2007年11月17日

PCI to USB2 Card [MPU2C-05]

CIMG0498.JPG 現在,外付けハードディスク(BUFFALO HD-H250LAN)への転送にAirMacを使っているが,AirMacだと,DVD1枚分のデータの転送に2時間以上かかる。放っておけば勝手に転送してくれている訳だから,それはそれで良いとも思うのだが,やはり早く転送できるに越したことはない。という訳で,外付けUSBハードディスクの購入を思い立ち,そのためのMac用のUSBカードを購入した次第。性能は今のところ不明だが,特に問題はなさそう。秋葉館で2,100円だった。外付けハードディスクは待てば待つほど値段が下がっているので,本当に外付けハードディスクが必要になったら購入しようと思う。USB2.0の恩恵はあまりない犬。でも,これから何らかの形で出てくるだろう。
posted by J.HASE at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

Panasonic KX-HV200

CIMG0507.JPG これは3台目のPHS。最も使用期間が長く,5年間使った。つまり,僕はほとんど周囲の人々が携帯電話を使っているにも関わらず,ずっとPHSを使っていた。途中,バッテリーが壊れて,2000円で同じ機種に買い換えた。そういうサービスが元からあったらしい。ずっと昼得コースを使っていたが,月々の料金が4,000円前後だったので,途中から2,900円の定額プランに変えた。これは本当によく使った。電話だけでなく,メールやデータ通信にも使った。専用のケーブルも買った。画像も見ることができた。着信音もいろいろとダウンロードした。基本的に飽きないPHSだった。ワンプッシュオープン機能もとても気に入っていた。不満だった点は,PCから音楽を転送できなかったことと,大きさ。5年も使っているとデザインとか,サイズとかがやはり気になっていた。しかし,料金的に携帯は無理だと考えていたので,次に買い換えるとしたらやはりPHSだと思っていた。ソフトバンクのホワイトプランが出るまでは。
posted by J.HASE at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

Panasonic KX-PH33S

CIMG0494.JPG これは2台目として購入したPHS。購入したのは確か9年くらい前。浜松に就職してからしばらくPHSの電波が入らない所に住んでいて,PHSを諦めかけていたのだが,半年後くらいに電波が入るようになり,確かそれをきっかけに機種変更を決めた。この電話から,本格的にメールが使えるようになった。それまでは,Pメールっていうカタカナだけが送れる簡易的なメールしか使えなかったが,この機種からひらがなや漢字が使えるようになった。それなりに便利ではあったが,あまり使わなかったかな。元カノに会いに行っていたときに,たまに使っていたくらいだろうか。これも2年半くらい使った。いつも新機種にしてから1年くらいで,機種変更を考えるけど,だいたいいろいろと粘って,2年とか3年使う。あんまり拘りすぎても意味がないからね。だから,このPHSも思い出深い。浜松で仕事をしていたときにいつも身につけていた電話だから。
posted by J.HASE at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

VIERAをPCディスプレイとして使ってみる!

CIMG0486.JPG Panasonic VIERA TH-32LX70を購入して約一ヶ月が過ぎた。今回は,ディスプレイ・ケーブルを買って,VAIO type Tの画面をVIERAに映してみた。VAIOはホットプラグに対応しているようで,ケーブルを接続すると,すぐにテレビにパソコンの画面が表示された。しかし,アイコンなどは何もなし。不思議に思ってマウスを動かしてみると,何とマウスのカーソルが現れた。これにはビックリ。つまり,VIERAの画面が,VAIOのセカンダリ・ディスプレイとして表示されていたのだ。適当にウインドウを表示し,右方向へずっとドラッグしてみると,VIERAにそのウィンドウが現れた。これはなかなか面白い機能だが,あまり実用的ではない。したがって,[画面のプロパティ]→[設定]→[詳細設定]→[Intel(R) Extreme Graphics 2 for Mobile]タブ→[グラフィックのプロパティ]→[デバイス]タブで「PCモニタ」を選択。これでPCと同じ画面がVIERAに表示されるようになった。Fn+F7で片方のディスプレイのみ表示することもできるので,VIERAの画面を使うときは,VAIOの画面は表示されないようにしている。VAIOの表示解像度は1280×768。VIERAの画面モードを「フル」にして表示させると,VAIOの画面がそのまま表示された。VIERAの画面設定は,リモコンの「メニュー」ボタンを押し,「設定する」→「画面の設定」→「PC画面調整」で水平位置や垂直位置を調整できる。今のところ使用感はは快適。やはりVAIOの10.4インチの画面よりも迫力がある。32型であれば,視認性も問題ない。たぶん,26型だと文字が読めなかっただろう。
posted by J.HASE at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする