のおかげ。それらしいページを探し,参考にした。もしかしたら,もっと良い設定があるかもしれないが,ここまでで最低限の目標は達成(ホッ)。終わってみれば,AirTunesからの音楽再生や,プリンタの共有など,本当に役立つことばかり。ただ設定方法は,もっと簡単にならないものかなぁと思う。繰り返すけど,こんな設定ふつうの人には絶対無理!!
それから,自宅のPowerMac G4/350は,OSが10.3.9であるため,ワイヤレス機能は使えない。しかし,USBプリンタの共有とiTunesミュージックストリーミングは可能。これだけでもかなり重宝している。

posted by J.HASE at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SANYO TEL-DJ8

 Panasonic VE-GP62DL,SHARP JD-S10CL-Wなどと迷い,結局デザインと,子機漢字表示が決め手となった。結果は,大正解。色はクリーミーホワイトと仕様にあったが,実際に見ると,シルバーがかった白といった感じ。デザインはインターネットなどで見たものとほぼ同じ。親機,子機それぞれのデザインが気に入っている。そして,親機の大画面。PanasonicのようにFAXは受信できないが,自宅ではほとんど受信しない。それよりも,大画面に日時が表示され,バックライトが点いていない状態でも,十分視認できる。インターフェースも直感的で,取説を見なくてもほとんど感覚的に操作できる。さすがはSANYOという感じ。よく考えられて作られている。その他の機能としては,非通知ガードなど迷惑電話対策もしっかりとされている。しかし,迷惑ゲキタイボタンは,おそらく1回も使わないだろう。ギャグとしか言いようがない。しかし,デザイン,操作性など基本的な機能がしっかりと整っており,最近発売された電話機の中では,最も素晴らしい。
posted by J.HASE at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする